ハッピー!ハロウィン for カンボジア【キャンペーン】

「かぼちゃ」は「カンボジア」に由来する?!

認定NPO法人国境なき子どもたち(KnK)は、この秋、ハロウィンを楽しみながら、カンボジアの子どもたちを応援するキャンペーンを実施します。
10月31日はハロウィン(Halloween)

ここ数年、日本でも仮装を楽しむ方が増えているようですが、もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す意味合いのあるアメリカの行事です。子どもたちにお菓子を配ることでも有名です。ハロウィンの主役といえばジャック・オー・ランタンこと「かぼちゃ」!

この「かぼちゃ」という名前、実は「カンボジア」に由来することをご存知ですか?

さかのぼること、天文年間(1532~55年)、ポルトガル人がカンボジアの産物として日本に伝えたことから、当初「かぼちゃ瓜」と呼ばれるようになり、後に「瓜」がとれて「かぼちゃ」と呼ばれるようになりました。

カンボジアの子どもたちで、ハロウィンに詳しい子どもはあまりいません。ですが、かぼちゃ料理やかぼちゃプリンはみんな大好きです。

そこで国境なき子どもたち(KnK)では、ハロウィンを楽しみながら、カンボジアの「若者の家」で暮らす子どもたちにおいしい食事を届けるキャンペーンを実施いたします。

育ち盛りは食べ盛り育ち盛りは食べ盛り


「若者の家」とは?
国境なき子どもたち(KnK)がカンボジアで教育支援を開始したのが2000年。

カンボジアのバッタンバンにある自立支援施設「若者の家」カンボジアのバッタンバンにある自立支援施設「若者の家」


当時は内戦から徐々に復興へと向かう中、孤児になった子どもたちや路上生活を送る子どもたちなど、カンボジア社会で「弱い」立場にある存在への支援が求められていました。

私たちKnKは、支援が手薄な10代後半の青少年が、安全な生活環境の中、「教育」を通じてより良い将来を手に入れ歩み出せるよう、自立支援施設「若者の家」を運営してきました。事業開始から17年が経ち、カンボジアは今目覚ましい経済成長を遂げています。一方で、都市部と農村部の経済格差は拡がっており、「若者の家」を必要とする子どもたちの数はそれほど減っていません。

現在も22人前後の青少年(男女)が共同生活をおくっています。

 

共同生活を送る青少年たち共同生活を送る青少年たち


食べ盛りの彼らの一日の食費は、一人当たりおよそ1ドル(約113円)です。

ハロウィンを楽しみながら、「若者の家」の子どもたちがおいしい食事をとって元気に成長できるよう、ぜひキャンペーンにご参加ください!


【参加方法】
①寄付で応援、②かぼちゃプリンで応援、③仮装で応援、の三つからお選びいただけます。

詳しくはキャンペーンサイトをご覧ください。
http://knk.or.jp/special/sp171001/?PT

ご寄付くださった方には、あなただけの動くオリジナルカード(デジタル)をプレゼント!ご寄付くださった方には、あなただけの動くオリジナルカード(デジタル)をプレゼント!

 
  1. プレスリリース >
  2. 国境なき子どもたち >
  3. ハッピー!ハロウィン for カンボジア【キャンペーン】