国際協力NGO REALsが、1,000万円を目標に45日間のクラウドファンディングを開始

アフガニスタンで命の危険にさらされている人々へ。1人でも多くの退避・保護の実現に向けて

認定NPO法人REALs (Reach Alternatives)(東京都新宿区・理事長:瀬谷ルミ子、以下「REALs」)は、クラウドファンディングサービス「READYFOR」にて、今年8月から開始したアフガニスタンの人々への国外退避・保護支援のために「緊急支援:アフガニスタンで命の危険に晒されている人々に退避と保護を」を公開しました。1,000万円を目標に、本日2021年10月8日(金)から11月22日(月)まで支援を募ります。
(プロジェクトURL:https://readyfor.jp/projects/reals211008

 

 

 

 

 

 

プロジェクトQRコードプロジェクトQRコード

2021年8月にタリバンが首都カブールまで進行し、アフガニスタン政府は事実上崩壊しました。そしていま、アフガニスタンでは、脅迫、拉致、暴力、殺害、強制婚などが各地で発生しています。

現地からの声を受け、今年8月から、REALs理事長瀬谷は極めて深刻な命の危険にさらされているアフガニスタンの人々の国外退避と保護の支援活動を開始しました。世界各地の政府や有志団体とも連携し、現在は常時200~300人前後の人々を対象に、急変する退避の状況に対応しながら、ほぼ24時間体制で活動を継続しています。

今後も継続して、一人でも多くの人々を救うために、本クラウドファンディングプロジェクトを立ち上げました。目標金額1,000万円の達成で、約240名の人の支援を行うことが出来ます。

また、公式ページでは映画『ミッドナイト・トラベラー』のハッサン・ファジリ監督や元日本ラグビー代表 廣瀬俊朗氏などから応援メッセージをいただいております。

■クラウドファンディングプロジェクト概要
・タイトル「緊急支援:アフガニスタンで命の危険に晒されている人々に退避と保護を」
・URL:https://readyfor.jp/projects/reals211008
・目標金額:1,000万円
・募集期間:2021年10月8日(金)~11月22日(月)23時  45日間
・資金使途:
 1.退避支援
   ・空路による退避手段の確保
   ・陸路の安全な退避ルートの確保
   ・査証・受け入れ国の承諾の取得支援
   ・退避にかかる諸費用の支援
 2.保護支援
   ・脅威情報の収集・分析・助言
   ・安全確保対策
   ・シェルター(隠れ家)の提供
   ・医療支援(シェルターへの医者・助産師派遣など)
   ・安全な通信手段の確保
・形式:寄付型 / All in形式
※All-in形式は目標金額の達成の有無に関わらず、集まった支援金を受け取ることができる形式です。
・リターン:3,000円~1,000,000円まで計9コース。
ご支援をより多く退避・保護支援に反映し、一人でも多くの人の命を救うため、リターンはお礼と報告(お礼状、クラウドファンディング報告書など)といたしております。
※全てのコースが寄付金控除の対象となります。

REALsとは
REALsは「紛争・テロ・社会的な暴力」を防ぎ、乗り越え、共存できる社会の実現に向けて争い予防に取り組む認定NPO法人です。現在はアフガニスタンのほか、ケニア、ソマリア、南スーダン、トルコ、シリアで争いの当事者とともに問題の予防・改善・解決に向けて活動を行っています。また、アフガニスタンでは過去に地雷撤去、除隊兵士の社会復帰、女性の自立支援活動なども行いました。

■本件に関する問い合わせ先
認定NPO法人REALs (Reach Alternatives) 広報担当 山下尚子
E-mail:cfrf@reals.org
  1. プレスリリース >
  2. REALs(Reach Alternatives)(旧:日本紛争予防センター(JCCP)) >
  3. 国際協力NGO REALsが、1,000万円を目標に45日間のクラウドファンディングを開始