ADKマーケティング・ソリューションズ、株式会社プリンシプルと資本業務提携締結

高度化するデータドリブンマーケティング領域での連携をさらに強化

株式会社ADKマーケティング・ソリューションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:植野伸一、以下「ADK MS」)と株式会社プリンシプル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 楠山健一郎)は、データドリブンマーケティング領域において、3月26日に発表いたしましたとおり業務提携締結を致しましたが、このたび、今後の一層の連携強化を進めていくため、資本業務提携契約(以下「本契約」)を締結いたしました。本契約を通じて両社で連携し高度化するデータドリブンマーケティング領域でのサービス提供力をますます充実させていまいります。
企業が保有するさまざまなデータを活用するデータドリブンマーケティング(以下「DDM」)は、デジタルテクノロジーが発展する中ますます重要となり、注目されているマーケティング手法です。ADK MSとプリンシプルは、本資本業務提携を通じて、DDM領域におけるデータの可視化、設計、分析、実行、施策の成果の可視化を行い両社の顧客に対してより高度なDDMソリューションを提供できる体制を強化、ADK MSが有するオンオフ統合プランニングをはじめとするコミュニケーションプランニングノウハウと、プリンシプルが保有するGoogle Analyticsをはじめとするマーケティングテクノロジーコンサルティングを掛け合わせた独自のデータドリブンマーケティングソリューションを提供してまいります。

今後は、両社がそれぞれの顧客に対する営業活動により、DDMソリューションの提供を行ってまいります。また、人的交流の強化によるDDM領域への連携強化を進めると同時に、両社で共同開発中のDDMサービスソリューションの提供も早期に提供を開始する予定です。この共同DDMソリューションは、Google AnalyticsやGoogle Marketing Platformを活用したデータの可視化部分から設計、分析、実行、そしてTableauなどのBI化ツールを活用した施策の成果の可視化までを一気通貫したソリューションになります。また、このソリューションの開発により、顧客のビジネスにおける施策の改善案など、より具体的な課題解決に向けたサービス提供が可能になります。このほか、プリンシプルが提供する米国シリコンバレー発のオンライン/オフラインマーケティング統合解析プラットフォーム「Rockerbox」の導入支援によるオフラインも含めたマーケティング全体の可視化と最適化の提供も開始をしております。本提携を通じて両社の強みを活かしたオンオフ統合ソリューションも提供も強化してまいります。

ADK MSとプリンシプルとの概要は以下の通りです。

株式会社ADKマーケティング・ソリューションズ
株式会社アサツー ディ・ケイは、2019年1月より持株会社体制へ移行いたしました。ADKマーケティング・ソリューソンズは、マーケティング課題解決の総合的な提案・実施、デジタルおよびマスメディアのプランニング・バイイング、消費者の行動を動機づけるデータドリブンマーケティング等に強みを持つソリューション会社です。
https://www.adk.jp/

株式会社プリンシプル
株式会社プリンシプルは、「データとアクションをつなぎ、人と企業の円滑なコミュニケーションを実現し、世界を幸せにする」ことをミッションに掲げる、グローバルデジタルコンサルティングファームです。デジタルマーケティング戦略、WEB広告、SEO、解析などのデジタルマーケティング支援のほか、BIツール導入、DMP構築などデータ活用プラットフォーム構築の支援に強みを持っています。
https://www.principle-c.com/
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ADKホールディングス >
  3. ADKマーケティング・ソリューションズ、株式会社プリンシプルと資本業務提携締結