動画コンテンツの新しい楽しみ方を提案する高画質・高音質タブレット“GRANBEAT”Hi-Res TabletをMWC2018にて参考出品

オンキヨー株式会社は、2018年2月26日より、スペイン・カタルーニャ州・バルセロナにて開催されるMWC(Mobile World Congress) 2018において、4K動画コンテンツの新たな楽しみ方を提案する”GRANBEAT” Hi-Res Tabletを参考出品いたします。

日本国内では既にCS放送やケーブルテレビで4K放送が始まっていますが、更に2018年12月にはBS放送でも開始され、ますます4Kコンテンツを楽しめる環境が増えてきています。 一方、ネットワークを使ったストリーミングサービスを利用することで、モバイル環境でタブレットで楽しむ人が増えており、4Kコンテンツであってもリビングだけでなく、プライベートで楽しむ時代がすぐそこまで来ています。

このように視聴環境が変化する中でも4Kコンテンツを楽しむためには、4Kに対応した高精細なパネルだけでなく、音の環境が重要になってきます。今回の”GRANBEAT” Hi-Res Tabletでは、4K対応パネルに加え、独立した4基のスピーカーを搭載することで、モバイル環境においても4Kコンテンツを最良のコンディションでお届けすることを提案するものです。パーソナルシアターとしてだけでなく、高精彩を必要とするビジネスシーンにおいても活用できます。

今後も、当社が培ってきた音と映像の技術を組み合わせ、お客様への新しい楽しみ方をご提案いたします。

“GRANBEAT” Hi-Res Tablet
4Kコンテンツをパーソナル環境で利用したい方、ビジネス・シーンで訴求力の高いコンテンツを利用したい方など、これまでのモバイル端末では実現できなかった画質と音質を提供できる高精細4K UltraHDディスプレイのタブレットです。

世界で初めて(※1)DTS社が新規に開発したDTS:X Premiumを搭載することで、バーチャルサラウンドの効果によって豊かな音場を提供します。さらに、タブレット初の4chディスクリートスピーカー出力(※2)に対応します。

 
<主な特長>
■高精細4K UltraHD 12.5インチディスプレイ
■当社独自開発のODMD(Onkyo Double-Molding Diaphragm)振動板を用いたスピーカーを4基搭載
■世界初* DTS:X Premium 1.0 搭載タブレット
■最高水準の専用DAC&アンプの独立回路搭載
■DTS Play-Fi 対応

商品仕様、導入地域、希望小売価格、発売予定時期については現在検討中です。

<MWC 2018概要> 
 会   場: スペイン・カタルーニャ州フィラ・デ・バルセロナ
        (所在地:Av. Joan Carles I,64 08908 L’Hospitalet de Llobregat, Barcelona)
 当社ブース: Congress Square Stand CS54
 期   間: 2018年2月26日(月)~ 3月1日(木)
 公式サイト: https://www.mobileworldcongress.com/


※1 2018年2月19日時点。オンキヨー調べ。
※2 後日ファームウェアでアップデート予定


* DTS 特許については、http://patents.dts.com/ をご参照ください。 DTS Licensing Limited に基づき製造されています。 DTS、シンボル、DTS とシンボルの組み合わせ、DTS:X、DTS:X ロゴ、DTS:X Premium ロゴ、Play-Fi および Play-Fi ロゴは米国および/または他の国々における DTS 社の商標または登録商標です。 © DTS, Inc. 無断複写・転載を禁じます。
* 記載されているその他の商品名、技術名、会社名および製品・役務名は、各社の商標または登録商標です。
* 当社は日本オーディオ協会のハイレゾ定義に準拠した製品に同協会のロゴを冠して推奨しています。ロゴは登録商標です。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. オンキヨー株式会社 >
  3. 動画コンテンツの新しい楽しみ方を提案する高画質・高音質タブレット“GRANBEAT”Hi-Res TabletをMWC2018にて参考出品