中国トップクラスのサーバー メーカー、クラウド コンピューティングに NVIDIA の AI デザインを採用

Huawei、Inspur、Lenovo が、データセンター用 AI システムの構築にNVIDIA Volta HGX アーキテクチャを選択

中国・北京 — GTC China — (2017 年 9 月 26 日) — NVIDIA (NASDAQ: NVDA) は、Huawei、Inspur、Lenovo といった中国の大手 OEM (Original Equipment Manufacturer) が、ハイパースケール データセンターに対応する Volta ベースのアクセラレーテッド システムの提供を目指し、NVIDIA® HGX リファレンス アーキテクチャの採用を進めていることを発表しました。
 
NVIDIA は、NVIDIA HGX パートナー プログラムを通じて、各 OEM にデータ センター向けの NVIDIA HGX リファレンス アーキテクチャ、NVIDIA GPU コンピューティング テクノロジ、デザイン ガイドラインの早期アクセスを提供しています。HGX は、Microsoft の Project Olympus の取り組み、Facebook の Big Basin システム (英語)、NVIDIA DGX-1™ AI スーパーコンピューターで利用されているものと同じデータ センター向けデザインです。

HGX をスターター向けの「レシピ」として利用する OEM パートナーや ODM (Original Design Manufacturer) パートナーは、NVIDIA との連携を通じて、ハイパースケール データセンター向けの条件を満たす、さまざまな GPU アクセラレーテッド AI システムをより迅速に設計し、市場化できるため、AI クラウド コンピューティングに対する業界での需要の高まりに対応できます。

市場に投入される新しい HGX サーバー デザイン (8 基の NVIDIA Tesla® V100 GPU アクセラレータを NVIDIA NVLink™ インターコネクト テクノロジによりキューブ メッシュ接続) には、Lenovo の HG690X と HG695X、Inspur の AGX-2 (2U、8 GPU)、Huawei の G シリーズ ヘテロジニアス サーバーが含まれます。

従来型の 3 倍のパフォーマンスを実現する NVIDIA Volta アーキテクチャ ベースの GPU により、メーカーは市場の需要に対して、NVIDIA の最新テクノロジに基づく新しい製品を提供できます。

NVIDIA のアクセラレーテッド コンピューティング担当ゼネラル マネージャーであるイアン・バック (Ian Buck) は、次のように述べています。「人工知能の能力を利用する企業の増加に伴い、データセンターでのアクセラレーテッド コンピューティングに対する需要も高まる一方です。当社の新しい Volta ベースの HGX デザインが、AI のトレーニングや推論における非常に厳しい要件に対応できる、きわめて高速な、エネルギー効率に優れたデータ センターの基準を打ち立てるでしょう。」

ワークロードのニーズに合わせて高度に設定を変更できる HGX は、ハイパフォーマンス コンピューティングのほか、ディープラーニングのトレーニングや推論向けに、さまざまな方法で GPU と CPU を容易に組み合わせることができます。

標準の HGX デザイン アーキテクチャは、SXM2 フォーム ファクター内に NVIDIA Tesla GPU アクセラレータを 8 基搭載し、これらのアクセラレータは、NVIDIA NVLink 高速インターコネクトと最適化された PCIe トポロジを利用してキューブ メッシュ内で接続されています。モジュール デザインによる HGX の筐体は、必要に応じてハイパースケールの CPU ノードを利用して、世界中の既存のデータ センターにあるラックへの展開に適しています。

業界での Volta HGX プラットフォームのサポート
「NVIDIA は、人工知能とアクセラレーテッド コンピューティング テクノロジの分野で世界をリードするプロバイダーです。Inspur では、長年、ディープラーニングと AI コンピューティング システムの研究開発に重点を置いており、今年 5 月には Inspur と NVIDIA が共同で、NVIDIA Tesla V100 GPU と NVLink 高速インターコネクト テクノロジを採用した HGX ベースのシステムをリリースしました。このシステムは、科学研究やエンジニアリングにおけるハイパフォーマンス コンピューティングの電力消費効率を高め、スループットを最大限に引き出すために設計されており、AI コンピューティングを次のレベルに引き上げます。」
— Inspur Group、バイス プレジデント、レイジュン・ヒュー (Leijun Hu) 氏

「NVIDIA HGX アーキテクチャは、並外れた機能とエネルギー効率を備えています。コンピューティングと接続における Huawei の強みと組み合わせることで、AI 能力を搭載した優れたコンピューティング ソリューションを提供できます。」
— Huawei、IT Server Product Line 担当バイス プレジデント、ウー・ザン (Wu Zhan) 氏

「新しい AI ワークロードによって、ハイパフォーマンスの柔軟なデータセンター アーキテクチャに対する強い需要が生まれています。NVIDIA HGX のモジュール デザインは、それらの新しい AI ワークロードに適したクラス最高のパフォーマンスを備えています。Volta HGX デザインを利用することで、お客様のニーズを満たしながら、省エネルギー化を実現できるでしょう。」
— Lenovo、グローバル ハイパースケール部門担当バイス・プレジデント兼ゼネラル マネージャー、ポール・ジュー (Paul Ju) 氏

また、NVIDIA は、Alibaba、Baidu、Tencent が、自社のデータセンターやクラウドサービス インフラストラクチャに対して、新しい Volta アーキテクチャベースの NVIDIA Tesla V100 GPU アクセラレータの採用を進めていることも発表しました。

NVIDIAについて
NVIDIAが 1999 年に開発した GPU は、PC ゲーム市場の成長に拍車をかけ、現代のコンピューターグラフィックスを再定義し、並列コンピューティングを一変させました。最近では、GPUディープラーニングが最新のAI、つまりコンピューティングの新時代の火付け役となり、世界を認知して理解できるコンピューター、ロボット、自動運転車の脳の役割をGPUが果たすまでになりました。今日、NVIDIAは「AIコンピューティングカンパニー」として知名度を上げています。詳しい情報は、http://www.nvidia.co.jp/ をご覧ください。

NVIDIAについての最新情報:
プレスリリース:http://www.nvidia.co.jp/page/newsandevents.html
ブログ:https://blogs.nvidia.co.jp/
Facebook: https://ja-jp.facebook.com/NVIDIAJapan/ 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NVIDIA >
  3. 中国トップクラスのサーバー メーカー、クラウド コンピューティングに NVIDIA の AI デザインを採用