ダイレクトマーケティングミックス、ニチイ学館と「企業主導型保育事業拠点の利用に関する契約」を締結し、女性の職場復帰を支援する福利厚生制度「BaBee Mama」を開始

 企業のCRMを総合的に支援する、株式会社ダイレクトマーケティングミックス(本社:大阪府大阪市 代表取締役:小林祐樹 以下DmMiX)は、株式会社ニチイ学館(本社:東京都千代田区 代表取締役:森信介 以下 ニチイ学館)と「企業主導型保育事業拠点の利用に関する契約」を締結し、女性の多様な働き方を支援する福利厚生制度「BaBee Mama」を8月20日(木)より開始いたします。

 政府は女性の職業生活における活躍を推進するため、2016年4月から「女性活躍推進法」を施行しました。それに伴い、企業は女性の活躍に向けた積極的な取り組みを行うことが求められています。
 これまでもDmMiXでは、会社主導の女性交流会を開催する「kirari制度」の実施や、女性のリーダーを育成するための女性だけのチームの編成など、女性が活躍できる環境づくりに取り組んできました。

 しかし、待機児童の数は減少傾向にあるものの、都市部では依然として保育園に子どもを預けることができず、「職場復帰が難しい」「コアタイムに働くことができない」といった悩みを抱える子育て中の女性従業員が多くいました。
 この度DmMiXは、子どもの保育問題に対する女性の不安や悩みを解消し、多様化する女性従業員の働き方を支援するため、「BaBee Mama」制度を開始いたしました。「BaBee Mama」制度とは、株式会社ニチイ学館が運営する「ニチイキッズ」の企業主導型保育事業※を利用することで、従業員が保育園に子どもを預けやすくする制度です。職場近くの保育園に子供を預けてもらうことで、有事の際はすぐに駆けつけることができるため、子育て中の女性でも安心して子どもを預けて働くことができます。

 DmMiXは今後も、「いま、『社会(セカイ)』から必要とされている事を」という理念のもと、最大の財産である従業員の能力を最大限に発揮できる職場環境づくりに努めてまいります。

※企業主導型保育事業は、内閣府により事業主拠出金を財源として、従業員の多様な働き方に応じた保育を提供する企業等を支援するとともに、待機児童対策に貢献することを目的として、平成28年度に創設されました。企業主導型保育事業により運営されている保育園は、設置されている地域の子どもであれば誰でも申請できる「地域枠」とは別に、提携している企業の社員が優先的に子どもを預けることができる「企業提携枠」が用意されており、従業員の多様で柔軟な働き方を支援しています。

【「ニチイキッズ」(企業主導型保育事業)について】
「ニチイキッズ」とは株式会社ニチイ学館が提供する企業主導型の事業所内保育事業を主軸としたサービスです。現在全国250拠点以上の子育て支援施設を運営しており、企業と提携することで、待機児童問題の解決を図り、子育て中の女性の多様な働き方を支援します。
URL:http://www.nichiikids.net/index.html

【ダイレクトマーケティングミックス 会社概要】
名称  :株式会社ダイレクトマーケティングミックス
代表者 :代表取締役 小林祐樹
本社  :大阪府大阪市北区曾根崎1-2-9 梅新ファーストビル
事業内容:CRM事業/コールセンター運営事業(インバウンド/アウトバウンド)/人材派遣事業
従業員数:4400名(2020年3月末時点 アルバイト・派遣を含む)
URL  :https://dmix.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ダイレクトマーケティングミックス >
  3. ダイレクトマーケティングミックス、ニチイ学館と「企業主導型保育事業拠点の利用に関する契約」を締結し、女性の職場復帰を支援する福利厚生制度「BaBee Mama」を開始