常設の総合LGBTQセンター『プライドハウス東京レガシー』が、10月11日にオープン。東京2020「公認プログラム」として情報発信。組織委員会の公認となるのは、世界のプライドハウス史上で初めての試み。

35の団体・専門家、14の企業、19の駐日大使館がセクターを超えて協働し、オンラインを中心に教育・文化・スポーツなどの企画を実施。休眠預金活用の3年間助成事業として採択され、持続可能な運営を目指す。

『プライドハウス東京レガシー』内装イメージ(エントランス1側)『プライドハウス東京レガシー』内装イメージ(エントランス1側)

任意団体「プライドハウス東京」コンソーシアムは、日本で初めてとなる常設の大型総合LGBTQセンター『プライドハウス東京レガシー』を、国際カミングアウト・デー(National Coming Out Day)である10月11日(日)に、東京都新宿区にオープンします。35の団体・専門家、14の企業、19の大使館、アスリートやスポーツ関係者などがセクターを超えて連携し、LGBTQに関する情報発信を行い、安心・安全な居場所を提供することを目的に立ち上げる施設です。オフライン・オンラインのイベント企画を実施する多目的スペース、相談支援を行う個別スペース、日本の「LGBTQコミュニティ・アーカイブ」を収めるライブラリー等を有しています。LGBTQコミュニティ・タウンである新宿二丁目からも徒歩圏内でありながら、新宿御苑や四谷区民ホールにも近く、どなたでも気軽にアクセスしやすい立地となっています。

『プライドハウス東京レガシー』内装イメージ(エントランス2側)『プライドハウス東京レガシー』内装イメージ(エントランス2側)

当初は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が開催された翌年、2021年以降での設立を目指していましたが、コロナ禍におけるLGBTQユースの実態調査「LGBTQ Youth TODAY」をもとに、性的指向・性自認に気兼ねすることなく、安心して繋がりをもてる場所が中長期化するコロナ禍にこそ必要であると判断し、設立計画の変更に到りました。設立や運営のための資金は、昨年12月に開催した大型チャリティ音楽イベント「コカ•コーラ presents LIVE PRIDE 〜愛をつなぎ、社会を変える。〜」の収益金、14の企業からの協賛金に加え、休眠預金等活用法に基づく資金分配団体である特定非営利活動法人エティックによる事業、2019年度「子どもの未来のための協働促進助成事業」の採択団体(※)としての3年間助成金を活用するとともに、今後、持続可能な運営体制を強化していきます。

※採択団体は「プライドハウス東京」コンソーシアムの事務局を務める、NPO法人グッド・エイジング・エールズとなります。

『プライドハウス東京レガシー』レイアウト案(俯瞰図)『プライドハウス東京レガシー』レイアウト案(俯瞰図)

『プライドハウス東京レガシー』がオープンする10月11日(日)から12月31日(木)までは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会による「公認プログラム」として、LGBTQとスポーツ・文化・教育などに関する情報発信企画を、新型コロナウイルス感染予防対策を実施しつつ、オンラインとオフラインを交えながら展開予定です(下記、詳細をご確認ください)。2010年バンクーバー以降の世界のプライドハウスを含めて、オリンピック・パラリンピックの公認のもとで実施されるのは、この『プライドハウス東京レガシー』が初めての試みとなります。2021年に東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催される際には、本施設にて大会にあわせた情報発信を検討していますが、現時点で詳細計画については未定です。

『プライドハウス東京レガシー』ミッション・ステートメント『プライドハウス東京レガシー』ミッション・ステートメント

  • 「プライドハウス東京」コンソーシアム内の7つのチームによる具体的施策

「プライドハウス東京」コンソーシアム「プライドハウス東京」コンソーシアム

◆「教育・多様性発信」チーム
◎多様性絵本の読み聞かせ・オンラインワークショップ(11月〜12月予定)
◎ビール片手にLGBTQムービー・オンライン鑑賞会(仮)(11月予定)
【メンバー】
サウザンブックスPRIDE叢書/任意団体 読書サロン/任意団体 にじいろかぞく/任意団体 虫めがねの会/パナソニック株式会社/P&Gジャパン/アサヒビール株式会社/ビザ・ワールドワイド/株式会社みずほフィナンシャルグループ

◆「文化・歴史・アーカイブ」チーム
◎日本の「LGBTQコミュニティ・アーカイブ」づくり(8月21日〜11月19日:クラウドファンディング実施中)
https://readyfor.jp/projects/lgbtq-archives
【メンバー】
NPO法人 レインボーコミュニティcoLLabo/NPO法人Rainbow Soup/NPO法人 レインボー・リール東京/野老 朝雄/長谷川 博史/三橋 順子/山縣 真矢/大日本印刷株式会社

◆「ウェルネスサポート・ソーシャルケア」チーム
◎相談員オンライン養成講座・全14回(10月11日開始予定)
【メンバー】
NPO法人 日本HIV陽性者ネットワーク・ジャンププラス(JaNP+)/任意団体 Proud Futures/認定NPO法人 ぷれいす東京/任意団体 Broken Rainbow - Japan/浅沼 智也/田口 周平/NTTグループ

◆「アスリート発信」チーム
◎LGBTQとスポーツに関する冊子「Sports for Everyone」日英版発行(10月11日配布開始予定)
◎アスリートからのメッセージムービー(10月11日配信開始予定)
【メンバー】
一般社団法人 S.C.P. Japan/NPO法人 GEWEL(ジュエル)/任意団体 フルーツ・イン・スーツ東京(FinS Tokyo)/EY Japan/野村ホールディンングス株式会社

◆「祝祭・スポーツイベント・ボランティア」チーム
◎オンライン・レインボーマラソン2020(11月1日〜11月8日)
【メンバー】
NPO法人 カラフルチェンジラボ/NPO法人 グリーンバード/任意団体 手話フレンズ/一般財団法人スポーツ&ライフ振興財団/NPO法人 東京レインボープライド/株式会社アシックス/富士通株式会社

◆「居場所づくり」チーム
◎大学キャンパスにおけるLGBTQ居場所づくり調査(仮)のオンライン報告会(11月〜12月予定)
【メンバー】
NPO法人 akta/NPO法人 ハートをつなごう学校/任意団体 University Diversity Alliance/任意団体 Rainbow Tokyo 北区/日本生命保険相互会社/大和ハウス工業株式会社

◆「仕組みづくり」チーム
◎コロナ禍におけるLGBTQユース実態調査「LGBTQ Youth TODAY」報告レポート(10月11日配布開始予定)
◎Digital School Network連携「全国の学校でつながってLGBTQを学ぼう」(11月〜予定)
【メンバー】
NPO法人 エティック/任意団体 LGBTQアライ・コミッティ@Accenture/NPO法人 グッド・エイジング・エールズ/認定NPO法人 虹色ダイバーシティ/認定NPO法人 ReBit(リビット)/井上 道博/シスコシステムズ合同会社

◆その他:19の駐日大使館との協働
◎世界各国のLGBTQに関する取組・WEBコンテンツ(LGBTQに関わる世界の法整備/LGBTQに関する世界の活動コラム/世界のLGBTQ絵本ライブラリー)
http://pridehouse.jp/world/

 

  • オンライン記者会見

「プライドハウス東京レガシー」記者発表「プライドハウス東京レガシー」記者発表

日程:2020年9月7日(月)13:00〜14:00
場所:文部科学省・記者会見室(東京都千代田区霞が関3-2-2)
登壇者:
・松中 権(コンソーシアム代表/NPO法人グッド・エイジング・エールズ代表)
・野老 朝雄(アーティスト)
・下山田 志帆(スフィーダ世田谷FC/サッカー選手)
・來田 享子(公益財団法人日本スポーツ協会 スポーツ医・科学委員会プロジェクト「スポーツ指導に必要なLGBTの人々への配慮に関する調査研究」研究班長 / 中京大学)
・鈴木 茂義(任意団体 虫めがねの会 代表)
・岡田 実穂(任意団体 Broken Rainbow –Japan 副代表)
・杉山 文野(NPO法人 東京レインボープライド 共同代表)
・盛山 光(パナソニック株式会社 戦略人事部長)
・テオ・ペータス(駐日オランダ王国大使館・公使)
ほか十数名がオンラインにて参加
 

  • 「プライドハウス東京レガシー」施設概要

住所:東京都新宿区新宿1-2-9 JF新宿御苑ビル 2階
広さ:140.50 ㎡(トイレスペース等を含む)
開館時間:未定
休館日:未定
※開館時間や休館日については、現在検討中です。
 

  • 「プライドハウス東京」コンソーシアム

「プライドハウス東京」には、現在、LGBTQやソーシャル関連の活動を行う35の団体・個人とともに、14の企業が協賛・参画し、19の駐日各国大使館が後援しています。

■団体・個人(計:団体28/個人7)
◎NPO法人 akta(代表:岩橋 恒太)
◎一般社団法人 S.C.P. Japan (共同代表:野口 亜弥)
◎NPO法人 エティック(代表:宮城 治男)
◎任意団体 LGBTQアライ・コミッティ@Accenture(代表:佐藤 守)
◎NPO法人 カラフルチェンジラボ(代表:三浦 暢久)
◎NPO法人 グッド・エイジング・エールズ(代表:松中 権)
◎NPO法人 グリーンバード(代表:福田 圭祐)
◎サウザンブックスPRIDE叢書(代表:古賀 一孝)
◎NPO法人 GEWEL(ジュエル)(代表理事:小嶋 美代子)
◎任意団体 手話フレンズ(代表:モンキー高野)
◎一般財団法人スポーツ&ライフ振興財団(代表:武田 利也)
◎NPO法人 東京レインボープライド(共同代表:杉山 文野、山田 なつみ)
◎任意団体 読書サロン(代表:安田 葵)
◎任意団体 にじいろかぞく(代表:小野 春)
◎認定NPO法人 虹色ダイバーシティ(代表:村木 真紀)
◎NPO法人 日本HIV陽性者ネットワーク・ジャンププラス(JaNP+)(代表:高久 陽介)
◎NPO法人 ハートをつなごう学校(代表:杉山 文野)
◎任意団体 Proud Futures(共同代表:小野 アンリ、向坂 あかね)
◎任意団体 フルーツ・イン・スーツ東京(FinS Tokyo)(代表:Loren Fykes)
◎認定NPO法人 ぷれいす東京(代表:生島 嗣)
◎任意団体 Broken Rainbow - Japan(代表:宇佐美 翔子)
◎任意団体 虫めがねの会(代表:鈴木 茂義)
◎任意団体 University Diversity Alliance (代表:五十嵐 浩也)
◎認定NPO法人 ReBit(リビット)(代表:藥師 実芳)
◎NPO法人 レインボーコミュニティcoLLabo(代表:鳩貝 啓美)
◎NPO法人Rainbow Soup(代表:五十嵐 ゆり)
◎任意団体 Rainbow Tokyo 北区(代表:時枝 穂)
◎NPO法人 レインボー・リール東京(代表:宮沢 英樹)
◎浅沼 智也(トランスジェンダー活動家)
◎井上 道博
◎田口 周平
◎野老 朝雄(アーティスト)
◎長谷川 博史(雑誌編集者)
◎三橋 順子(性社会文化史研究者/明治大学非常勤講師)
◎山縣 真矢(編集者/ライター)

■企業(計:14)
<レインボー>
◎EY Japan
◎シスコシステムズ合同会社
◎大日本印刷株式会社
◎野村ホールディンングス株式会社
◎パナソニック株式会社
<ダイヤモンド>
◎日本生命保険相互会社
◎P&Gジャパン
<ゴールド>
◎アサヒビール株式会社
◎株式会社アシックス
◎NTTグループ
◎大和ハウス工業株式会社
◎ビザ・ワールドワイド
◎富士通株式会社
◎株式会社みずほフィナンシャルグループ

■大使館(計:19)
<特別後援>駐日オランダ王国大使館
<後援>駐日アイスランド大使館/駐日アイルランド大使館/在日アメリカ大使館/駐日イスラエル大使館/駐日英国大使館/在日オーストラリア大使館/駐日欧州連合代表部/在日カナダ大使館/在日スイス大使館/駐日スウェーデン大使館/駐日スペイン大使館/駐日デンマーク大使館/駐日ドイツ連邦共和国大使館/駐日ニュージーランド大使館/駐日ノルウェー大使館/駐日フィンランド大使館/在日フランス大使館/在日メキシコ大使館

■後援(計:9)
国連合同エイズ計画・UNAIDS(協働覚書締結)/東京都/新宿区/公益財団法人 日本オリンピック委員会/公益財団法人 日本障がい者スポーツ協会 日本パラリンピック委員会/公益財団法人 日本スポーツ協会/公益財団法人 日本ラグビーフットボール協会/一般財団法人 東京マラソン財団/一般社団法人 日本ラグビーフットボール選手会

  • 世界の「プライドハウス」

オリンピック・パラリンピックなどの国際スポーツ大会の開催にあわせて、セクシュアリティを問わずあらゆる人が安心して過ごせる場所を提供することを中心に、LGBTQに関する地域情報や文化情報の提供、LGBTQとスポーツという視点での課題やその解決方法や学びの提供、地域の住民や来訪者問わず参加できるスポーツイベントなどの実施といった機能を提供することを目指しています。過去のプライドハウス主催団体、今後プライドハウスを主催する予定の団体が、プライドハウス・インターナショナル(http://www.pridehouseinternational.org)というネットワークを形成し、情報共有などを行っています。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NPO法人グッド・エイジング・エールズ >
  3. 常設の総合LGBTQセンター『プライドハウス東京レガシー』が、10月11日にオープン。東京2020「公認プログラム」として情報発信。組織委員会の公認となるのは、世界のプライドハウス史上で初めての試み。