CryptoGamesが マイネットの保有するイラスト資産を「NFTStudio」にてNFT化を開始


ブロックチェーンゲーム、NFTサービスの開発を行う、CryptoGames株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:小澤 孝太)は、株式会社マイネット(東京都港区、代表取締役社長:上原 仁)の保有するイラスト資産を、「NFTStudio」にてNFTアートとして発行、及び販売を行うことをお知らせいたします。

 

<NFTStudio とは>



NFTStudio は2021年3月22にリリースした、IPコンテンツやクリエイターの作品をNFTアートとして 販売できるNFTマーケットです。ブロックチェーンの特性を利用し、二次流通売買が行われた際、売買手数料の一部がクリエイターに永続的に還元されます。

NFTStudioでは、高騰するトランザクション手数料(ガス代)の解決策として、Matic Network社が提供するL2ソリューション、polygon(Matic Network)を採用しており、トランザクション手数料はNFTStudioが負担することにより、クリエイターは無償でNFTを発行することが可能です。また、NFT作品をクレジットカードで購入できる国内初のNFTマーケットとなります。

<NFT(ノンファンジブルトークン)とは>


NFTとは、唯一無二の「世界に1つだけのデータ」の価値を生み出せる代替不可能なトークンです。2018年頃に登場し、ブロックチェーン技術を活用する事でコピーできないデジタルデータを作成することができ、データの所有者は自由に二次流通を行うことがでます。

現在、主にブロックチェーンゲームや、クリプトアートにNFTが活用されていますが、今後、様々なアセットがデジタル化していく中で、よりNFTが活用されていくことが予想されます。
特にNFTアート分野は、2021年初頭より数千万円でのNFTの販売が海外で話題となっており、現在注目されている分野です。

 


<会社概要>
 


NFTサービスの開発を⾏うCryptoGames株式会社は、ウォレット・イーサリアムなしで遊べるブロックチェーンゲーム『クリプトスペルズ』を2019年6月25日に正式リリースしています。クラウドセールの売上は900ETHを突破し、当時日本最高記録となりました。2020年6月には初の地上波テレビCMも実施しました。

2021年3月にクレジットカー決済対応の、クリエイターのNFT販売プラットフォーム「NFTStudio」をリリースし、2021年4月に「NFTStudio OEM」の提供を開始いたしました。

社名: CryptoGames株式会社
設立:2018年4月20日
資本金:7300万円(資本準備金含む)
代表取締役:小澤 孝太
事業内容:ブロックチェーンゲーム「クリプトスペルズ」、NFTサービスの開発運営
URL:http://cryptogames.co.jp/
Email:info@cryptogames.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. CryptoGames株式会社 >
  3. CryptoGamesが マイネットの保有するイラスト資産を「NFTStudio」にてNFT化を開始