村上農園は世界小児がん啓発キャンペーンに協賛します。

9月9日(木)点灯式 広島城がゴールドにライトアップ

株式会社村上農園(本社:広島市、代表取締役社長:村上清貴、以下村上農園)は、世界小児がん啓発キャンペーン「Global Gold September Campaign」に協賛します。
世界では本キャンペーンに伴い、毎年各地で主なタワーや建築物を小児がんのシンボルカラーであるゴールドにライトアップし、啓発が行われています。日本でもこのたび、全国の小児がん専門家によるNPO法人「日本小児がん研究グループ(JCCG)」を中心に、この取り組みを各都市で実施。広島では街のシンボルである広島城天守閣をライトアップすることになりました。当社は、本キャンペーンへの協賛を通じて、小児がんの子どもたちを応援してまいります。
【広島城ライトアップの概要】
点灯式:
 9月9日(木)19:00~ 広島城南側噴水広場
(広島大学病院と中継を結び、入院中の子どもたちの「点灯」というかけ声で点灯します。)
出席者: 広島大学病院小児科 岡田賢 教授、村上農園 代表取締役社長 村上清貴
点灯期間: 9月9日(木)~ 15日(水)の日没~22:00
主催: 日本小児がん研究グループ(JCCG)
運営:  Global Gold September Campaign推進委員会
協賛: 株式会社村上農園
協力団体: 広島大学病院、広島市、広島県

【協賛の経緯】
村上農園は、「私たちは『生命(いのち)を守る農ビジネス』をテーマに新しい価値を創造します」をミッションに掲げ、誰もが健やかな生活を送れる社会の実現を、野菜の生産を通して後押ししたいと考えています。当社では、その考えのもと、健康に寄与する成分を高めたブロッコリー スプラウトやブロッコリー スーパースプラウトを生産するとともに、長年売り上げの一部を、がん予防研究を支援する米国の基金へ寄付してまいりました。このたび、地元・広島にて小児がん啓発キャンペーンが開催されるに当たり、当社の理念と通ずることから、協賛させていただくことになりました。

【村上農園 会社概要】
設立:
 1978年1月
代表者: 代表取締役社長 村上清貴
売上: 106億1,500万円(2020年12月期)
事業内容: 豆苗、スプラウトなどの発芽野菜や高成分野菜、レストラン向けマイクロハーブの生産・販売
事業所: 本社・研究開発部(広島)、生産センター(千葉、神奈川、静岡、山梨、三重、広島、福岡)、営業所(東京、名古屋、大阪、広島)
関連会社: 株式会社沖縄村上農園(沖縄県大宜味村)
加盟団体: 一般社団法人 日本経済団体連合会(経団連)
ウェブサイト: https://www.murakamifarm.com

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 村上農園 >
  3. 村上農園は世界小児がん啓発キャンペーンに協賛します。