ソニーが米国アカデミー賞へのパスポートとなる国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」のオフィシャルコンペティションを2021年度もサポート!

~さらなる可能性を広げる「スマートフォン 映画作品部門」を新たに始動~

 ソニー株式会社(以下、ソニー)は、米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(以下:SSFF & ASIA)」が2020年8月1日(土)より作品募集を開始する、2021年度の「オフィシャルコンペティション(インターナショナル部門、アジア インターナショナル部門、ジャパン部門)」を、今年度に続きサポートします。これは、次世代のクリエイターの育成を通じて新たな感動の創出を推進する活動プラットフォーム「Sony Creators Gate(ソニークリエイターズゲート)」の取り組みの一環で、これからの映像文化や潮流を生み出すクリエイターの登竜門として支援することを目的としています。
 また、今回から新たに、「スマートフォン 映画作品部門 supported by Sony」が始動。スマートフォンで撮影した25分以内のショートフィルムを世界から公募します。本部門は、スマートフォン Xperia™ を展開するソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社(以下、ソニーモバイル)が、クリエイターの表現の幅とチャレンジの機会をさらに広げ、スマートフォンならではの新しい映像クリエイティブの創出を目的としてサポートします。

 そして、2020年9月に開催のSSFF & ASIA 2020では、ソニーとソニーモバイルが共同で、新しい映像文化や潮流を次世代クリエイターと一緒に探求する「Creators’ Junction partnered with Xperia™」のイベントを9月28日(月)に実施します。『萌の朱雀』『あん』などの代表作をもつ映画監督の河瀨直美さんやスペシャルゲストを迎え、映画祭代表である別所哲也さんがモデレーターとして、ニューノーマル時代の映像クリエイティブの在り方やスマートフォンでの映画制作の可能性など、これからの作品応募に向けたヒントに迫るトークセッションを展開します。

<「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2021」プロジェクト概要>
■米国アカデミー賞へのパスポートとなる「オフィシャルコンペティション」を2020年度に続きサポート。


 世界中のクリエイターが参加する国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2021」のオフィシャルコンペティション(インターナショナル部門、アジア インターナショナル部門、ジャパン部門)をサポートします。米国アカデミー賞短編部門へのパスポートとなるこのアワードを、これからの新しい映像文化や潮流を生み出す次世代クリエイターの登竜門として支援していきます。

本プロジェクト特設サイト: https://www.shortshorts.org/sony/

■さらなる可能性を広げる「スマートフォン 映画作品部門」が新たに始動!

 今回から新たに、「スマートフォン 映画作品部門 supported by Sony」が始動。スマートフォンで撮影した25分以内のショートフィルムを世界公募いたします。本部門は、スマートフォン Xperia™ を展開するソニーモバイルが、クリエイターの表現の幅とチャレンジの機会をさらに広げ、スマートフォンならではの新しい映像クリエイティブの創出を目的としてサポートします。
※スマートフォン映画作品部門の応募に際してはスマートフォンの撮影機器は問いません。

【最新Xperia™について】
 最新のフラッグシップスマートフォン「Xperia 1 II」には、映画の撮影現場などで広く使われているソニーのCineAltaカメラ「VENICE」などを手掛けるチームが監修したシネマ撮影専用機能「Cinematography Pro」を搭載。CineAltaカメラで培ったノウハウを色相や画作りに反映したLook、24コマ/秒などの4K 10bit HDR撮影、ホワイトバランスのカスタム設定や露出表示機能などを用いて、映画のような質感や色表現でクリエイティブな撮影体験を楽しめます。
詳細はこちらより。https://www.sonymobile.co.jp/xperia/xperia1m2/

■SSFF & ASIA 2021 募集概要
・募集期間:2020年8月1日(土)00:00より開始 ※応募締切は各部門によって異なります。
・応募方法・応募に関する詳細: SSFF & ASIA 2021作品募集ページを参照ください。
・発表方法:2021年4月末までに、ウェブサイトにて上映作品を発表予定。
SSFF & ASIA 2021作品募集ページ: https://www.shortshorts.org/ja/creators/

<Creators’ Junction partnered with Xperia™  概要>

 

ニューノーマル時代の映像クリエイティブの在り方やスマートフォンでの映画制作の可能性など、これからの作品応募に向けたヒントに迫るトークセッションを展開。

・開催日時:2020年9月28日(月)20:00スタート予定
・出演者:映画監督 河瀨直美さん、映画祭代表 別所哲也さん(モデレーター)、他スペシャルゲスト
・参加方法:イベントの模様はオンラインで配信予定。
 2020年8月15日(土)14:00 より視聴URLを公開いたします。
・Creators’ Junction partnered with Xperia™
 特設サイト: https://www.shortshorts.org/sony/creatorsjunction/
※追加ゲストやイベントの詳細は後日に特設サイトにて発表予定

【登壇者プロフィール】

河瀨 直美(かわせ なおみ)

生まれ育った奈良を拠点に映画を創り続ける。一貫した「リアリティ」の追求はドキュメンタリー、フィクションの域を越えて、カンヌ映画祭をはじめ、世界各国の映画祭での受賞多数。代表作は『萌の朱雀』『殯の森』『2つ目の窓』『あん』『光』など。世界に表現活動の場を広げながらも故郷奈良にて、2010年から「なら国際映画祭」を立ち上げ、後進の育成にも力を入れる。2025年大阪・関西万博のプロデューサー、シニアアドバイザーに就任。最新作『朝が来る』は、Cannes 2020 オフィシャルセレクションに選出され、10月23日より全国公開。映画監督の他、CM演出、エッセイ執筆などジャンルにこだわらず表現活動を続ける。
 


別所 哲也(べっしょ てつや)

90年、日米合作映画『クライシス2050』でハリウッドデビュー。その後、映画・ドラマ・舞台・ラジオ等で幅広く活躍中。「レ・ミゼラブル」、「ミス・サイゴン」などの舞台に出演。99年より、日本発の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル」を主宰し、文化庁長官表彰受賞。観光庁「VISIT JAPAN 大使」、映画倫理委員会委員、外務省「ジャパン・ハウス」有識者諮問会議メンバーに就任。内閣府・世界で活躍し『日本』を発信する日本人の一人に選出。第1回岩谷時子賞奨励賞受賞。第63回横浜文化賞受賞。



■ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2020 概要
・映画祭代表:別所 哲也
・フェスティバルアンバサダー:LiLiCo(映画コメンテーター)
・開催期間:9月16日(水)~9月27日(日) ※オンライン会場は8月1日(土)よりオープン
・上映会場:オンライン会場および表参道ヒルズ スペースオー、iTSCOM STUDIO & HALL二子玉川ライズ、
      渋谷ストリーム TORQUE SPICE & HERB,TABLE & COURT、
      赤坂インターシティコンファレンス、the AIR含む都内複数の会場にて
       ※開催期間は各会場によって異なります
・料金:無料上映 / 無料配信 ※一部、有料イベントあり(予定) ※8月15日(土)より予約開始
SSFF & ASIA 2020オフィシャルサイト: https://www.shortshorts.org/2020

【Sony Creators Gateについて】
 
ソニーは、多様なバックグラウンドや経験を持ち、新しい価値を創造する人を「クリエイター」と捉えています。そして、次世代を担うクリエイターのアイデアが世の中の人々のクリエイティビティに力を与え、新たなアイデアの創出につながることで、夢や好奇心と、感動に満ちた世界を実現できると信じています。「Sony Creators Gate」は、次世代のクリエイターに将来的な飛躍へのきっかけとなるような刺激的な機会を提供したいという思いから、これまでに、24歳以下の世代を対象とした「U24 CO-CHALLENGE 2020(ユーニジュウヨン コーチャレンジ ニーゼロニーゼロ)」、中学・高校生を対象とする「ENTERTAINMENT CAMP(エンタテインメントキャンプ)」、小学生を対象とする「STEAM Studio(スティームスタジオ)」の3つのプログラムを実施してきました。また新しいプロジェクトとして「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」と「Trojan Horse was a Unicorn」との取り組みを加え、その活動を広げています。
ソニーのPurpose(存在意義)は、「クリエイティビティとテクノロジーの力で、世界を感動で満たす」ことです。Sony Creators Gateの活動を通じて、次世代のクリエイターが創造力や表現力を発揮できる環境作りを支援していきます。
 Sony Creators Gate公式サイト: https://www.sony.co.jp/creatorsgate/

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ソニー株式会社 >
  3. ソニーが米国アカデミー賞へのパスポートとなる国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」のオフィシャルコンペティションを2021年度もサポート!