プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

東洋エンジニアリング株式会社
会社概要

液化水素サプライチェーンに関するFEED業務について 川崎重工業とエンジニアリング会社3社が協定書を締結<English Follows>

Kawasaki and Three Other Engineering Firms Sign Agreement for Liquefied Hydrogen Supply Chain FEED

TOYO

   

                                                                                                            東洋エンジニアリング株式会社 

                                                                                                                           川崎重工業株式会社 

                                                                                                                     日揮グローバル株式会社 

                                                                                                                     千代田化工建設株式会社 


東洋エンジニアリング株式会社(代表取締役 取締役社長 細井 栄治、以下「TOYO」)と川崎重工業株式会社(代表取締役社長執行役員 橋本 康彦、以下「川崎重工」)、日揮グローバル株式会社(代表取締役 社長執行役員 Farhan Mujib、以下「日揮グローバル」)、千代田化工建設株式会社(代表取締役会長兼社長 榊󠄀田 雅和、以下「千代田化工」)の4社は、日本水素エネルギー株式会社(以下「JSE」)が取り組む液化水素サプライチェーン※1に関するFEED業務をより効率的に進めるため、JV協定書を締結しました。


4社は、川崎重工をリーダー会社として、豪州での液化・出荷基地(ビクトリア州ヘイスティングス地区)における、水素液化設備(60トン/日x2基)や陸用の液化水素貯蔵タンク(1万 m3x5基)、大型液化水素運搬船の出荷基地など、商用化の実現を見通すために必要なこれら設備に係るFEED(基本設計)業務を実施し、JSEが取り組む液化水素サプライチェーンの商用化実証を行う上で、最適な主要設備・仕様・コストなどを精査します。


今後は、液化水素サプライチェーンの普及に向けた動きに対し、川崎重工が持つ液化水素の貯蔵・荷役・運搬技術と、TOYO、日揮グローバル、千代田化工が持つ豊富な海外でのプラント設計・建設実績と技術的知見を集結し、本FEED業務を加速することで、日本が目指す2050年までのカーボンニュートラル実現に向けて貢献していきます。


※1:JSEは、現在NEDOグリーンイノベーション基金事業「液化水素サプライチェーンの商用化実証」に取り組んでおり、これは2020年12月25日に経済産業省が関係省庁と策定した「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」に基づき、カーボンニュートラルを実現する水素の大量消費社会を見据え、クリーン水素サプライチェーンの本格的な社会実装に向けて行うものです。


関連リンク

グリーンイノベーション基金事業、第1号案件として水素に関する実証研究事業に着手

―商用水素サプライチェーンの構築とPower to Xの実現を目指す―(2021年8月26日付)

https://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_101471.html


「液化水素サプライチェーンの商用化実証」が NEDO グリーンイノベーション基金事業で採択

~2030 年 国際液化水素サプライチェーン構築に向けた具体的な前進~(2021年8月26日付)

https://www.khi.co.jp/pressrelease/news_210826-1.pdf


<English Follows>

ー------------------------------ー------------------

Toyo Engineering Corporation (Representative Director, President and CEO: Eiji Hosoi; hereinafter, “TOYO”), Kawasaki Heavy Industries, Ltd. (Representative Director, President and CEO: Yasuhiko Hashimoto; hereinafter, “Kawasaki”), JGC Corporation (Representative Director and President: Farhan Mujib; hereinafter, “JGC”), and Chiyoda Corporation (Chairman of the Board, President and CEO: Masakazu Sakakida; hereinafter, “Chiyoda”) have signed a joint venture agreement to enhance the front-end engineering design (FEED) executionfor a liquefied hydrogen supply chain*1 in development by Japan Suiso Energy, Ltd. (hereinafter, “JSE”).


With Kawasaki as leader, the four companies will conduct the required FEED aimed to realize a demonstration of commercial operations for hydrogen liquefaction facilities (two plants capable of processing 60 tonnes per day), onshore liquefied hydrogen storage tanks (five tanks with a capacity of 10,000m3 each), export terminal facilities for large liquefied hydrogen carriers, and related facilities at the liquefaction and export terminal in Hastings, Victoria, Australia. Furthermore, the companies will determine the optimal equipment requirements, specifications, costs, among others, for demonstration tests for the commercialization of JSE’s liquefied hydrogen supply chain.


Moving forward, Kawasaki will combine its technologies and skills in the areas of liquefied hydrogen storage, handling, and transport, drawing on the extensive accumulated experience and technical knowledge that TOYO, JGC and Chiyoda possess in the area of overseas plant design and construction. The goal is to accelerate FEED aimed at the creation of liquefied hydrogen supply chains, and in doing so contribute toward the realization of Japan’s goal of carbon neutrality by 2050.



*1 JSE is currently pursuing a NEDO Green Innovation Fund Project calling for demonstration of commercial operations of a liquefied hydrogen supply chain, with the aim of full-scale commercialization of a clean hydrogen supply chain envisioning a society which has achieved carbon neutrality and consumes large quantities of hydrogen. This is based on the Green Growth Strategy Through Achieving Carbon Neutrality in 2050 established on December 25, 2020 and issued by the Japanese Ministry of Economy, Trade and Industry (METI).

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
経営情報
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

東洋エンジニアリング株式会社

11フォロワー

RSS
URL
https://www.toyo-eng.com/jp/ja/
業種
建設業
本社所在地
千葉県習志野市茜浜2丁目8番1号
電話番号
047-454-1113
代表者名
細井 栄治
上場
東証プライム
資本金
181億9897万円
設立
1961年05月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード