セ・パe交流戦 前節 DAY5(S vs L、G vs H、D vs H)【eBASEBALL プロリーグ 2020】

巨人・坂東がeBASEBALLプロリーグ史上初の完投での完全試合達成!!ホークスに一矢報いる!

セ・パe交流戦 前節 DAY5(S vs L、G vs H、D vs H)のアーカイブはこちら!



「 NPB eスポーツ公式チャンネル」はこちらから
https://www.youtube.com/channel/UC2QZ_00ZrbRv_LiXIulpk1w?sub_confirmation=1




【ヤクルト 3-3 西武(クラウン)】

 ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment 

【出場プレイヤー】

S:大川△ L:加藤△

昨年はともにヤクルト代表として戦ったプレイヤーによる対戦となったこのカードは、1点を争うゲームになるも両軍譲らず。昨シーズンに引き続きドロー決着となった。

先手を取ったのは西武・加藤。1回表、ヤクルト先発・杉山の失投を見逃さず森でライトへソロホームランを放ち、古巣から1点を先制する。
しかしその裏、ヤクルト・大川もヒットの坂口を一塁に置き、4番・廣岡の逆方向への2ランホームランですぐさま逆転に成功。さらにヤクルトは3回裏、3本のヒットを集めて1点を追加し3対1とリードを広げた。

追いかける西武も4回表、無死1、3塁から併殺打の間に1点を返すと、最終5回表にはOB選手・辻と代打・栗山の連打で作ったチャンスに金子のタイムリーヒットが生まれ同点に。なおも走者を1、3塁に置いた状況で西武・加藤はダブルスチールを敢行するが、これはヤクルト・大川が冷静なカットプレーで本塁封殺し勝ち越し点はならず。5回裏には西武も3投手のリレーでヤクルトの代打攻勢をしのぎ、試合は引き分けに終わった。
ヤクルト・大川は2年連続の西武戦引き分け。西武・加藤は負けられない古巣との対戦で、ベンチ入り7投手を使い切る執念の継投が実った。

■試合後コメント
序盤に逆転し、リードする展開も追いつかれてしまったヤクルト・大川選手
「2点リードを取って、勝ちを急いでしまったと思います。なんとしても今日は勝ちたかったので、勝ちきれなかったのが悔しいです」

最終回に追いつき、引き分けに持ち込んだ西武・加藤選手
「今日はうまくプレーできなかったなという感じが多くて、しっかり捉えることができなかったです。その中でも引き分けにできたのはよかったのかなとは思います」
 

昨シーズンのチームメイト対決は、両者譲らず引き分けに  ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment 


【巨人 5-0 ソフトバンク(クラウン)】

 ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment 

【出場プレイヤー】
G:坂東○ H:原●

巨人対ソフトバンクのセ・パe交流戦。巨人・坂東がeBASEBALLプロリーグ史上初となる完投での完全試合を達成し、現実の日本シリーズでの借りを返す白星を挙げた。
この試合の主役となったのは巨人・坂東が操る先発のサンチェス。1番にOB選手の村松が入るなど強打者が並ぶソフトバンク打線に対して、速球と落ちるボールのコンビネーションで狙いを絞らせず、凡打の山を築いていく。

打線も2回に丸のライト前へのタイムリーヒットで1点を先制すると、4回裏には送りバントを挟んでの4連打などで4点を追加し、12安打5得点とサンチェスを援護。これで勢いのついた巨人・坂東はソフトバンク・原の攻撃を完全にシャットアウトし、大記録のかかった5回裏も三人で仕留め完全試合を達成。昨季のロッテ・清野以来、1投手の完投としてはeBASEBALLプロリーグ史上初となるパーフェクトゲームとなった。
サンチェスを操り完全試合の巨人・坂東は、打っても12安打のうち11本が単打という徹底した繋ぐ野球で完勝。球団職員として現実の日本シリーズのリベンジを、eBASEBALLプロリーグの舞台で果たしてみせた。

■試合後コメント
eBASEBALLプロリーグ史上初となる1投手での完全試合を達成した巨人・坂東選手
「正直、4回の攻撃前までは1点差だったので抑えられているなぐらいにしか思っていなかったんですけど、最終回は狙いにいきました。練習からやってきたことを本番でもやろうと思った結果だと思います」
 

G・坂東は、eBASEBALLプロリーグ史上初、完投での完全試合を達成 
 ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment 


【中日 0-2 日本ハム(クラウン)】

 ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment 

【出場プレイヤー】
D:嶋崎● F:木滑○

両チーム投手陣による投げ合いとなったゲームはワンチャンスを得点に繋げた日本ハムが勝利し、今季のe交流戦チーム初白星を挙げた。
日本ハム・木滑が先発マウンドを託したバーヘイゲンは初回、中日打線から2三振を奪うなど上々の立ち上がりを見せる。

対する中日・嶋崎は先発にエース・大野雄大を起用するが、2回表に先頭打者のヒットから1死1、3塁のピンチを招き、8番の中島卓に先制のレフト前タイムリーを浴びると、続く9番・バーヘイゲンの打席ではエンドランを許し、さらに1点を献上。続く中田のスクイズは失敗に終わったものの、日本ハムに2点のリードを許した。

その後は立ち直りを見せ日本ハム打線に追加点は許さなかったが、攻撃面ではバーヘイゲンを打ち崩すことが出来ず4回まで1安打。最終5回裏にはリリーフした井口の前に三者凡退に倒れ、完封負け。2対0と日本ハムが勝利した。
今季初白星の日本ハム・木滑は序盤のチャンスから積極策に出る勝負勘が冴え、3シーズン目の経験値を見せつける勝利。敗れた中日・嶋崎は、下位打線に連続タイムリーを浴びる悔しい敗戦となった。

■試合後コメント
序盤のリードを守り切り、e交流戦でのチーム初勝利を飾った日本ハム・木滑選手
「昨年、チームはe交流戦でだいぶ成績を落としてしまったので、今年はなんとか食いつこうと思っていました。なんとか勝ててよかったです」
 

今季のe交流戦チーム初勝利をもたらしたF・木滑  ⓒNPB / ⓒKonami Digital Entertainment 



現在の順位はこちら!  eBASEBALL プロリーグ公式サイト 
https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/standings/?league=interleague

eBASEBALL プロリーグ公式サイト
https://e-baseball.konami.net/pawa_proleague/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 日本野球機構(NPB) >
  3. セ・パe交流戦 前節 DAY5(S vs L、G vs H、D vs H)【eBASEBALL プロリーグ 2020】