Akamai、Gartner 社の 2019年 「Magic Quadrant For Web Application Firewalls」で 3 年連続リーダーに位置づけられる

実行能力とビジョンの完全性に基づく評価

※本リリースは2019年9月20日 (現地時間) に米国マサチューセッツ州で発表されたプレスリリースの翻訳版です。
 


安全なデジタル体験を実現するインテリジェント・エッジ・プラットフォームを提供する Akamai Technologies, Inc.(NASDAQ:AKAM)は、本日、Gartner 社の 2019 年「Magic Quadrant For Web Application Firewalls」で 3 年連続リーダーに位置づけられたことを発表しました。Gartner 社のアナリストは、実行能力とビジョンの完全性に基づき、複数のベンダーを評価しました。

ウェブアプリケーションと API は、今日の攻撃に対して特に脆弱です。エンタープライズのアタックサーフェス(攻撃の対象となり得る領域)は拡大しています。ますます多くのウェブアプリケーションがハイブリッドクラウド環境やマルチクラウド環境に展開され、モバイルエンゲージメントをサポートし、マイクロサービス上に構築されています。その多くは API を介して公開されています。APIは新たに重大な攻撃ベクトルとなっています。今日のデジタル化した組織の課題は、ビジネスに不可欠なアプリケーションを保護することです。これらのアプリケーションは急速に変化し、パートナーに対してオープンに開放され、パブリックインターネットで攻撃にさらされています。こうしたアプリケーションに対する攻撃は、より洗練され、ビジネス成果に直接影響を与えるようになっています。

Gartner 社の「Magic Quadrant for Web Application Firewalls」では、Web Application Firewall の評価に求められる必須の基準に注目して検証しています。

Akamai では、Kona Site Defender と Web Application Protector の 2 つの Web Application Firewall 製品が評価対象になりました。

これらの製品は、API ゲートウェイ、ボット管理(Bot Manager)、アプリケーションアクセス制御(Enterprise Application Access)、マネージド DDoS スクラビングサービス(Prolexic)、ドメイン・ネーム・システム・サービス(Fast DNS)などを含むAkamai クラウド・セキュリティ・サービス製品群の一部です。Akamai は、これらの製品を通じて、ウェブ・アプリケーション・セキュリティ・ソリューションの開発と改善に取り組んでいます。業界最大規模の研究チームを抱え、より多くのセキュリティ脅威に対する可視性を確保しており、1 日に 1,780 億個の WAF ルールがトリガーされています。

Akamai の Web Security 担当 Vice President の Josh Shaulは「Akamai は、製品とサービスの継続的な強化に努めています。コア、クラウド、エッジといったあらゆるアーキテクチャを攻撃者から守り、脅威がどこで発生しても緩和できる体制を目指しています」と述べています。さらに「Akamai の Web Application Firewall ソリューションは、アプリケーションの正規ユーザーのエクスペリエンスを高いレベルで維持しながら、デジタルビジネスを重大な脆弱性やその他の脅威から守るセキュリティ制御をお客様に提供します」と、続けています。

Gartner 社は、2023 年までに「公開されているウェブアプリケーションと API の 30% 超がDDoS攻撃防御、ボット緩和、API 保護、WAF を組み合わせたクラウド・ウェブ・アプリケーションおよび API 防御(WAAP)サービスで保護される見込みである。これは、10% 未満である現在と比べて大幅な増加となる」と報告しています。

「Gartner 社が Akamai を再びこのカテゴリーのリーダーに選出したことを嬉しく思います。この分野における今日までの成果が評価された結果だと信じています」と Shaul は語ります。「Akamai チームは、この市場を引き続きリードし、エッジセキュリティがもたらすスケールとインテリジェンスの価値をお届けしたいと考えています」。

Gartner 社による「Magic Quadrant for Web Application Firewalls」(2019 年 9 月 17 日)(「Magic Quadrant」グラフィックを含む)レポート全文は、こちらからダウンロードできます。
https://www.akamai.com/jp/ja/campaign/assets/reports/2019-gartner-magic-quadrant-for-web-application-firewalls.jsp

Akamai の WAF 製品については、こちらをご覧ください。
https://www.akamai.com/jp/ja/products/security/

Gartner 社「Magic Quadrant for Web Application Firewalls」、Jeremy D'Hoinne、Adam Hils、Claudio Neiva、Rajpreet Kaur(2019 年 9 月 17 日)

Gartner 社の免責事項
ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するように助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

アカマイ について:
アカマイは世界中の企業に安全で快適なデジタル体験を提供しています。アカマイのインテリジェントなエッジプラットフォームは、企業のデータセンターからクラウドプロバイダーのデータセンターまで広範に網羅し、企業とそのビジネスを高速、スマート、そしてセキュアなものにします。マルチクラウドアーキテクチャの力を拡大させる、俊敏性に優れたソリューションを活用して競争優位を確立するため、世界中のトップブランドがアカマイを利用しています。アカマイは、意思決定、アプリケーション、体験を、ユーザーの最も近くで提供すると同時に、攻撃や脅威は遠ざけます。また、エッジセキュリティ、ウェブ/モバイルパフォーマンス、エンタープライズアクセス、ビデオデリバリーによって構成されるアカマイのソリューションポートフォリオは、比類のないカスタマーサービスと分析、365日/24時間体制のモニタリングによって支えられています。世界中のトップブランドがアカマイを信頼する理由について、<www.akamai.com/jp/ja/>、<blogs.akamai.com/jp/>およびTwitterの@Akamai_jpでご紹介しています。

※アカマイとアカマイ・ロゴは、アカマイ・テクノロジーズ・インクの商標または登録商標です
※その他、記載されている会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アカマイ・テクノロジーズ合同会社 >
  3. Akamai、Gartner 社の 2019年 「Magic Quadrant For Web Application Firewalls」で 3 年連続リーダーに位置づけられる