サポート15校中4校が全国へ、ベスト8以上は12校 高校サッカー強豪ほど情報発信→さらに充実する正のループを株式会社グリーンカードがサポート

株式会社グリーンカードがホームページ運営サポートしている高校サッカー部に共通しているのは「生きた情報発信が作り出す好循環」

2021年度高校総体(インターハイ)各都道府県予選の代表校が次々に決定しています。6月12日現在、47都道府県代表校のうち4校が、株式会社グリーンカードがホームページの運営をサポートしているチームです。強豪校と呼ばれる学校にはある共通の傾向があります。「試合に勝ち続けている」だけでは生き残れない少子化の時代に、いかに生き残っていくかという生存競争の厳しさは強豪校といえども例外ではありません。



株式会社グリーンカードがホームページの運営をサポートしている高校サッカー部は日本全国に15校あります。
そのうち4校が2021年度高校総体に各県代表校として出場します。
※2021年6月12日現在

2021年度高校総体都道府県予選戦績

・京都橘高校(京都府大会準優勝)
 https://kyoto-tachibana-fc.com/
・東海学園(愛知県大会3位)
 https://togakusoccer.com/
・飯塚高校(福岡県大会優勝)
 https://fc-iizuka.com/
・大津高校(熊本県大会優勝)
 https://kumamoto-oozu.com/
・秀岳館高校男子(熊本県大会準優勝)
 https://syugakukan-fc.com/
・秀岳館高校女子(熊本県大会優勝)
 https://syugakukan-fc.com/
・熊本学園大学付属高校(熊本県大会3位)
 https://gakufu-football.com/
・佐賀東高校(佐賀県大会優勝)
 https://sagahigashi-fc.com/
・那覇西高校(沖縄県大会ベスト8)
 https://nahanishi-soccer.com/
・四学香川西高校(香川県大会準優勝)
 https://shigaku-kagawanishi-fc.com/
・矢板中央高校(栃木県大会準々決勝進出※6/15実施)
 https://yaita-chuo.com/

・近大和歌山高校(和歌山県大会3位)
 https://kindaiwakayama-fc.com/
・福岡大学附属若葉高校(福岡県大会2回戦)
 https://wakaba-fc.com/
・名護高校(沖縄県大会2回戦)
 https://nago-fc.com/
・函館ラ・サール学園高校(函館支部予選2回戦)
 https://hlasalle-soccer.com/

これらの学校は、チームを強化するためにサッカー部のHPを通じて支援するスポンサーを募り、今の部員や保護者向けの情報はもちろんのこと、未来の部員へ向けての情報発信をさかんに行っています。

「指導法を盗まれて真似されると困る」「攻略されやすくなる恐れがあるから公開しない」「最低限のことしかオープンにしない」という高校の部活の常識が変わりつつあります。

  • 部員たちの今を伝える「生きた」ホームページ


株式会社グリーンカードが運営サポートしている各チームのホームページには、「情報を透明にすること、ほしがられている情報を公開すること」「速報を心がけること」をお願いしています。

情報を透明にする、ほしがられている情報を公開することで得られるメリット
①保護者の安心感を得られる
②未来の選手(進学先を検討している選手)の目に留まりやすく、進学先としてイメージを持ちやすいため、選手が集まりやすくなる。入ってからのギャップも少ない。
③ファンが増える

速報を心がけることで得られるメリット
①自チーム以外の人も集まりチームへの注目度が高まる

②運営体制がしっかりしている「先進的なチーム」だというイメージを持たれる
 

  • 株式会社グリーンカードとは

「アマチュアサッカーに革命を起こす」をミッションに掲げ、情報の透明性・即時性を追求している会社です。
メインメディアであるジュニアサッカーNEWSは2020年11月に月間1200万超PVを達成。
4年間にわたる少年サッカー応援団の運営を通して得た「本当に保護者に喜ばれるチームホームページ」のノウハウを活かしてサポートしているチームは京都橘サッカー部、矢板中央サッカー部、福岡大学サッカー部など全国50に上ります。

コロナのためにインターハイがなくなった去年、全国に先駆けて佐賀のSSP杯で1回戦から全試合のライブ配信と特設サイトで新しい生活様式のサッカーの楽しみ方を提示し、その後、こうした取り組みに共感をいただいた各県のインターハイ予選(2020年度 佐賀、徳島、富山、沖縄、2021年度 福岡、沖縄、佐賀、大分、宮崎、熊本、徳島、福島(最終日のみ)、京都(最終日のみ))、全国U-18クラブユース選手権(男女)、サニックス杯(男女)、などをライブ配信して参りました。
地理的デメリットなく誰もがサッカーを楽しめる世の中を目指し、各種クラウドファンディングも成功させてきました。
2021年3月からは「ネットに転がっていない情報をお届けするシークレットセミナーシリーズ」として、強豪校の監督たちをゲストに限定セミナーを行っています。
 
  • 会社概要 

会社名 : 株式会社グリーンカード
オフィス : 〒810-0001 福岡市中央区天神2-11-1 福岡PARCO新館5階
代表者 : 羽生博樹
設立 : 2015年1月
URL:https://www.green-card.co.jp/
 事業内容・メディア運営
・チーム・スクール・大会HP制作、運営
・運営・集客コンサルティング
・クラウドファンディング型チーム支援サイト運営
・ECサイト運営
・イベント企画・運営
・ライブ配信サービス
 
主な運営サイト
・月間170万人が訪問 - 「ジュニアサッカーNEWS」
https://www.juniorsoccer-news.com/
・地域密着サッカーポータル - 「全国少年サッカー応援団」
http://www.junior-soccer.jp/
・チーム専用HP制作サイト - 「グリーンカードWEB」
https://soccer-hp.com/
・スポーツキュレーションメディア - 「グリーンカードニュース」
https://green-card-news.com/
・アマチュアスポーツ動画配信サイト - 「グリーンカードLIVE」
https://gc-movies.net/
・チーム専用クラウドファンディング - 「グリーンカードサポーター」
https://gc-support.net/
・次世代型大会運営サービス - 「グリーンカードモデル」
https://gc-model.com/
・ニューノーマルなイベント配信 - 「グリーンカード イベントLIVE配信」
http://gc-livevideo.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グリーンカード >
  3. サポート15校中4校が全国へ、ベスト8以上は12校 高校サッカー強豪ほど情報発信→さらに充実する正のループを株式会社グリーンカードがサポート