ザクティとセーフィー、重機向けカメラシステム×クラウド録画サービス連携を開始

建設・土木現場の安全性と生産性の向上に寄与

 デジタルイメージングデバイス開発・製造の株式会社ザクティ(大阪府大阪市:代表者 渡邉和伸)とクラウド録画サービスシェアNo.1(※1)のセーフィー株式会社(東京都品川区:代表取締役社長 佐渡島隆平)は、重機取付型セーフティカメラシステム「ドボレコJK(SX-DB200)」とクラウド録画サービス「Safie」で連携を開始したことをお知らせします。


■開発の背景と今後の展開について
 現在、重機には人が近づいた時に警告音を発する人感センサーが備えられつけられていることが多いですが、人の検出以外はできないなど、改良できそうな点がありました。
 そこで、センサーのみならずカメラを設置することにより、視覚でも状況を確認できるようになり、またカメラをクラウド録画タイプにすることで、本部などの遠隔からも現場の様子をリアルタイムでも振り返り映像としても確認できます。
 バックモニターとして運転される方の安全確認や、ドライブレコーダーとして活用することも可能になりました。

 また、危険を検知した映像を振り返ることで、どのような状況や環境下で事故が起こりやすいか検証が可能になり、将来的にはザクティの画像認識技術を掛け合わせ、事前に危険な状況を把握することができるなど、解析技術の活用までを視野に入れております。
 建設・土木現場の大きな課題の1つである、安全性や生産性の向上に映像をお役立ていただけるよう、今後も開発に尽力してまいります。

■鹿島建設 土木管理本部 生産性推進部 渕先さまコメント
 セーフティセンサとバックモニター、ドライブレコーダーの3機能を備えた「ドボレコJK」は、ザクティ社とセーフィー社が協同して両者の得意分野を組み合わせたもので、建設現場の安全性向上に大きく寄与すると思います。当社は本システムも活用しながら建設現場の安全性向上に役立つ映像の活用を推進していきます。

■CEATEC 2020 ONLINEでの商品紹介について
 この度新たに開発された「ドボレコJK」×「Safie」の商品紹介を、CEATEC 2020 ONLINEにていたします。ぜひアクセスくださいませ。

▼イベント概要


■「ドボレコJK」×「Safie」に関する問い合わせ先
株式会社ザクティエンジニアリングサービス
商品戦略部 (担当:奥)
TEL:06-7166-3942 E-mail:info@xacti-co.com URL:https://xacti-co.com/

■デジタルイメージングデバイスメーカー「ザクティ」とは
 ザクティは、20 年以上に及ぶデジタルカメラ開発を通じて培った「世界最高峰の画像処理技術、画像補正技術、防水防塵・耐衝撃設計技術」を応用したデジタルイメージング製品の企画、開発、製造、販売をしています。

■クラウド録画サービス「Safie」とは
 Safie(セーフィー)はカメラとインターネットをつなぐだけで、いつでもどこでも映像を確認できるクラウド録画サービスシェアNo.1(※)のサービスです。
 「映像から未来をつくる」というビジョンのもと、人々の意思決定に映像をお役立ていただける未来を創造し、企業から個人まで誰もが手軽に利用できる映像プラットフォームを目指しています。

(※1)テクノ・システム・リサーチ社調べ「ネットワークカメラのクラウド録画サービス市場調査」より


【本件に関するお問い合わせ先】
セーフィー株式会社
https://safie.link/
Tel 070-3351-1248 / Email pr@safie.jp
鈴木章子

映像から未来をつくる

【セーフィー株式会社の会社概要】
所 在 地 東京都品川区西五反田2-29-5 日幸五反田ビル6F
設   立 2014年10月
資 本 金 1億円
代 表 者 佐渡島 隆平
事業内容 クラウド録画・映像管理プラットフォーム『Safie(セーフィー)』の運営

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. セーフィー株式会社 >
  3. ザクティとセーフィー、重機向けカメラシステム×クラウド録画サービス連携を開始