3Dアバターの標準規格「VRM」を策定するVRMコンソーシアム メタバースの国際的なフォーラム「Metaverse Standards Forum」に加盟

 一般社団法人VRMコンソーシアム(代表理事:石井洋平、所在地:東京都中央区 / 株式会社ドワンゴが加盟)は、The Khronos Group Inc.(President:Neil Trevett、所在地:アメリカ・オレゴン州)が主催するフォーラム「Metaverse Standards Forum」に加盟したことをお知らせします。
 「VRM」は、メタバース時代のインターオペラビリティ(相互運用性)を想定した、プラットフォーム非依存の日本発の3Dアバター向けファイル形式で、既に国内ではプラットフォーム間でアバター連携する際の事実上の業界標準規格として広く使用されています。その「VRM」の策定・普及を目的としたVRMコンソーシアムは、これまでMetaverse Standards Forum主催のKhronos GroupとCGの国際会議・イベント「SIGGRAPH」で共同セッションを実施するなどの連携を図ってきました。今回の加盟により、Metaverse Standards Forumのディスカッションに参加することで、これらの動きを加速させ、「VRM」のグローバルでの標準規格化を目指すとともにグローバルなメタバース標準の形成と発展に寄与してまいります。


<「VRM」について>
VRMは、メタバース時代のインターオペラビリティ(相互運用性)を想定した、プラットフォーム非依存の日本発の3Dアバター向けファイル形式です。従来の3Dモデルとしてのテクスチャやボーンといった情報に加え、視線設定など一人称で操作するアバターに必要な情報を扱えるようにし、環境により異なるスケールや座標系などを統一することで、3Dアバターがあらゆるプラットフォームで使用されることを想定しています。また、人が操作して人格を演じるアバターの特性を考慮して、このアバターを他人が使用しても良いか、暴力表現をしても良いか、などアバター特有の権利までもファイルに埋め込むことが可能です。現在はバージョン 1.0 β を展開中です。

◆VRM 1.0β
https://github.com/vrm-c/vrm-specification/tree/master/specification
◆VRMパブリック・ライセンス文書 1.0
アバターの人格に関する許諾を考慮した、VRM 独自のライセンスです。
日本語:https://vrm.dev/licenses/1.0/index / 英語:https://vrm.dev/en/licenses/1.0/index


<「VRMコンソーシアム」について>
3Dアバター向けファイルフォーマット「VRM」の策定・普及を目的とした一般社団法人です。
【名称】 一般社団法人 VRMコンソーシアム
【設立日】 2019年4月24日
【所在地】 東京都中央区銀座4–12-15
【事業内容】  ⑴3Dアバターモデルの統一規格「VRM」の策定
        ⑵「VRM」に関連する情報の収集および提供 
        ⑶「VRM」の普及および広告宣伝
        ⑷「VRM」により創作される3Dモデルの法的保護に関する提言および整備
        ⑸「VRM」に関する内外関係機関との交流および協力
        ⑹前号に掲げるもののほか、当法人の目的を達成するのに必要な活動
【役員構成】
 代表理事  石井 洋平 (株式会社バーチャルキャスト)
 理事    岩城 進之介(株式会社バーチャルキャスト)
 理事    大前 広樹 (ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン株式会社)
 理事    清水 智雄 (ピクシブ株式会社)
 理事    久保田 瞬 (株式会社Mogura)
 理事    松本 有啓 (株式会社MOEグループ・ホールディングス)
 監事    中川 直政 (弁護士 日比谷パーク法律事務所パートナー)
 
【公式サイト】 https://vrm-consortium.org/ 
【会員のお申し込み・お問い合わせ】 VRMコンソーシアム事務局:vrmc-pr@vrm-consortium.org 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ドワンゴ 広報部 >
  3. 3Dアバターの標準規格「VRM」を策定するVRMコンソーシアム メタバースの国際的なフォーラム「Metaverse Standards Forum」に加盟