訪日客対応として外国人人材受け入れを準備  特定技能を中心とした外国人雇用セミナーを沖縄県名護市で開催!

 外国人人材サービスを運営する株式会社ダイブ(旧社名:アプリ、本社:東京都新宿区、代表取締役:庄子潔、以下ダイブ)は、外国人ビザ申請に特化した行政書士法人Climb(本社:東京都新宿区、代表者:森山 敬 北島 正一)の代表者森山敬氏(以下森山氏)とともに、2019年9月17日に沖縄県の名護市で宿泊業界関係者に向けた外国人雇用セミナーを開催しました。
特定技能や外国人受け入れの流れについてお話しました。

セミナー詳細(https://bit.ly/2p1fZ6Z)特定技能人材サービスホームページ(https://tokutei.dive.design/biz/


 

今回は、外国人の雇用の検討や理解を深めたいと考える沖縄県の宿泊業界関係者にご参加いただきました。

セミナーは二部構成で、一部では森山氏より特定技能を中心としたビザに関する説明と在留資格に関する今後の注意点などをお話しいただきました。


 



 

二部ではダイブ外国人人材サービスユニットマネジャーの菅沼より、外国人人材の現状と今後の傾向、外国人人材を受け入れた施設の成功事例などについてお話ししました。



沖縄県では観光客増加に伴い、現場での人材確保が急がれています。


 




沖縄県では近年、国内外からの観光客増加に伴い、リゾートホテルやシティホテルの建設ラッシュが続いております。

宿泊施設の現場では、人材確保が課題としてあげられており、中でも外国人人材の需要が高まりをみせています。

 

今回セミナーに参加した宿泊業界関係者からは、「インバウンドゲストに対応できる人材として外国人人材を検討している」といった声や、「訪日外国人観光客の対応時、お客様と同じ国の言葉を話せる従業員がいるとお客様に喜ばれる」として、外国人人材受け入れを歓迎する声が聞かれました。

 

 

【全国の観光地で無料外国人雇用セミナーを開催しております。お気軽にご相談ください。】

株式会社ダイブ 菅沼(すがぬま) TEL:03-6311-9833  Mail:motoi.suganuma@dive.design ​





 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ダイブ >
  3. 訪日客対応として外国人人材受け入れを準備  特定技能を中心とした外国人雇用セミナーを沖縄県名護市で開催!