『健康日記』アプリが12万人ダウンロードを達成 利用者目線の機能が高評価

株式会社ヘルステック研究所(本社:京都市左京区 代表取締役:阿部達也)が、無償で提供する生涯PHR(パーソナル・ヘルス・レコード)スマートフォンアプリケーション『健康日記』のダウンロード数が12万人を突破しました。(2022年3月現在)
同アプリは2020年3月にリリースされて以来着実にダウンロード数を伸ばしており、コロナ禍での自身の健康管理意識の高まりに加え、グループ単位での日々の健康観察ができる付帯サービスも利用者の増につながっています。
■『健康日記』アプリは自身の健康記録を一元管理できるオールインワンアプリ

『健康日記』アプリは、ヘルステック研究所と京都大学の共同研究により開発された生涯PHR(Personal Health Record)アプリです。
自分で毎日の体重や血圧、カロリー、服薬履歴などを記録でき、スマートフォンのヘルスケア機能と連携すれば、歩数などを自動的に取り込むこともできます。
また、女性の毎月の不調や妊活をサポートする体調管理機能や、服薬のタイミングをお知らせする機能も搭載。文字も大きく見やすいので、若い世代から高齢者まで幅広い層でお使いいただけます。
お薬手帳や母子手帳、診察券などの情報も管理できるため、アプリ1つで自身の健康記録を一元化することが可能です。

付帯サービスの「らくらく健康観察」と併せてご利用いただくことで、従業員や学生の健康観察を一括で管理することもできます。



*PHRとは、自身の医療・介護・健康に関する情報を生涯に渡って自分自身で記録活用する仕組みを指し、自己の健康管理を行い、健康状態にあったサービスを受けることができると考えられています。

■搭載機能
・毎日の健康データ(体温、血圧、歩数、睡眠時間など)の記録
・健康データのグラフ化
 (体重・体温(基礎体温)・体調・血圧・歩数・カロリー(消費、摂取)・睡眠時間と質)
・お薬手帳(QRコード読み取り可)
・服薬のタイミング通知機能
・母子手帳
・ワクチン接種履歴の記録、検査結果の記録
・健康診断結果の記録
・診察券登録
・カレンダー、日記

■機能改修のお知らせ
 ・カレンダーの画面はみ出しを修正しました。
 ・お薬手帳画面に「QRコード読込」ボタンを追加しました。
 ・診察券の画像が拡大できるように修正しました。
 ・検査結果及びワクチン接種歴の画像が登録されていない時の挙動を修正しました。
 ・新規登録画面及びログイン画面で、メールアドレス欄は半角のみ入力できるよう修正しました。

■『らくらく健康観察』とは
1,000団体・10万人の健康観察ノウハウを元に開発された、体調管理に特化したサービスです。
国の基準に準拠した健康観察をアプリケーションを使って簡単に行うことができ、内閣官房ホームページにおいても、新型コロナウイルス感染対策用アプリとして掲載されています。
会社の従業員、学生、スポーツチームのメンバーからご家庭まで幅広くお使いいただけます。

■詳細はこちらから

『健康日記』アプリ
https://htech-lab.co.jp/products/kenkounikki.html

App Store
https://www.apple.com/jp/app-store/

Google Play Store
https://play.google.com/store/apps

『らくらく健康観察』サービス
https://kenkoukansatsu.htech-lab.co.jp/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ヘルステック研究所 >
  3. 『健康日記』アプリが12万人ダウンロードを達成 利用者目線の機能が高評価