チェック・ポイント、統合セキュリティ管理機能をクラウド サービスで提供し、セキュリティ オペレーション時間を60%短縮

業界をリードするR80統合セキュリティ管理ソフトウェアが、オンデマンド サービスとして登場導入時間、継続的な保守作業や更新も不要で変更プロセスを加速

包括的なサイバーセキュリティソリューションプロバイダーであるチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ(Check Point® Software Technologies Ltd.、NASDAQ: CHKP、以下チェック・ポイント、https://www.checkpoint.co.jp/)は本日、R80統合セキュリティ管理ソフトウェアをクラウド サービス「R80 Security Management-as-a-Service(MaaS)」ソリューションとして提供を開始したことを発表しました。これにより、ウェブ ブラウザからネットワークのファブリック全体にチェック・ポイントの統合セキュリティ管理機能を最短で導入することができ、継続的な保守作業や手作業での更新も不要になります。

R80 Security MaaSは、チェック・ポイントのFast Track Network Security(https://www.checkpoint.com/press/2020/check-point-software-fast-tracks-network-security-with-new-security-gateways/)ソリューション スイートを拡張するもので、これまで以上の高度な保護機能とスケーラビリティを確保し、導入や管理も容易にできます。R80 Security MaaSは、組織が管理する全てのインフラストラクチャのセキュリティ全体をカスタマイズされたダッシュボードで視覚的に表示します。これにより、他のソリューションに比べてオペレーション時間を最大60%(https://www.checkpoint.com/customer-stories/phoenix-international/)短縮し、非常に複雑な環境でも効率的に管理できるようになります。

R80は、オンプレミスとクラウド環境の両方に対応する業界で最も革新的な統合セキュリティ ソフトウェアで、160以上のテクノロジーを統合しています。その最新バージョンであるR80.40には100以上の新機能を搭載し、保護機能の強化、オペレーション プロセスの標準化、生産性の向上を実現します。R80 Security MaaSは、以下の機能を提供します。

・ウェブ ブラウザで直接アクセスしたクラウドからチェック・ポイントの全製品を管理
・更新を完全に自動化することで、最新の保護機能を常に適用
・オンデマンドで拡張することで、物理的な制限なく追加のゲートウェイをシームレスに追加導入
・保守作業が不要なため、管理がしやすく、かつコンプライアンスが確保された安全性の高い環境を維持
・ログの保存やアクセスが無制限

チェック・ポイントの製品管理担当バイスプレジデントを務めるイタイ・グリーンバーグ(Itai Greenberg)は次のように述べています。「R80 Management-as-a-Serviceによって、ユーザーが手作業での保守作業や更新をする必要がなくなりました。また、オンデマンドのスケーラビリティに対応しているため、エンタープライズレベルのセキュリティ管理プロセスをさらに加速、簡素化します。高度なゲートウェイから構成されるFast Track Network Securityスイート と共に、オペレーションの効率を図りながら、ハイパースケールで高性能ネットワーク セキュリティ実現までの最短ルートを提供します。」

Fast Track Network Securityは、5機種の新アプライアンス、Quantum Security GatewaysTMが含まれており、チェック・ポイントのThreatCloudとの連携機能や、受賞歴のあるSandBlast™ Zero-Day Protectionが搭載されています。新たに追加された製品には、支店用の3600モデルから大企業向けの16000 Turbo Hyperscaleまでと幅広く利用可能です。16000 Turbo Hyperscaleは第5世代脅威防御スループット、17.6 Gbpsを達成しています。これは競合するハイエンド ゲートウェイに比べて2倍以上の速度、消費エネルギーは半分以下です。

Fast Track Network Securityは、新たなセキュリティ ゲートウェイ、強化されたR80.40ソフトウェア、そしてクラウド サービスとしての提供を組み合わせることで、進化する第5世代の脅威に対して最も高度で完全なスケーラビリティに対応し、さらに管理しやすい保護機能を導入可能となります。

仕様や機能に関する詳細は、こちら(https://www.checkpoint.com/products/security-management-as-a-service/)から確認可能です。

本リリースは、オーストリア・ウィーンで2020年2月5日(現地時間)に配信されたものの抄訳です。英語のリリース全文はこちら(https://www.checkpoint.com/press/2020/check-point-delivers-unified-security-management-as-a-cloud-service-to-cut-security-operations-time-by-60/)をご確認ください。

提供時期
Check Point Fast Track Network Securityは、チェック・ポイントのグローバル・パートナー・ネットワーク(https://partnerlocator.checkpoint.com/)から利用可能です。

チェック・ポイントをフォロー
Twitter: https://www.twitter.com/checkpointsw
Facebook: https://www.facebook.com/checkpointsoftware
Blog: https://blog.checkpoint.com
YouTube: https://www.youtube.com/user/CPGlobal
LinkedIn: https://www.linkedin.com/company/check-point-software-technologies

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズについて
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ(https://www.checkpoint.com/)は、世界各国の政府機関や企業など、あらゆる組織に対応するサイバー セキュリティ ソリューションを提供する大手プロバイダーです。業界随一の検出率を誇る先進のソリューションにより、お客様のネットワークを、マルウェアやランサムウェアなどの多岐にわたる第5世代のサイバー攻撃から保護します。企業のクラウドやネットワークのほかモバイル デバイスに保存されている情報を、今日の第5世代のサイバー攻撃を含めてあらゆる脅威から保護するため、第5世代の脅威に対応するマルチレベルのセキュリティ アーキテクチャを備え、直感的で操作性に優れた総合的かつ一元的なセキュリティ管理システムを展開しています。世界の10万以上の組織・企業がチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズのセキュリティ製品を利用しています。チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズの全額出資日本法人、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(https://www.checkpoint.co.jp/)は、1997年10月1日設立、東京都港区に拠点を置いています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社 >
  3. チェック・ポイント、統合セキュリティ管理機能をクラウド サービスで提供し、セキュリティ オペレーション時間を60%短縮