​【フェンシング】男子エペ ワールドカップ ベルン大会で 日本チーム銅メダル獲得!

通算5度目のワールドカップ表彰台に

現地時間2021年11月21日(日)にベルン(スイス)で開催された、フェンシング男子エペ ワールドカップ ベルン大会にて、日本チーム(山田・加納・古俣・松本)が銅メダルを獲得致しました。日本男子エペ団体のワールドカップメダル獲得は2020年2月のバンクーバー大会以来1年9か月ぶりとなります。
東京2020オリンピックで金メダルを獲得し、今大会を世界ランク1位で迎えた日本チームは、金メダルメンバーである山田優選手(自衛隊体育学校)、加納虹輝選手(日本航空)に、新たに古俣聖選手(本間組)、松本龍選手(日本大学)の2選手を加えた編成で今大会にのぞみました。ベスト16でドイツを45対32で、準々決勝でウクライナを45対37で危なげなく下しましたが、準決勝では東京2020大会決勝戦の再現となるロシアに対し34対45で敗退。3位決定戦ではハンガリーに45対34で勝利し、銅メダルを獲得しました。
なおロシアが優勝し、ポイントで日本を上回ったため、今大会を終えて日本チームの世界ランキングは2位となります。

左から古俣・松本・加納・山田左から古俣・松本・加納・山田

3位決定戦(山田選手)3位決定戦(山田選手)

3位決定戦(古俣選手)3位決定戦(古俣選手)

3位決定戦(加納選手)3位決定戦(加納選手)

【選手コメント:山田優選手】
オリンピック後、初めてのワールドカップで銅メダルを獲ることができ嬉しいです。その反面、金メダルを目標にしていただけに悔しさもあります。次は金メダルを獲れるように練習に励みます。
応援ありがとうございました。
 

表彰式表彰式

表彰式表彰式


                                            以上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益社団法人日本フェンシング協会 >
  3. ​【フェンシング】男子エペ ワールドカップ ベルン大会で 日本チーム銅メダル獲得!