Digi-Key Electronics、Scheme-itの新機能を発表

新たにUltra Librarian®シンボルを統合し、カスタムシンボルエディタ、数学用マークアップを提供

即時出荷が可能な世界最多の電子部品在庫を有しているDigi-Key Electronics(https://www.digikey.jp/?utm_source=referral&utm_medium=pressrelease&utm_campaign=pressrelease)はエンジニア、教育関係者、学生向けの無償オンライン回路図/ダイアグラム化ソリューションとして高く評価されているScheme-itツール(https://www.digikey.jp/schemeit/home/?utm_source=referral&utm_medium=pressrelease&utm_campaign=pressrelease)の新機能を発表しました。

Digi-Key ElectronicsのScheme-itツールは新たにUltra Librarianのシンボルを統合したほか、 カスタムシンボルエディタ、回路図への数式追加機能も提供します。Digi-Key ElectronicsのScheme-itツールは新たにUltra Librarianのシンボルを統合したほか、 カスタムシンボルエディタ、回路図への数式追加機能も提供します。

Scheme-itは世界のユーザーが電子回路ダイアグラムと回路図の設計と共有に利用できるクラウドベースのツールです。今回発表した新機能は以下の通りです。
  • Ultra Librarianシンボルの統合:Digi-Keyの製品カタログから、Ultra Librarianの詳細で視覚的に魅力的なシンボルと画像約200万点を利用できます。
  • Symbol Editor 2.0:現在Scheme-itに含まれていない新しいシンボルをユーザーが作成できるカスタムシンボルエディタで、無数の設計カスタマイズ方法を提供します。
  • 数学用マークアップ:LaTeXのマークアップ言語により、ユーザーは回路図上で直接、数式と計算結果の適切なフォーマットと挿入を実行できます。
Scheme-itツールには、さまざまな回路設計を可能にする包括的な電子シンボルライブラリと統合型Digi-Key部品カタログがあります。Scheme-itでは、ユーザーは部品表(BOM)の作成、設計プロジェクトで使用する部品の購入のほか、設計プロジェクトの共有とKiCAD、.PNG、.SVG、.PDFファイル形式へのエクスポートが可能です。

Scheme-itで作成した回路図は必要に応じて公開共有でき、Scheme-itホームページ上での検索が可能になり、アイデアの共有やさらなるイノベーションが実現します。また、Scheme-itユーザーはDigi-KeyのTechForum(https://forum.digikey.com/c/japanese/43)の専用セクションを利用し、Scheme-itに関する質問、コメント投稿、アイデア共有などを行うことができます。

Digi-Keyのデジタル製品担当のCody Walsethは「これらの新機能によって、Scheme-itで利用できる部品固有シンボルが大幅に増加し、世界のエンジニア、学生、教育関係者は、BOMエクスポートのためのすべての部品情報を参照しながら、初期設計コンセプトや回路図をより容易かつ正確に作成できるようになります」と述べました。

Ultra Librarianの社長兼最高経営責任者(CEO)のManny Marcano氏は「Ultra Librarianチームは、Digi-Keyとの長年のパートナシップにおける新たなマイルストーンを確立し、PCB設計プロセスをシンプルにするという私たちのミッションをさらに推進できたことを大変嬉しく思います」と述べ、さらに「Digi-Keyの提供部品に利用できる私たちの検証済みCADモデルライブラリをScheme-itと連携させることにより、次世代のイノベータとメーカーは設計アイデアを即座に現実のものにできるようになります」と語りました。

Digi-KeyのScheme-itツールはScheme-itホームページ(https://www.digikey.jp/schemeit/home/?utm_source=referral&utm_medium=pressrelease&utm_campaign=pressrelease)で利用できます。

Ultra Librarianについて
Ultra Librarianは世界最大の部品ライブラリで、設計者が設計プロジェクトのためのスマートな意思決定に必要なすべての部品情報を提供しています。ユーザーは価格、在庫、メーカー情報のほか、選択したCADツールをターゲットとした事前作成済み部品に迅速にアクセスできます。Ultra Librarianの利用により、PCB設計業界のお客様への付加価値や最新部品情報の提供とともに、お客様の生産プロセスの短縮が可能になり、選定プロセス中に自身の設計プロジェクトを理解してもらう機会が生まれます。

Digi-Key Electronicsについて
米国ミネソタ州シーフリバーフォールズに本社を置くDigi-Key Electronicsは、電子部品と自動化製品の世界的なハイサービスディストリビューションのリーダーおよび常時進化するイノベーターとして高い評価を受けています。この分野を開拓した真のパイオニアとして、Digi-Keyは即時出荷可能な在庫製品の幅と深さで業界をリードし、2,000社強のクオリティブランドメーカーの1010万点を超える部品を提供しています。技術革新をけん引する製品のほか、幅広いデジタルソリューションとツールを提供し、設計エンジニアと購買担当者の業務効率化をサポートしています。 詳細については、以下のリンクをご覧ください。

Digi-Keyウェブサイト
米国本社: https://www.digikey.com
日本: https://www.digikey.jp

Digi-Key SNS
Facebook: https://www.facebook.com/digikey.electronics?utm_source=referral&utm_medium=pressrelease&utm_campaign=pressrelease
Twitter: https://twitter.com/digikey?utm_source=referral&utm_medium=pressrelease&utm_campaign=pressrelease
YouTube: https://www.youtube.com/user/digikey?utm_source=referral&utm_medium=pressrelease&utm_campaign=pressrelease
YouTube (日本公式チャンネル):https://www.youtube.com/channel/UCc-7D4LcsxH2JP9TtylRuFQ?utm_source=referral&utm_medium=pressrelease&utm_campaign=pressrelease
Instagram: https://www.instagram.com/digikey/?utm_source=referral&utm_medium=pressrelease&utm_campaign=pressrelease
LinkedIn: https://www.linkedin.com/company/digikey/?utm_source=referral&utm_medium=pressrelease&utm_campaign=pressrelease
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Digi-Key Electronics >
  3. Digi-Key Electronics、Scheme-itの新機能を発表