クリスマスにまだ間に合う!祝祭の食卓にもぴったりなチーズのアイデアが満載    「フレンチチーズタウン2021 in 二子玉川ライズ」開催のご報告 

2022年は「#どこでもチーズ」な1年に乞うご期待!

ヨーロッパ連合ならびに、CNIEL(フランス全国酪農経済センター)は、共同キャンペーンとして、2021年11月12日(金)~11月23日(火・祝)で「フレンチチーズタウン 2021 in 二子玉川ライズ」を開催した。
「チーズの故郷、 ヨーロッパ、いつでも、どこでも、食べ方いろいろ」 #チーズはやっぱりフランスでしょ がテーマの3ヵ年キャンペーン。


ヨーロッパとりわけフランスから届く本場のチーズを、日本の消費者に、「ご家庭でも、レストランでも、朝食に、おやつに、いろいろな食べ方で親しんでほしい」と展開している3ヵ年の2年目を締めくくる消費者向けイベント「フレンチチーズタウン」を、クリスマスツリーに彩られた二子玉川ライズ ガレリアで開催した。
2年目の今年は、「#いつでもチーズ」をテーマに様々なセミナーやトークショーが繰り広げられた。
  • クリスマスに楽しみたいチーズのアイデアも。「#いつでもチーズ」な1日を彩るチーズとドリンクのペアリング。
消費者向けイベントに先立ち行われた、プレス向けトークショーでは、二子玉川でチーズ専門料理店を営む谷田浩巳さんを迎えたトークショーを行い、フランスチーズ通もうなるペアリングの提案を行った。


■朝ごはんに簡単!海苔に似た玉露の佃煮とチーズ「ボーフォール」のおにぎり(写真①左下)
■ブランチやアペロ「蟹とコンテ、ココナッツ風味のケークサレ」とは、ヴァン・ジョーヌなど酸化熟成したニュアンスがあるワインやマロラクティック発酵したシャルドネなどと合わせて。(写真①左上)
■干し芋と「ブルー・ドーヴェルニュ」で冬のほっこりおやつタイムには、ほうじ茶の香りを移したラム。
■クリスマスに、「エポワスチーズ」と鴨のタルティーヌ。18日に解禁したばかりのボジョレー・ヌーヴォーと合わせて。


紹介されたペアリングには、キャップシールでアートを創る活動も行うアーティストでもある谷田浩巳オーナーソムリエ自らのアーティスティックなデッサンが添えられた。
参考:「バール ア フロマージュ スーヴォワル」 〒158-0094東京都世田谷区玉川4-5-6 尾嶋ビル1F 
  • ホームパーティーで注目を集めたいなら「チーズアシェット」、クリスマスにぴったりな3品を動画で紹介。
今年は「#いつでもチーズ」のトークショーを2つ開催したが、(1つは、自転車ロードレースの元日本代表の木下智弘さんと行った「フランス魅惑のテロワールと郷土のチーズ」)クリスマスシーズンにすぐにでも試したい「チーズアシェット」のレシピをチーズプロフェッショナルで、料理研究家の小野孝予さんがデモンストレーションを交えて紹介、これからの季節、ホムパに、クリパ、ゲストにあっと言わせる美味しいチーズアシェットのコツを学んだ。
当日配信した「インスタグラム・ライブのノーカット版の映像」はこちらのリンクはこちらから。
https://youtu.be/r-g6WYhh-ZA
  1. 赤ピーマンのタルティフレット風フランス・サヴォワ地方の郷土料理「タルティフレット」を、赤ピーマンに詰めて再現。熱々でも、冷めてもおいしいレシピ!
  2. きゅうりとチーズのツリーピンチョスエメンタールチーズと、ミモレットを使用。スライスしたきゅうりをクリスマスツリー風にデコレーション!
  3. ブリア・サヴァランのトリュフ香るマッシュルームペーストサンド:レアチーズケーキのようなチーズとサヴァラン・フレブリア、マッシュルームペーストがマッチ。

どれも食卓を華やかに飾る品々であること間違いないと、参加者も写真撮影など積極的に参加した。
  • フランス産チーズをたっぷり使った至福の8つのスペシャルなクリスマスメニューであったかクリスマス。
フレンチチーズタウン2021の開催を記念して、二子玉川ライズ S.C.のシェフたちが腕を振るいフランス産チーズをたっぷり使ったメニューを展開したレストランウィークは、合計12日間開催されのべ700皿を超える販売となった。メイン会場のガレリアに面した店舗で販売された和牛と黒豚のとろ~りカマンベールチーズハンバーグステーキや、クリームチーズ入り牛肉辛口梅蘭やきそばなどユニークなチーズメニューが数多く誕生した。

 
  • 「食べて学ぼう!朝も、昼も、夜も楽しみたいフランス産チーズ5種」
チーズプロフェッショナル(C.P.A)の講師が、厳選したフランス産チーズ5種を、初心者にもわかりやすくシンプルな説明を聞きながらテイスティング。全回、事前予約で満席となる人気の講習となった。満足度は、全参加者のアンケートによると、平均値8.9点、大好評のうちに幕を閉じた。 「いつもは食べられないチーズがたっぷりと楽しめた」「説明が詳しく、実践的」などの好意的な意見が多数を占めた。

  • フレンチチーズキッチン号でのサンプリングも大盛況、2000人分の無料試食も毎回短時間で完売に!
 週末は、「フランス産チーズの3種食べ比べ」プレートを無料で配布。毎回組み合わせが変わるフランス産チーズを家族連れや友人同士など楽しむ様子が印象的だった。 「無料で美味しいチーズをいただけて満足」。「配布されたリーフレットも内容が充実していた」などの感想が寄せられた。会場では、フランス産チーズをもっと身近に感じていただける、パネル展で、クリスマスプレゼント企画も行われ、多数の応募があった。商品は、1万円相当のチーズや、チーズ関連のグッズなど18名、当選は来る11日、発送をもって、発表となる。

  • 来年も1年を通じてコミュニケーションキャンペーンを展開、テーマは「#どこでもチーズ」
「#どこでもチーズ」と聞いて、皆さんはどんなことを思い浮かべるでしょうか?
チーズを食べるのは、おうちで?レストランで?海やキャンプなどのアウトドアシーンで?お気に入りのチーズ店で買う?それとも身近なコンビニエンスストアやオンラインでショッピング?様々な「#どこでもチーズ」な、アプローチで来年も皆様にフランス産チーズを親しんでいただけるように企画してまいります。2022年も、どうぞご期待ください。

【フレンチチーズタウン 2021 in 二子玉川 開催概要】
開催期間:2021年11月12日(金)~23日(火・祝)
イベント開催:2021年11月19日(金)~21日(日)二子玉川ライズ ガレリア
レストランウィーク開催:2021年11月12日(金)~23日(火・祝) 二子玉川ライズ S.C.内8店舗
場所: 二子玉川ライズ ガレリア / 二子玉川ライズS.C.|主催: ヨーロッパ連合、およびCNIEL(フランス全国酪農経済センター) | 協力: 二子玉川ライズ 
イベント公式HP:http://cheesetown.localinfo.jp/

【キャンペーン公式 SNSアカウント】
http://instagram.com/homeofcheese_jp
https://www.facebook.com/homeofcheeseJP/
投稿は、@homeofcheese_jpをタグ付け、また#いつでもチーズをつけてお願いします。

【CNIEL について】
CNIEL (フランス全国酪農経済センター) は、国内の酪農家、および乳業メーカーが加盟する非営利団体であり、国内外で以下の活動を行っています。
1 酪農業界の経済動向、および乳製品が健康に与える影響に関するリサーチ
2 チーズを中心としたフランス乳業製品の良質なイメージの促進と消費拡大のための広報活動

 
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Cniel >
  3. クリスマスにまだ間に合う!祝祭の食卓にもぴったりなチーズのアイデアが満載    「フレンチチーズタウン2021 in 二子玉川ライズ」開催のご報告