川崎市より入江崎総合スラッジセンター 汚泥処理施設更新工事を受注 ~脱炭素社会に貢献する創エネ型汚泥焼却炉が初採用~

                                           2021年10月15日
                                     JFEエンジニアリング株式会社

                 川崎市より入江崎総合スラッジセンター 
                   汚泥処理施設更新工事を受注 
            ~脱炭素社会に貢献する創エネ型汚泥焼却炉が初採用~ 

 JFEエンジニアリング株式会社(社長︓大下元、本社︓東京都千代田区)は、川崎市上下水道局より「入江崎総合スラッジセンター汚泥処理施設更新工事」を受注しました。 
 今回の更新工事で、当社が開発した「OdySSEA (オデッセア)」※が、国内初の創エネ型下水汚泥流動焼却システムとして採用されました。

 「OdySSEA」は、2017年度に国土交通省下水道革新的技術実証事業(B-DASH プロジェクト)として採択され開発がスタートし、関係省庁のご支援を得て 2019 年に完成したシステムです。 
 最大の特長は、新開発の小型タービンにより、熱量の低い下水汚泥においても廃熱回収発電を可能にしたことです。入江崎総合スラッジセンターと同程度の焼却炉の規模(150t/日)でも、必要電力量である550kWhを大きく上回る約650kWhを発電可能で、ランニングコストを約30%低減できます。
 また、独自開発の『局所撹拌空気吹込み技術』によって、炉内に燃焼空気の一部(二次空気)を吹き込み炉内ガスを撹拌することで、炉内に高温状態を創り出し一酸化二窒素(N2O)を分解します。その結果、温室効果ガスとしてCO2の約300倍の影響を及ぼすとされるN2Oの排出を抑制することが可能となり、入江崎総合スラッジセンターでは年間約7,200トン・従来比約75%のCO2削減が期待できます。

 2050年のカーボンニュートラル社会実現に向けて、下水道事業分野においても国や自治体の動きが活発化しています。今後当社も、「OdySSEA」を軸に、老朽化した焼却炉の改築更新や、稼働中の焼却炉に廃熱回収発電設備を追加することなどで、お客様の多様なニーズに最適な解決策を提案してまいります。

※システム名称。Ody(汚泥)、Smart(賢く)、Superior(優れ)、Ecological(環境にやさしく)、 Advanced(先進的)に由来し、「新型汚泥焼却技術」の先進性を表現。
https://www.jfe-eng.co.jp/news/2019/20190806.html 参照

【案件概要】
発注者 川崎市上下水道局
受注者 JFEエンジニアリング株式会社
事業名 川崎市上下水道局入江崎総合スラッジセンター汚泥処理施設更新工事
建設場所 入江崎総合スラッジセンター
事業内容 ① 新1系汚泥処理施設の設計及び建設(約150t-脱水ケーキ/日)
② 既存1系汚泥処理施設の撤去
工期 ① 設計建設︓契約締結日~2025年12月
② 撤去︓2026年1月~2026年12月

 

【完成予想図(パース図)】


【創エネ型下水汚泥流動焼却システム︓OdySSEA (オデッセア)の概要】


               本件に関するお問い合わせは下記にお願い致します。 
                JFEエンジニアリング株式会社 総務部 広報室
  1. プレスリリース >
  2. JFEエンジニアリング株式会社 >
  3. 川崎市より入江崎総合スラッジセンター 汚泥処理施設更新工事を受注 ~脱炭素社会に貢献する創エネ型汚泥焼却炉が初採用~