IHジャー炊飯器「ふっくら御膳」を発売

京の米老舗 八代目儀兵衛の「外硬内軟(がいこうないなん)」のおいしさをめざして、日立独自の「極上ひと粒炊き」を新開発

日立グローバルライフソリューションズ株式会社(取締役社長:谷口 潤)は、IHジャー炊飯器「ふっくら御膳」RZ-W100CMを7月6日から発売します。
本製品は、京の米老舗 八代目儀兵衛の「外硬内軟」のおいしさをめざして、ごはんひと粒ひと粒を丁寧に炊き上げる日立独自の炊飯方式「極上ひと粒炊き」を新開発しました。
京の米老舗 八代目儀兵衛は、京都で代々続く老舗米屋で、先代より受け継がれた技によりおいしいごはんを提供する、数多くの食通が認める銘店です。

 

 


■新製品の開発背景
当社が行った炊飯器のお客様調査によると、購入時に期待したこととして、「よりおいしいごはんが食べたい」、「お手入れのしやすさ」、「使いやすさ」といった点が上位にあがりました。
そこで今回、さらなるおいしさをめざして炊飯方式を見直すとともに、お手入れや使いやすさに配慮したIHジャー炊飯器を提案します。

 

■新製品の主な特長<IHジャー炊飯器「ふっくら御膳」RZ-W100CM>
1. ひと粒ひと粒を丁寧に「外硬内軟」のおいしさに炊き上げる、日立独自の「極上ひと粒炊き」(*1)【New】
京の米老舗 八代目儀兵衛が理想とする「ひと粒ひと粒しっかりとした食感で、かむと甘みが広がる外硬内軟のおいしさ」をめざし、日立独自の「極上ひと粒炊き」を新たに開発しました。最高1.3気圧の圧力と最高107℃の高温スチームで、ごはんひと粒ひと粒を丁寧に炊き上げます。

2. 日立独自の大火力を引き出す内釜「大火力 沸騰鉄釜」【New】
新開発した日立独自の内釜「大火力 沸騰鉄釜」は、発熱性の高い鉄と、伝熱性の高いアルミを採用するとともに、内釜底面に凸形状を設けることで効率よく発熱します。これにより、ごはんひと粒ひと粒に大火力の熱を伝えて、おいしく炊き上げます。

3. 置き場所に困らない「蒸気カット」(*2)

炊飯中の蒸気がほとんど出ないから、スライド式の棚の中でも使えるので、置き場所に困らず便利です。

 

なお、本製品に加え、日立独自の「極上ひと粒炊き」を採用したIHジャー炊飯器「ふっくら御膳」シリーズとして、RZ-V100CMを同時発売します。

 

(*1) 当社調べ。「白米・極上ふつう」コース炊飯時。消費電力量、炊飯時間は出荷時設定コース「エコ炊飯」より増加します。
(*2) 当社調べ。RZ-W100CM:炊き方「白米・極上ふつう」コース0.54L(3合)炊飯時、標準水量0.58L(580mL)に対して排出蒸気量5.8mL(約1%)。炊飯コースや周囲環境などによって排出蒸気量や見え方は異なります。

 

■型式および発売日

■需要動向
2019年度のIH炊飯器の需要は、約399万台(前年比100%)と堅調に推移する見込みです(当社調べ)。

 

■ニュースリリース全文はこちら

http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2019/05/0515.pdf

 

■お客様お問い合わせ先
お客様相談センター
電話0120-3121-11(フリーコール) ※携帯電話・PHSから050-3155-1111(有料)
受付時間9:00~17:30(月~土)、9:00~17:00(日・祝日) ※年末年始を除く

■炊飯器ホームページ
https://kadenfan.hitachi.co.jp/kitchen/

 

以上

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日立グローバルライフソリューションズ株式会社 >
  3. IHジャー炊飯器「ふっくら御膳」を発売