“パラアスリートたちの息づかいと、パラスポーツの興奮”に写真と映像で迫る写真展「PARA ATHLETE」を開催

蜷川実花氏が監修するGO Journal掲載写真なども展示 会期:2019年6月6日(木)~7月17日(水) 会場:キヤノンギャラリー S(東京都港区)、入場無料

この度、公益財団法人日本財団パラリンピックサポートセンター(以下、パラサポ)は、2019年6月6日(木)~7月17日(水)キヤノンギャラリー S(東京都港区)にて、写真展「PARA ATHLETE ~パラアスリートたちの息づかいと、パラスポーツの興奮~」を開催します。

会場は、蜷川実花氏が監修するパラスポーツと未来を突き動かすグラフィックマガジン「GO Journal (ゴージャーナル)」に掲載した写真を大判で魅せる、写真展ならではの迫力の展示に始まり、世界で3番目に大きなスポーツイベントとなったパラリンピックの舞台だからこそ生まれる輝きをとらえた報道写真、世界のスーパーアスリートが語るIPC(国際パラリンピック委員会)とWOWOWの共同プロジェクト、パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ「WHO I AM」を上映するミニシアターで構成。写真と競技用具で東京2020パラリンピックの22競技も紹介し、パラアスリートとパラスポーツの魅力を伝えます。​

=記=
PARA ATHLETE
パラアスリートたちの息づかいと、パラスポーツの興奮
会期:2019年6月6日(木)~7月17日(水) 10時~17時30分
   ※日曜・祝日休館、入場無料
会場:キヤノンギャラリー S
(東京都港区港南2-16-6 キヤノン S タワー 1F / TEL. 03-6719-9021)
主催:公益財団法人日本財団パラリンピックサポートセンター
後援:公益財団法人日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会
構成:
①「GO Journal」
蜷川実花氏が監修する同名グラフィックマガジンより
http://www.parasapo.tokyo/gojournal/
②報道写真
ロンドン2012パラリンピック、リオ2016パラリンピックより
③パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ「WHO I AM」 ミニシアター
IPC(国際パラリンピック委員会)とWOWOWの共同プロジェクト
https://www.wowow.co.jp/sports/whoiam/
④東京2020パラリンピック競技紹介
写真と義足等の展示で全22競技を紹介

■パラサポとは  
https://www.parasapo.tokyo/parasapo

パラサポは、2015年5月、日本財団の支援により設立されました。2020年東京パラリンピック大会およびパラリンピックスポーツ環境の発展のため、パラリンピック競技団体の体制整備、パラスポーツの普及啓発事業、そして、インクルーシブ社会の実現へ向けた事業を展開しています。
日本財団ビル4階(東京都港区赤坂)には、パラリンピック競技団体、関係団体が入居・利用する共同オフィスを設け、団体間のコミュニケーションを促進する垣根のない開かれた場とユニバーサルデザインを徹底した空間を、競技団体、関連団体、スタッフ、パラアスリートと共有しています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人 日本財団パラリンピックサポートセンター >
  3. “パラアスリートたちの息づかいと、パラスポーツの興奮”に写真と映像で迫る写真展「PARA ATHLETE」を開催