「大規模災害時における災害資機材等の提供に関する協定」を締結

ジーアイビー初 災害時 市民の不安解消と災害対応をより強固へ

全国にコインランドリーを展開する株式会社ジーアイビー(本社:名古屋市中区、代表取締役:鈴木 衛)は、2021年1月21日に愛知県西尾市と「大規模災害時における災害資機材の提供に関する協定」(以下、本協定)を締結したことをお知らせします。
全国にコインランドリーを展開する株式会社ジーアイビー(本社:名古屋市中区、代表取締役:鈴木 衛)は、2021年1月21日に愛知県西尾市と「大規模災害時における災害資機材の提供に関する協定」(以下、本協定)を締結したことをお知らせします。

具体的な本協定の内容は、「ブルースカイランドリードミー寺津店」において、災害が発生した場合や災害訓練時の相互の情報共有を図り円滑な資機材(LPガス発電機、ガス炊飯器、緊急災害時使用煮釜、ガス等)供給に協力するものです。

 

右:西尾市 中村 健 市長

左:株式会社ジーアイビー 代表取締役 鈴木 衛

締結式の中で
中村市長「災害が起こった時だけではなくて日頃の備えの一環として有効に活用させていただきたいと考えております。」
鈴木社長「何かこれをきっかけに色んな所が協力して地域の皆様に安心感を提供するという事ができないかという風に思っています。」とコメント。
行政と民間企業が災害時、市民の不安解消と災害対応をより強固にする事で防災減災の充実につながるよう思いを込め調印に臨みました。

■概要
ジーアイビーでは、普段の生活に役立つコインランドリーが、災害時には緊急の避難場所として活用できる災害対応型のコインランドリーを開発いたしました。近年、各地で大雨による災害が起き、大規模な停電も起きています。そういった災害による停電では、電源の確保も難しく、不安の中での生活を復旧までの間、余儀なくされます。

そんな時に、電源を確保できる場所があるのは被災者に安心を与えることができ、また同時に温かい食べ物を食べることができるのは、身も心も温めることができます。
本協定により、西尾市内で大規模災害が起きた場合、ジーアイビーではブルースカイランドリードミー寺津店で携帯電話ポータブル発電機や120人分の炊き出しができる大釜などを提供します。これにより、有事の際は緊急避難所として被災者の方への災害支援に努めます。

■協定の経緯
令和2年10月に災害対応型ランドリーをドミー寺津店に出店しました。その出店に伴い、災害対応型ランドリーが災害時に被災者の方が快適に過ごせる施設であることを西尾市に提案したところ、西尾市にもご賛同いただき今回の協定につながったものです。

■今後の展開について
現在、全国124店舗中、14店舗で災害対応型店舗を展開しています。2025年までに500店舗に増やす中、新規店舗はできるだけ災害対応型として出店する方針です。
ブルースカイランドリーでは、今後も様々な地域で災害時に被災者の方が少しでも安心・快適に過ごせるよう、行政との災害協定を締結していきたいと考えています。

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ジーアイビー >
  3. 「大規模災害時における災害資機材等の提供に関する協定」を締結