2018ウンピアム難民キャンプサッカーフェスティバルがスポーツ庁長官感謝状を受賞!

スポーツを通じて難民の子どもたちを励まし、個々を尊重する精神を育む取り組みが評価されました。

公益社団法人シャンティ国際ボランティア会(所在地 東京都新宿区/会長 若林恭英/以下、シャンティ)が実施している「ウンピアム難民キャンプサッカーフェスティバル」が、2019年12月9日(月)、スポーツ庁長官より感謝状を授与されました。


「ウンピアム難民キャンプサッカーフェスティバル」は、毎年6月20日「世界難民の日」にあわせて、シャンティが2013年から開始した取り組みで、サッカー交流を通じて難民キャンプの人々を励まし、個々人の価値を尊重する精神を育むと同時に、サッカーに関した絵本の読み聞かせを通じて 子どもたちに夢を持つこと、読書の大切さを伝えることを目的としています。

鈴木大地 スポーツ庁長官より感謝状を受け取るシャンティ国際ボランティア会 会長 若林恭英(写真左)鈴木大地 スポーツ庁長官より感謝状を受け取るシャンティ国際ボランティア会 会長 若林恭英(写真左)

​今回、当事業が難民の子どもたちに対し、スポーツを通じて自立を支援し、生活向上の取り組みを励ますと共に、個々の価値を尊重する精神を育む活動と、お互いに競い助け合うことで、民族の違いなどの壁を取り払う効果が評価され、「持続可能で逆境に強い世界」に寄与するとして、受賞に至りした。シャンティはこれからも、「共に生き、共に学ぶ」ことのできる平和(シャンティ)な社会を実現するために、活動に取り組みます。
 

鈴木大地 スポーツ庁長官(写真中央)、国際ボランティア会 会長 若林恭英(左から二人目)鈴木大地 スポーツ庁長官(写真中央)、国際ボランティア会 会長 若林恭英(左から二人目)


【ウンピアム難民キャンプサッカーフェスティバル 2018年実施概要】
■開催:2018年6月20日(月)

■会場:タイ国境 ウンピアム難民キャンプ(ターク県ポップラ郡)

■主催:公益社団法人シャンティ国際ボランティア会 メーソット事務所

■共催:ウンピアム難民キャンプ委員会、Right To Play(基礎教育、スポーツ振興を推進する国際NGO 本部カナダ)

■後援:在タイ日本大使館、公益社団法人日本プロサッカーリーグ、国際交流基金バンコク日本文化センター

■認定:スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアム(SFTC)

■特別ご招待:本田慎之介氏(Cilie Sports Clubコーチ)福島県福島市出身、現在はバンコク在住。ジュビロ磐田でプレイした経験を持つ。

■内容:世界難民の日記念式典、図書館でのサッカー関連図書の読み聞かせ・交流会、サッカー教室(青年の部、子どもの部)、サッカー親善試合(子どもの部、大人の部)

【2018年ウンピアム難民キャンプサッカーフェスティバルの様子】

 

 

難民キャンプの子どもたちにサッカーを教えてくださった本田慎之介氏難民キャンプの子どもたちにサッカーを教えてくださった本田慎之介氏

本田慎之介氏(写真左)が絵本『ミラクルゴール』(マイケル・フォアマン作・せなあいこ訳)を読み聞かせている様子本田慎之介氏(写真左)が絵本『ミラクルゴール』(マイケル・フォアマン作・せなあいこ訳)を読み聞かせている様子


【タイ国境にあるミャンマー(ビルマ)難民キャンプについて】
1949年よりミャンマー(ビルマ)国内の少数民族の反政府勢力とミャンマー(ビルマ)軍事政権とによる対立が始まり、1975年以降、戦闘や人権侵害を逃れて人々がタイ側へ流出。現在、タイ政府に正式に認められたミャンマー(ビルマ)難民キャンプ(総面積53,767.6㎢)が9カ所あり、約10万4千人が暮らしています。(The Border Consortiumより)サッカーイベントを開催するウンピアム難民キャンプは、人口12,250人が暮らす難民キャンプです。

1984年に正式に難民キャンプが設立されてから30年以上が経過し、近年のミャンマー(ビルマ)国内の政治情勢の変化を受けて、難民帰還の兆しが見えてきていますが、未だに多くの難民が将来への不安を抱えています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益社団法人シャンティ国際ボランティア会 >
  3. 2018ウンピアム難民キャンプサッカーフェスティバルがスポーツ庁長官感謝状を受賞!