AIとデータ活用で「ポストコロナ社会」と「がん個別化医療」を考える トークイベント開催報告、 登録不要でアーカイブ無料配信中

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長 兼 CEO:小笠原 信)は、ロシュグループ創立125周年および日本における検査薬事業50周年を記念したオンライントークイベント「LifeTalks Japan」の開催報告を行いました。
ロシュ・ダイアグノスティックスは、スイスで創業されたロシュグループの診断薬事業部門の日本法人として、検査ソリューションの提供を通じて人々の健康の向上に貢献してきました。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によるパンデミック下では、国内で初めてPCR検査薬を発売し、その後も抗体検査、抗原検査、ウイルス変異を調べる試薬を次々と上市して、多様な検査ニーズに応えています。

また、ロシュはがん診断のために欠かすことのできない病理学的検査ソリューションにおいても世界的なリーダーであり、一人ひとりに合った薬で治療を行う最先端の個別化医療の発展に寄与してきました。がんの遺伝子治療に必要なデータの集約や検索などを可能にする診断支援システムの国内施設への導入も始まっています。

周年記念の1つ目のトークイベントは、「Post COVID-19 検査と共存する時代」と題し、ウイルスの完全な撲滅は極めて困難と言われる中、人類はこれから感染症とどう共生していくべきかについて、統計家、クリエイター、ジャーナリストと共に、未来に向けたアクションについてデータを基に考えました。

2つ目のトークイベントは、「『がん個別化医療』というイノベーション」と題し、2人に1人ががんになる日本において期待の高まる個別化医療を普及させ、確立させるために、AIなどのデジタルソリューションが果たす役割や可能性について、医師と起業家をゲストに迎えて議論しました。

開催報告の詳細は弊社ウェブサイトに掲載されています。
https://www.roche-diagnostics.jp/ja/about/roche_125/lifetalks_japan_archive/report.html 

なお、2つのトークイベントは登録不要で、2021年12月26日21時まで無料で視聴可能です。

トーク 1: Post COVID-19 検査と共存する時代
視聴URL: https://v2.nex-pro.com/campaign/MzQ4NjA%253D

トーク 2: 「がん個別化医療」というイノベーション
視聴URL: https://v2.nex-pro.com/campaign/MzQ4NjI%253D
 

会社概要
創立125周年を迎えたロシュグループは、ヘルスケア業界で革新を起こし続ける、世界有数のバイオテックカンパニーです。医薬品と診断薬を併せ持ち、健康・予防・診断・治療・予後のすべてのステージにおいて、医療従事者の皆さまと患者さんが最適な治療選択や意思決定をできるよう支援しています。

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社はロシュ診断薬事業部門の日本法人です。日本における診断薬事業は50年の経験と実績があり、2021年1月現在で従業員728人、全国8都市にオフィスを有し、体外診断用医薬品・医療機器事業、研究用試薬・機器事業などを幅広い領域で展開しています。診断の革新によりヘルスケアの未来を形づくり、人々がより健やかに、自分らしい人生を送れるようサポートすることを目指しています。
詳細は、http://www.roche-diagnostics.jpをご覧ください。

ロシュ創立125周年、日本における診断薬事業50周年記念特設ページ:
www.roche-diagnostics.jp/ja/about/roche_125.html
周年を記念して、日本における診断薬事業の歴史や、医療における検査の大切さを伝えるコンテンツを公開しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社 >
  3. AIとデータ活用で「ポストコロナ社会」と「がん個別化医療」を考える トークイベント開催報告、 登録不要でアーカイブ無料配信中