アドウェイズ、メイクをAR機能で試すことが可能な「AR バーチャルメイク広告」の提供を開始

株式会社アドウェイズ(本社:東京都新宿区、代表取締役:岡村陽久、以下アドウェイズ)は、Web AR(拡張現実)を活用した新しい体験型広告「AR バーチャルメイク広告」の提供を開始いたしました。
現実空間とデジタル空間の融合を実現するARは、スマートフォンの普及に伴い、近年広告領域での活用も増えており、急激に市場成長を続けています。2018年に10.9億ドルだった市場は、2021年には36.1億ドルと、3倍以上の規模になると予測(※1)されています。
 
この度、アドウェイズが提供を開始した「AR バーチャルメイク広告」は、専用アプリのインストールの必要はなく、ユーザーの顔をスマートフォンのブラウザ上で認識し、リップ等の商品を実際にメイクしたかのようなバーチャル体験ができ、気に入った商品をそのまま購入することもできます。
また、「AR バーチャルメイク広告」は、バーチャルメイク機能だけでなく、ブランドオリジナルの背景やフィルター、BGM等を用意し、よりブランドの世界観を体験いただける全く新しい形の体験型広告です。
ブランドオリジナルのフィルターやBGMを提供することで、ARを通じて、バーチャルメイク体験やブランドの世界観を訴求していくことができ、商品やブランドの魅力を、よりリアルに訴求することが可能となります。
 


「AR バーチャルメイク広告」は、当社の100%子会社であるUNICORN株式会社が提供する全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN MODE:ENGAGEMENT(※2)」において配信が可能となります。 

UNICORNでは、ターゲティング毎にキーワードグループを作成し、配信コンテンツ内の文脈を解析した上でコンテキストに最適な広告配信をCookieに依存せず行うことで、ユーザーのモーメントを捉えたコミュニケーションを実現します。また、配信実績やエンゲージメント実績を元にした独自のアドフラウドプロテクションや配信先の取捨選択など、正しい指標で本質的な意思決定をサポートします。
デジタルアドの可能性を拡げ、全く新しい形でのユーザーコミュニケーションをリッチクリエイティブで実現でき、フラウドを除く本質的な指標と機械学習によるハイブリットな広告配信エンジンにより、ブランドイメージを毀損することなく、本当に興味を示したユーザー群へ効率的且つ効果的な広告配信が可能となります。

アドウェイズグループは、今後も市場のニーズにいち早く対応し、世界各国で効率的且つ実用的な広告マーケティングサービスを提供することで、世界中から「なにこれ すげー こんなのはじめて」と言われるよう、尽力してまいります。

※1 出典:総務省「第1部 特集 進化するデジタル経済とその先にあるSociety 5.0」
※2 UNICORNはKPI達成を重視した広告配信を行う「パフォーマンスモード」、デジタルアドを活用してユーザーとの接触機会を増やす「エンゲージメントモード」の2種類を揃えており、「AR バーチャルメイク広告」は「エンゲージメントモード」でご利用いただける機能となります。

【UNICORNについて】 https://uni-corn.net/
月間買い付け可能トラフィック5,000億impを超える国内最大級の全自動マーケティングプラットフォーム。SSPとのRTB取引の中でリアルタイムにインプレッションの価値を予測し、UNICORN上で展開される各キャンペーンにとって最適な価格での自動入札を実現。

□■□株式会社アドウェイズについて https://www.adways.net/
2001年設立。2006年に東証マザーズ上場。国内最大級のアフィリエイトサービス「JANet」「Smart-C」の運営をはじめ、スマ―トフォン向け広告配信サービス「AppDriver」や全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」を展開する。また、アプリやコンテンツの企画・開発・運営など多彩な事業を展開。日本を始め、アジアを中心とした世界各国への海外展開も行なっている。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アドウェイズ >
  3. アドウェイズ、メイクをAR機能で試すことが可能な「AR バーチャルメイク広告」の提供を開始