JIBUN HAUS.×トルシープのコラボ、クルマで運べる仕事場「POTAL」を発表。アンティークとテクノロジーを融合し「働く」「暮らす」「遊ぶ」を場所から解放。

テクノロジーを駆使した新しい住宅購入体験を通じて「自分らしい暮らし」をサポートするJIBUN HAUS.株式会社は、「世界中からカッコいいものを輸入し遊びを提供する」をテーマにAIRSTREAMなどを輸入販売している株式会社トルシープとともにクルマでどこにでも運べるアフター・コロナ時代に最適な仕事場「POTAL」を発表しました。

 「POTAL」はクルマで牽引して外に持ち運ぶことができる仕事場です。機体にはキャンピングトレーラーAIRSTREAMを採用し、アンティークな内装に無線給電ユニットやIoTデバイスなどの最新のテクノロジーが搭載。自宅の敷地内に置けば部屋やワークスペースとして活用でき、外に持ち運ぶことで、「暮らす」と「働く」と「遊ぶ」をより身近なものにしていくことができます。

「POTAL」は、2019年7月に株式会社NTTドコモ主催「BodySharing × 5Gアイデアコンテスト」で最優秀賞を獲得した企画をベースに、コロナ禍を受けて、どこでも運べる仕事場にアップグレード。今後もジブンハウスは社会課題の解決や自分らしい暮らしの実現に向けた開発を進めていきます。

■「POTAL」が実現する「暮らす」「働く」「遊ぶ」がより身近になった自分らしい暮らし

「POTAL」は、最先端のテクノロジーとアンティークを融合させた移動するワークプレイスです。クルマで牽引することによって、どこにでも持ち運ぶことができるのが最大の特長です。機体には、アメリカ発・業界最古のトラディショナル・キャンピングトレーラーAIRSTREAMを採用。内装には、JIBUN HAUS.が提供する最新のUIやデザインを取り入れています。

「POTAL」は、自宅敷地内に設置すれば、住宅の一室や作業場、リモートワーク用の部屋、お洒落な遊び場などとして活用でき、車に牽引して外に持ち出すことで、部屋でもない、キャンピングカーでもない、「運べるワークプレイス」として運用することも可能です。家のような”不動産”と車のような”動産”の特徴を兼ね備えていることが大きな特長です。

近年、コロナ禍の影響を受けてリモートワークを行う人が多くなり、人々の働き方や暮らし方に対する価値観に大きな変化が起きています。また、5Gの開始に伴い、過疎地域などでも高速通信が可能になることで、これまでリモートワークができなかった場所でもリモートワークができることが期待されています。
このように、場所を選ばない働き方の選択肢が増える中で、「POTAL」はユーザーのよりパーソナライズされたニーズに応え、「暮らす」「働く」「遊ぶ」を場所から解放していきます。

■古くて新しい、温かくて機能的な「POTAL」は、アンティークな機体と内装に、最新鋭のテクノロジーを実装した最新式のワークスペース
今回制作されたPOTALは、最新鋭のテクノロジーが実装された、機能が充実した運べるワークプレイスとしてだけでなく、デザイン面にも大きな特長があります。


機体に使用されているAIRSTREAMは。1940年代の開発以降、ジュラルミンボディの外装をリベットでとめるデザインは現在までほとんど変わっていません。頑丈さや高級感とともに、どこか懐かしさを感じさせるデザインとなっています。

車体のデザインを生かした内装は、JIBUN HAUS.がデザインし、最新の無線給電ユニットは株式会社ベルデザイン(本社:さいたま市、代表取締役・鈴木健一郎 https://www.bell-design.co.jp/)のPOWER SPOT™を利用、また、IoT化は、mui Lab株式会社(本社:京都市、代表取締役・大木和典 https://mui.jp/)の開発するIoTユーザーインターフェース「mui」ボードを利用するなど最新技術のUIを搭載搭載。古さと新しさを両立し、アナログな良さは残しながらも温かみのある心地よさを感じさせる工夫が施されており、働く場としての快適さも保たれています。 

 

株式会社ベルデザインのPOWER SPOT™を実装株式会社ベルデザインのPOWER SPOT™を実装

mui Lab株式会社のmuiボードを実装mui Lab株式会社のmuiボードを実装

「POTAL」の開発にあたっては、どんどん機能を追加するのではなく、必要な機能を心地よく絞っていくことで、ユーザーが自分らしく「暮らす」と「働く」を融合したライフスタイルをデザインする余地を残しています。

このようなデザインに対する考え方は、JIBUN HAUS.が提供する住宅ブランド「ジブンハウス」においても展開されています。これまで様々な住宅商品を開発する中で蓄積されてきたノウハウが「POTAL」に活かされているのです。

■株式会社NTTドコモ主催「BodySharing × 5G アイデアコンテスト」で最優秀賞を獲得した「ポータル」のアイデアが原型。
このような「POTAL」の「暮らす」と「働く」を接続するアイデアは、2019年7月に株式会社NTTドコモが主催した「BodySharing × 5G アイデアコンテスト」で最優秀賞を獲得した「ポータル」が原型となっています。

「ポータル」は5Gを活用して、住宅にリモートワークの「空間」をまるごと提供しながら、仕事をする空間が家とは別であることのメリットを保持しつつ、「通勤時間ゼロ」を実現するユニットとして考案されました。

このユニットは働き手を通勤と通勤に伴うストレスから解放し、東京一極集中の打破と新たな地域社会のデザインを目的としていました。そのような中、新型コロナウイルスの感染拡大防止を受けてリモートワークが一般的になり、働き方だけでなく、暮らし方や暮らす場所に関わる価値観の変化が加速。アイデアをアップグレードするとともにプロトタイプの開発へと至りました。

今回、AIRSTREAMなどを輸入販売している株式会社トルシープの協力を得ながら、住宅の一室としても、運べる仕事場としても使える「POTAL」として生まれ変わりました。

■改良を重ねたプロトタイプを発表。今後はビジネスユーザ向けの販売も視野に。
JIBUN HAUS.は2020年12月より、「『働く』『暮らす』『遊ぶ』を場所から解放する」をコンセプトにプロトタイプの開発に着手してきました。プロトタイプは改良を重ね、この度の発表となりました。


価格と受注開始時期は未定となっていますが、一般向けの販売だけでなく、ビジネスユーザ向けの販売も視野に入れて、開発を進めています。

■株式会社トルシープ代表 高橋正樹氏のコメント
http://www.trcp-garage.com/

アメリカbodyのカッコよさと、内部の空間の技術・快適さが融合された「POTAL」を、今後は国内はもちろん、国外の電気や水道などのインフラが整備されていない地域にも展開していきたいと考えています。そうすることで、これまで人が住めなかった地域が、最小単位の家族で過ごせる場所に変わっていくかもしれません。「POTAL」の持つ可能性は無限大です。

私は、「働く」と「暮らす」と「遊ぶ」は本来、境目のないものであると考えています。「POTAL」を通じて、趣味で繋がった仲間と、仕事でも深く繋がっていくことに価値を見出す人が増えて行けば幸いです。

■JIBUN HAUS.株式会社代表取締役社長 内堀雄平のコメント
今回のコラボによる移動型の仕事場である「POTAL」を通じて、「暮らす」「働く」「遊ぶ」が多くのユーザーにとって身近になり、今まで以上に自分らしい暮らしの実現ができるようにしていきたいと考えています。

■「遊びを提供する会社」株式会社トルシープについて
株式会社トルシープは2008年よりバスボート販売業務をスタートさせ、今日に至るまで、アメリカからの輸入を中心に世界中から、こだわりのあるボート、トレーラーハウス、車両を 取り扱ってきました。 そのオーナー様達が遊んで頂けるよう、会員様限定プレミアムボートの駐艇、、琵琶湖湖畔で上質なキャンプがおこなえる施設をオープンさせ、琵琶湖と比良山に挟まれた ナチュラルインターセクションの中でフィッシング、キャンピング、ウェイクサーフィンなど、さまざまなアクティビティを大自然の中で遊んで頂き、何もしなくても満足できる究極の贅沢 を体験頂けるハイドアウトを運営中。

■JIBUN HAUS.株式会社について
https://jibunhouse.jp/

JIBUN HAUS.株式会社は、「暮らしを変える、未来をつくる」をビジョンに、AR/VR等のテクノロジーを駆使して「自分らしい暮らし」の実現を提供する、ハウジングテック企業です。規格住宅の開発・販売を中心として、2016年2月の創業以来、成長を続けています。「家族がもっと家族になれる家づくり」をコンセプトに、スマホでVR物件内覧や見積シミュレーション等ができる、消費者向けの画期的なサービスを展開するだけでなく、全国の加盟店や取引先と提携し、より良い住宅販売のための新しいシステムを開発し続けています。共働き等で実店舗へ足を運ぶ時間がとれない20~30代の「ミレニアル世代」を中心に支持を集めており、加盟店は北海道から沖縄まで、全国に約140社展開しています。

時代とともに共働き世帯も多くなり、今年に入ってからは新型コロナウイルス感染症の拡大防止を意識した不便な状況が布かれる中、家族が休日を使って住宅展示場を回るといった、従来の家づくりの過程が時間的・物理的に難しくなってきています。忙しい現代人のライフスタイルに合わせた「新しい家の見つけ方・買い方」を見出すことで、全ての人が自分らしい暮らし方を実現できるような、次世代の家づくりを提案しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. JIBUN HAUS.株式会社 >
  3. JIBUN HAUS.×トルシープのコラボ、クルマで運べる仕事場「POTAL」を発表。アンティークとテクノロジーを融合し「働く」「暮らす」「遊ぶ」を場所から解放。