フェンダーがベーシストJとのエンドースメント契約を発表。

LUNA SEA 30周年の節目に、最前線の音楽シーンで走り続けるJが新たなステージへ。日本国内のみならず、グローバルな舞台での活動をフェンダーがサポート。

​フェンダーミュージック株式会社は、今年で結成30周年を迎えるLUNA SEAのベーシストであるJとのエンドースメント契約を発表しました。今や国内のみならず海外でも活躍の場を広げているJにとっても節目となる年に満を持しての契約となり、これから始まる新しいステージで、国内外問わず様々な取り組みを展開していく予定です。

 

フェンダーとのエンドースメント契約が発表されたJ(LUNA SEA)フェンダーとのエンドースメント契約が発表されたJ(LUNA SEA)

フェンダーミュージック株式会社は、今年で結成30周年を迎えるLUNA SEAのベーシストであるJとのエンドースメント契約を発表しました。今や国内のみならず海外でも活躍の場を広げているJにとっても節目となる年に満を持しての契約となり、これから始まる新しいステージで、国内外問わず様々な取り組みを展開していく予定です。

これまでの輝かしいキャリアの中で培われた、他には真似のできない存在感と説得力のあるベースパフォーマンス。常に日本の音楽シーンの第一線で活躍し、影響を与え続けてきたJが、新しい時代の幕開けとともに、自身の更なる境地を目指し、フェンダーと新たな挑戦を始めます。

今回のエンドースメント契約にあたり、Jがかねてより信頼を寄せているFENDER CUSTOM SHOPのマスタービルダーであるグレッグ・フェスラーによって、Jのこだわりや要望を詰め込んだ、特別なPRECISION BASSが製作されました。

「Jの思い描くベースを作ることができたことは、本当に光栄ですし、喜ばしいことです。」グレッグ・フェスラーはこのように語ります。「このモデルは、彼のお気に入りである57年のPRECISION BASSをもとに製作しました。Jは特注カラーを希望したので、ペインターと一緒にそのカラーの再現に取り組みましたが、このカラーを作り出すのには一番苦労しましたね。ですが、その甲斐もあって、とてもいい仕上がりになりました。リバースヘッドや独特なナット幅など、彼がリクエストしたユニークなスペックは私も本当に気に入っています。FENDER CUSTOM SHOPのメンバーもみんな、とても素晴らしいベースになったと感じているので、Jにはぜひ楽しんでプレイしてもらいたいですね。」

このJのためのPRECISION BASSは6月15日(土)に開催される「FENDER CUSTOM SHOP EXPERIENCE」*の展示会場(ラフォーレミュージアム原宿)にて、Jのエンドースメント契約を記念して特別に展示することが決定しています。1音を弾いた瞬間にJを虜にした唯一無二のPRECISION BASSの実機を間近で見ることができる、他にはない贅沢な展示となっています。

さらに、日本及びアジアのフェンダービジネスを牽引しているフェンダーミュージック株式会社 代表取締役 社長  アジア統括であるエドワード・コールは今回のエンドースメント契約を祝し、次のようにコメントしています。

「LUNA SEAは30年に渡り、常に日本の音楽シーンを牽引してきた中核的なバンドのひとつです。Jはその中で、うねるようなリズムを生み出し、エネルギッシュなベーストーンでバンドサウンドを支えてきたベースプレイヤーです。心奪われるグルーヴとアグレッシブなプレイ、そしてクールなスタイルとその真摯な姿勢は、ワールドクラスのベーシストと言えるでしょう。Jはフェンダーのギターやベースと同様に、まさしく“本物“なのです。フェンダーの使命は、あらゆるレベルにいるプレイヤーをサポートすること。今回、自分のスタイルを完成させたプレイヤーとして、Jをフェンダーファミリーの一員に迎えられたことを光栄に思います。Jがフェンダーをプレイすることで、表現と創造の幅を広げ、さらなる次元へと飛躍していくことをとても楽しみにしています。」

また、Jは5月31日(金)にフェンダーの公式オンラインメディア#FenderNews(https://shop.fender.com/ja-JP/fender-jp-features/music)にて公開される自身のインタビューで次のように語っています。

「バンドを30年、ソロを20年。自分のサウンドをずっと追求してきて、自分自身のスタイルでプレイする、みたいなものを作り上げられた気がしたんです。聴いてきた音楽の背景に、いつでもそこにフェンダーは存在していて、自分自身が乗りこなしたい一つのサウンドというものだった。フェンダーはその伝統の中で、ものすごい色んなものをぶっ壊して、現代まできているんだなっていうのを感じたんです。今回フェンダーとタッグを組んでロックすることができるのは、自分のキャリアにとってもすごく光栄なことだし、自分をキッズに戻してくれる。30年目でそんな刺激を与えてくれるベースでスタートできること、その意味、その先にある世界を自分でも楽しみにしているし、皆にもそれを見てもらえたら嬉しいなと思う。」


 

* Fender Custom Shop Experience 詳細はこちら

https://shop.fender.com/ja-JP/customshop/customshop-experience-2019

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. フェンダーミュージック >
  3. フェンダーがベーシストJとのエンドースメント契約を発表。