生産現場の報告業務を効率化するクラウドサービス「RICOH らくらくKAIZENサービス」を提供開始

~現場のデータを「取得」、「蓄積」、「活用」し、業務のデジタル化を支援~

リコージャパン株式会社(社長執行役員:坂主 智弘)は、中堅・中小製造業向けにデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援するソリューションとして、「RICOH らくらくKAIZENサービス」を3月24日から提供開始します。本サービスは、スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスを活用して生産現場における報告業務・情報共有などを効率化するクラウドサービスです。
近年、工場などの生産現場では人手不足が深刻化しており、IT技術の進化を背景にしたデータの利活用など、DXによる業務効率化や生産性向上のニーズが高まっています。一方で、中堅・中小企業では、知見・ノウハウの不足や導入コストなどの要因から十分な対策に取り組めていないお客様が多く存在します。

リコーグループはこれまでに、製造業の生産現場向けに無人搬送車(AGV)や生産工程可視化システム(ALR)といった自動化設備や関連サービスなどを提供してきました。また、2020年秋には、リコーの製造現場で改善を進めてきた設計、生産などの技術者が販売統括会社であるリコージャパンに加わり、製造業のお客様との面談を通じた課題抽出や社内実践をもとにしたソリューション開発を強化しています。

 

「RICOH らくらくKAIZENサービス」の概要「RICOH らくらくKAIZENサービス」の概要



「RICOH らくらくKAIZENサービス」は、こうしたリコーグループの製造現場における社内実践から生まれた、業務効率化を支援するソリューションです。従業員が身に着けているスマートデバイスで現場を撮影し、写真や登録内容を簡単にクラウド上に保存し、共有することで、安全衛生巡視やヒヤリハット、改善提案といった生産現場に関わる報告業務の大幅な効率化を図ります。

本ソリューションは、業務にあわせた文書テンプレートなどの各種設定ができるウェブサイト、スマートデバイス向けのアプリケーションソフト、スマートデバイスから投稿された文書を共有できるウェブサイトの3つのシステムから構成されるサブスクリプションサービスです。クラウド型であるため、専用のサーバ構築などが必要なく簡単に導入できることや、わかりやすいユーザーインターフェースでどなたでも使いやすい点が特徴です。

管理者は、リコーの社内実践を基に作成されたサンプルを参考に、各業務に応じたテンプレートを素早く作成することができるため、現場への速やかな導入が可能です。また、点検者は、アプリ上の該当箇所に項目選択やテキスト、音声テキストで状況を入力し、現場で撮影した画像データと併せて簡単に報告書を作成し、クラウド上で関連部門に即時に共有することができます。さらに、報告書のデータをCSV形式で出力し、BIツールを用いて分析するなど、さまざまな管理ツールとの連携も可能です。

 

安全衛生巡視業務の場合安全衛生巡視業務の場合


これまで、こうした報告業務には、人による紙への記録、転記、編集、照合など、さまざまな時間や手間がかかっていましたが、プロセスをデジタル化することで大幅な業務効率化を実現します。社内実践の事例として、複合機などの製造を手掛けるリコーインダストリー東北事業所(宮城県柴田郡)では、本ソリューションの活用により、従来約180分かかっていた安全巡視報告業務を約10分まで大幅に短縮するといった成果を上げています。

今後は本ソリューションへの機能追加に加え、テンプレートの拡充により、製造現場のみならず他業種・業務への展開を図ります。また、本ソリューションを皮切りに、リコーグループでのさまざまな社内実践を通じて得られた知見・ノウハウを活用し、お客様の生産現場におけるプロセスのデジタル化、業務効率化を後押しするサービスを順次投入することで、お客様の現場での課題解決を支援してまいります。



 RICOH らくらくKAIZENサービス ウェブサイト https://www.ricoh.co.jp/service/rakurakukaizen


 
<RICOH らくらくKAIZENサービスの仕様>
■動作環境・Webブラウザー(以下のブラウザーの最新バージョンに対応しています。)
 Microsoft® Edge (Windows® 10 64bit)、Google Chrome (Windows® 10 64bit)、
 Mozilla Firefox®( Windows® 10 64bit)、Safari( MacOS X)

■スマートデバイス仕様Android™:8.0以上(推奨メモリー:4GB以上)、iOS:13以上
 ※らくらくKAIZENサービスのモバイルアプリから印刷機能を使用する場合は、「RICOH ProductiveSuite」を インストールする必要があります。

■対応言語 日本語


・AndroidはGoogle LLCの商標です。iOS®は、米国およびその他の国におけるCisco社の登録商標です。
・iPhone、iPad、OS X、Safariは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
・iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
・App StoreはApple Inc.のサービスマークです。Google Chrome、Google Playは、Google LLCの商標です。
・Mozilla、Firefoxの名称およびそのロゴは、米国Mozilla Foundationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
・Microsoft、Windows、Windows Server、Edge、Excel、Internet Explorer、Offi ce 365は、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
・その他の製品名、名称は各社の商標または登録商標です。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社リコー >
  3. 生産現場の報告業務を効率化するクラウドサービス「RICOH らくらくKAIZENサービス」を提供開始