株式会社エイトレッドとフィリップ証券株式会社、新興企業の上場支援で業務提携

2022年の東証市場再編を見据え、ワークフロー市場を牽引するエイトレッドとJ-Adviserとして圧倒的なシェアとノウハウを有するフィリップ証券が、TPM新規上場の為に必要な内部統制対策をサポート!

ワークフローDXのリーディングカンパニーである株式会社エイトレッド(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:岡本 康広 以下、エイトレッド)と、フィリップ証券株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:永堀 真 以下、フィリップ証券)は、TOKYO PRO Market(以下、TPM)への上場を目指す新興企業に対する内部統制支援DXにおいて業務提携をいたしましたので、お知らせいたします。


【業務提携の背景】
東京証券取引所は、2022年4月に既存4市場を廃止し、新たに「プライム・スタンダード・グロース」の3市場を開設するといった市場再編を発表しています。これにより上場基準が見直され、今後スタートアップ、新興企業などの新規上場のハードルが高くなることが予想されます。

そこで今後、新規上場の場として注目されるのがプロ投資家向けの市場であるTPMです。一般市場は通常上場するまでに3~4年の時間とコストがかかると言われていますが、TPMは監査証明が1期分で良いなど、短い準備期間での上場が可能です。また、TPMは一般市場とは異なり、企業が新規上場するにあたりJ-Adviser制度を導入しています。担当J-Adviser(いわゆる主幹事証券)が、コーポレートガバナンス及び内部管理体制などの上場適格性要件を調査・確認し、上場適格性ありと判断されるとTPMに上場申請が行われる仕組みとなっています。2009年に東京証券取引所が運営する5番目の市場として開設されて以来、TPMの上場企業数は年々右肩上がりに増えており、2022年4月の市場再編を機に新規上場を目指す新興企業は今後ますます増加することが見込まれます。

しかし、新規上場にあたっては上場審査をクリアできるレベルの内部統制の整備が必要となりますが、上場を目指す新興企業は急速な成長に対して、内部統制を含む社内管理体制が追いつかず大きな課題となっているのが現状です。内部統制対策はDXでの課題解決が必須の分野であり、「ワークフロー」は大きな役割を担っていると言えます。
 


【今後の両社の取り組み】
エイトレッドは、ワークフロークラウド分野で大きなシェアを持ち、ワークフローからはじめるファーストDXを推進しています。「内部統制、監査効率の改善」「意思決定の迅速化」「コスト、無駄の削減」「バックオフィス業務効率化」などワークフローDXで改善・改革できることは上場準備の要素にとどまらず、持続的な事業の発展にも必要不可欠なものです。

また、フィリップ証券はTPMの担当J-Adviserとして圧倒的なシェアとノウハウを有しています。この両社が内部統制支援DXでの業務提携という強力なタッグを組み、TPM新規上場を目指す新興企業へ、内部統制をはじめとしたガバナンス強化や、ワークフローでの課題解決を提供していきます。

2021年3月には、フィリップ証券がJ-Adviserを務めた琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社が、TPMへプロスポーツチームとして日本初の上場を果たしました。その上場準備にあたっての「業務プロセスのデジタル化」「社内規定及び業務フローの策定」「決裁プロセスのデジタル化」などの内部統制DXに、エイトレッドのクラウドワークフローサービス『X-point Cloud』をご活用いただきました。
(PR TIMES:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000049.000050743.html

今後、エイトレッドとフィリップ証券は、共同プロモーションやセミナー開催、顧客の相互紹介など新たな取り組みも予定しており、新興企業の抱えている上場準備における課題解決をより強力にバックアップしていきます。


【琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社 早川代表よりコメント】
 新規上場はその準備こそ数多くの苦労をともないますが、資金調達のほか企業の信頼性を高めビジネスチャンスを飛躍的に拡大してくれるものです。当社は今年3月のTOKYO PRO Market上場後の現在、さまざまな企業より事業提携などのご相談をいただき、今まさに次のステージへの挑戦を始めたところです。

 当社の上場における主幹事証券会社でもあるフィリップ証券様と内部統制のためのワークフローDXをご支援いただいたエイトレッド様のこの度の業務提携では、スタートアップ、ベンチャー企業の上場スピードがより一層加速することに期待を寄せております。

  「夢への道を拓き、明日を照らす光となる。」ことをミッションとする当社は、全国の地域企業、スポーツ関連企業の上場支援をしていくことを先日発表しました。両社との連携・協力を強め、より多くの企業に挑戦の道が拓けることは大変喜ばしいことで、我々も国内プロスポーツで初の上場企業として明日を照らす成長を続けていきたいと考えます。

琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社
代表取締役 早川 周作


【組織概要】
<フィリップ証券株式会社について>
フィリップ証券は、シンガポールに拠点を置き、アジア全域・欧米・中東など16の国と地域で証券業務を中心とした金融事業を展開、世界 26の主要な金融取引所の会員権を有する、アジアの代表的グローバル金融グループであるフィリップキャピタルの日本法人です。TOKYO PRO Market市場においては、市場の立ち上げから関わり、同市場における圧倒的な主幹事シェアとノウハウを有しています。

名称:フィリップ証券株式会社
所在地:(本店)東京都中央区日本橋兜町4-2
代表者:代表取締役社長 永堀 真
設立:1944年4月
事業内容:有価証券等の売買、店頭デリバティブ取引等の金融商品取引業および商品先物取引業並びにそれに付帯する事業
URL:https://www.phillip.co.jp/


<株式会社エイトレッドについて>
エイトレッドは、稟議書や総務・人事諸届、経費精算などの社内申請手続きを行うワークフローシステム「AgileWorks(アジャイルワークス)」「X-point(エクスポイント)」及び、ワークフロークラウドサービス「X-point Cloud(エクスポイントクラウド)」を開発、全国の販売パートナーを通じて3,500社を超える企業・公共・文教向けに導入されています。

名称:株式会社エイトレッド(東証一部:3969)
所在地:東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー
代表者:代表取締役社長 岡本 康広
設立:2007年4月
事業内容:ワークフロープロダクトの製品開発・サポートサービス・クラウドサービス
URL:https://www.atled.jp/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社エイトレッド >
  3. 株式会社エイトレッドとフィリップ証券株式会社、新興企業の上場支援で業務提携