awoo Japan提供のawoo AI、富澤商店が運営する製パン・製菓材料専門オンラインショップ「TOMIZ」へ導入決定。リソース不足・売上改善を一気に解決へ

awoo AIを活用してSEO&CXを完全自動運用で同時に実現。

グローバルAIテックカンパニーのawoo Japan株式会社(本社:東京都新宿区、代表:林思吾、以下、awoo Japan)は、株式会社富澤商店(本社:東京都千代田区、代表取締役:富澤淳、以下、富澤商店)が運営する製パン・製菓材料専門オンラインショップ「TOMIZ」にて、awoo Japanが提供するAIマーケティングソリューション「awoo AI」(読み方:アウーエーアイ)が導入決定したことをお知らせします。

※2021年10月より、awoo Japanが提供する「nununi」は名称を「awoo AI」に変更しました。

awoo AIを導入した理由について、担当者様よりコメントを頂いております。
■富澤商店 EC事業部 渡辺様からのコメント
当社は製菓・製パン材料を中心に9,000商品超の商品を販売していますが、需要が顕在化している既存顧客比率が高く、商品ページの回遊率向上が課題でした。また、新規顧客の集客面においてはSEO対策がまだまだ不十分であり、リソース不⾜も相まって打ち⼿を模索していたところ、awoo AIはその2つの課題を同時に解決するツールとして非常に魅力を感じ、導入を決定しました。また、店舗と同様の衝動買いのような消費体験を生み出すツールとしても期待しています。

■awoo AIとは
awoo AI(アウーエーアイ)は衝動買い体験をDX化するというビジョンを持つAIマーケティングソリューションです。リアル店舗特有の消費行動である「偶発的消費(衝動買い)」をデジタルで実現することで、より良い買い物体験を提供します。また、awoo AIは2つのアーキテクチャで成り立っています。商品データ集積基盤である「awoo PDP」(awoo Product Data Platform)を通じて、一つ一つの商品特徴をAIが理解し、商品ごとに最適なキーワードをハッシュタグとして付与します。そして「awoo AMP」(awoo AI Marketing Platform)を通じてハッシュタグをリアルタイムに最適化し、あらゆるマーケティングチャネルに活用することができ、偶発的な商品との出会いを増やします。この一連の仕組みによって、SEOとCXを同時に改善することができ、新規流入増加とサイト内エンゲージメント強化を1ツールで実現します。また、運用はAIによる完全自動運用のため、リソース負荷の懸念も一切ありません。

サービスサイト:https://awoo.ai/ja/


■awoo Japanについて
2015年に台湾でawoo Intelligenceが設立され、台湾市場においてSEOとEmail配信の分野で業界シェアNo.1のMarTech企業となりました。2017年8月にはシリコンバレーの上場企業創業者より投資を獲得し、同年、10名以上のAI科学者を率いるAIラボを設立。グローバル展開を見据えて2018年2月にawoo Japanを設立し、2019年4月、awoo Japanを本社へ登記変更。2020年1月にAI×マーケティングソリューション「awoo AI」をリリース。同月、300万USドルの資金調達(Series-A)を実施。2020年8月より日本市場へ本格参入を果たしました。

〈企業名〉awoo Japan株式会社
〈所在地〉東京都新宿区四谷4-26-6テクノ四谷2F
〈代表者〉林思吾
〈事業内容〉AI技術を活用したマーケティングソリューション、awoo AIの提供
〈URL〉https://awoo.ai/ja/
〈SNS〉Facebook|https://www.facebook.com/awooJapan
      Twitter | https://twitter.com/awoo_Japan

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. awoo Japan株式会社 >
  3. awoo Japan提供のawoo AI、富澤商店が運営する製パン・製菓材料専門オンラインショップ「TOMIZ」へ導入決定。リソース不足・売上改善を一気に解決へ