UDP-203ファームウェアアップデートのご案内

話題のUHD BDプレーヤーがファームウェアアップデートで機能強化&安定性向上

OPPO Digital Japan 株式会社(本社:東京都港区)は,UHD BDプレーヤーUDP-203につき,さらなる品質向上を目的としてファームウェアのアップデートを実施いたしました。今後とも,当社製品をご愛用賜りますようお願い申し上げます。

機能追加の概要
* 内容は2017年1月22日現在のものであり,変更される場合があります。

今回のファームウェアアップデートについての重要なご案内
  1. 本ファームウェアを適用する場合,過去にリリースされた正式版およびベータ版のファームウェアに書き戻すことができなくなります。本ファームウェアを適用しても,将来の正式版およびベータ版のファームウェア適用に支障はありません。通常の利用において,お客様が過去のファームウェアに戻す必要は一切ございませんので,OPPO Digital社製品をお使いの際は常に最新のファームウェアをお使い頂きますようお願い申し上げます。
  2. メジャーバージョンのファームウェアアップデートを適用する場合,ファームウェアアップデート後に工場出荷時にリセットする必要があります。ファームウェアアップデート後にリセットしないでご利用になると,不安定な状態となり正常な動作になりません。諸設定についてファームウェアをインストールする前にメモ等に書き留めていただき,ボリューム値を含めた諸設定を行ってからメディアを再生してください。
  3. 本ファームウェアはJP仕様独自のファームウェアとなります。US仕様/EU仕様のBDプレーヤー製品には搭載されません。

機能追加の内容
  1. フレームレートを60Hzに設定していた場合に,ホームメニューが固定にされてしまう問題を修正しました。
  2. HDCP2.2に対応するAVアンプおよびHDCP2.2に対応しない古いタイプのディスプレイと接続した場合に,HDCP2.2のネゴシエーションに失敗する問題を修正しました。
  3. 特定のUHD BDタイトルにおいて,レジューム再生を行った場合に,画面が黒く表示されてしまう問題を修正しました。
  4. フレームレートを24Hzに設定していた場合に,UHD BDディスク,Blu-rayディスク,DVDディスクを取り出すと画面がちらつくことがある問題を修正しました。
  5. SACD再生時に画面が突然ホームメニューに戻ってしまう問題を修正しました。
  6. ディスクローダーの動作を改善し,ディスク再生の互換性と回転速度の調整を行いました。
  7. Serviio serverとの組み合わせで使用した場合に,プレーヤーが音楽ファイルを認識できなくなる問題を修正しました。
  8. UDP-203において,RS-232コマンド「#SRC」が動作しない問題を修正しました。
  9. リモコンのレゾリューション・ボタンを3秒以上長押しすることで,プレーヤーの出力解像度,HDR設定,カラースペース設定,色深度設定を工場出荷時にリセットする機能を追加しました。
  10. 音楽ファイルのギャップレス再生機能を改善しました。
  11. ホームメニューのラップアラウンド表示(メニュー項目の最後に達したあと最初に戻る機能)に対応しました。
  12. (実験的な機能である)メタデータ除去機能を使用した場合に,映像に発生する滲みを改善しました。メタデータ除去機能を使用した場合,黒のレベルは非常に低い状態で固定されますのでご注意ください。

過去のファームウェアで追加された全ての機能と改善点は本バージョンに搭載済みです。

以上

<会社概要>
OPPO Digital Japan 株式会社
〒107-0062 東京都港区南青山2 丁目11 番13 号
代表番号:03-6206-4712
FAX 番号:03-6779-5481
Web サイト:http://www.oppodigital.jp/
オンラインショッピングサイト:http://store.oppodigital.jp/
  1. プレスリリース >
  2. OPPO Digital Japan株式会社 >
  3. UDP-203ファームウェアアップデートのご案内