参加事業者を募集!海ごみ削減を実現するビジネスを生み出す「プロジェクト・イッカク」

応募期日: 7月31日(水)(23:59まで)

日本財団は、一般社団法人日本先端科学技術教育人材研究開発機構(以下、JASTO)および株式会社リバネスと共に、海洋ごみ削減実現を目指す「プロジェクト・イッカク」を立ち上げ、参加事業者を募集します。
募集テーマは、①海洋ごみ削減につながるテクノロジーの研究や調査、②経済性も伴う海洋ごみ削減の事業構想、③新しいテクノロジーを実現する試作品開発とクリエイティブデザインの3つ。対象はベンチャー企業を中心に、大学、中小企業、町工場などを想定していますが、業種や事業分野は問いません。書類選考と面談による事前審査を通過した申請者から新たなチームを形成し、そのチームで事業化に最適な研究開発・事業化計画を検討します。その後、改めてチームで本申請を行います。

採択チームには、総額1.5億円(複数件採択)の研究開発費に加え、事業化やパートナー獲得支援などの多面的な支援を行う予定です。本プロジェクトを通し、海洋ごみ削減の技術や事業を開発し、国内だけではなく海外でも展開できる「海ごみ削減を実現するビジネス」の社会実装を目指します。
  • 海洋ごみ削減を目指す「プロジェクト・イッカク」募集要項
■募集概要
応募期日: 7月31日(水)(23:59まで)
応募対象:ベンチャー企業、中小企業、大学教員・国立系研究所研究員、町工場、デザイナー 等
応募方法:プロジェクト・イッカクのwebサイト(https://ikkaku.lne.st/)より申請
募集テーマ:①SCIENCE&TECHNOLOGY 海ごみ削減につながるテクノロジーの研究や調査
      ②BUSINESS IDEA     経済性も伴う海ごみ削減の事業の構想
      ③CREATIVE&CRAFT    新しいテクノロジーのための試作品開発・デザイン
採択内容:1チームあたり3~6社での構成を想定し総額1.5億円の研究開発費を支給(複数件採択)
※採択チームはJASTO及びリバネスと協定を締結した上で、事業開発を行う

■スケジュール
WEB申請                     2019年7月31日 (23:59まで)
事前審査通過者向けワークショップ         2019年9月1日(キックオフイベント)
                                                           2019年10月19日(チーム形成ワークショップ)
チーム形成期間※             2019年9月1日~10月19日
チーム申請・ブラッシュアップ期間     2019年10月19日~31日
採択チーム決定・研究費支給開始      2019年11月末~12月
※ 必要に応じてプロジェクト運営側で応募者同士のチーム形成を行うこともあります
         
■プロジェクト・イッカクについて

日本財団は、国民の一人ひとりが海洋ごみの問題を自分事化し、“これ以上海にごみを出さない”という社会全体の意識を高めるため、産官学民が協力し合う取り組み「CHANGE FORTHE BLUE (チェンジ・フォー・ザ・ブルー)」を推進しています。本プロジェクトはその一環として、機動力の高いベンチャー企業を主体として、分野横断型のチームを形成して新しい技術コンセプトの打ち出し、プロトタイプの開発を行い、海ごみ削減につながる新しいビジネスの創出を目指します。
公式webサイト(https://ikkaku.lne.st/)

<リリースに関するお問い合わせ先>
日本財団 広報チーム 坂本
E-mail: pr@ps.nippon-foundation.or.jp
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人 日本財団 >
  3. 参加事業者を募集!海ごみ削減を実現するビジネスを生み出す「プロジェクト・イッカク」