中堅企業DXアクセラレーションプログラムにおいて当社「不動産データ基盤プロジェクト」が入賞

デル・テクノロジーズ株式会社、奈良先端科学技術大学院大学主催

サンフロンティア不動産株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:齋藤 清一、東証1部 8934)デジタル化推進室が推進する「不動産データ基盤プロジェクト」が、第2回中堅企業DXアクセラレーションプログラムコンテストにおいて3位に入賞いたしましたのでお知らせいたします。
中堅企業DXアクセラレーションプログラム(https://delltech-dx-a.oatnd.com/DXAP)は、デル・テクノロジーズ株式会社(以下、デル・テクノロジーズ)と奈良先端科学技術大学院大学(以下、奈良先端大)が主催する、DXの実践に向けた総合支援を提供するコンテストです。第2回目となる本年は、AI・VR/AR(with 5G)・Edge Computingを活用した業務効率化・コスト削減・売上拡大などのビジネスプランを「実現可能性」「新規性/優位性」「継続性」「発展性」「経済性」の観点で評価し、総合得点を競いました。1位~3位の上位入賞者および協賛各社による特別賞受賞者は、奈良先端大研究員によるビジネスプラン実装・定着化支援、ならびに、デル・テクノロジーズと協賛各社からのインフラ支援を受けながら、1年後のビジネスプラン実現を目指します。

今般入賞の運びとなりました当社「不動産データ基盤プロジェクト」は、今期新設したデジタル化推進室を主幹とし、従来の属人的なビジネスモデルからデータドリブン経営へとシフトすることを目指した取り組みです。東京都心5区を事業ドメインとする当社のオフィスビル事業戦略をさらに深化・伸長させるためには、独自に保有するデータの積極的な利活用により、お客様のお困りごとの早期解決や潜在的ニーズを捉えることが重要です。当社は本プログラムの支援を得て、AIを利用した深度の高いデータ解析と可視化、ならびに予測分析機能等を実装するシステムとして進化させてまいります。
 
  • サンフロンティア不動産株式会社

 

サンフロンティア不動産株式会社は、東京都心部における中小型オフィスビルの再生と活用を中核とした事業を展開しております。「利を求むるに非ず、信任を求むるにあり」「お客様視点を貫き、お困りごとを解決する、期待以上で応える!」という事業方針のもと、ビルの仕入から企画・開発、テナント入居、そして販売とその後のサポートに至るまで一貫した不動産サービスを通じ、“世界一お客様に愛され、選んでいただける不動産会社”を目指しております。 

【会社概要】
会社名:サンフロンティア不動産株式会社
代表取締役社長:齋藤 清一
設立:1999年4月
URL:https://www.sunfrt.co.jp/



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. サンフロンティア不動産株式会社 >
  3. 中堅企業DXアクセラレーションプログラムにおいて当社「不動産データ基盤プロジェクト」が入賞