婚活実態調査2017(リクルートブライダル総研)を7月12日発表

2016年に結婚した人の11.3%が婚活サービス(※)で結婚。※婚活サービス:結婚相談所、婚活サイト・アプリ、恋活サイト・アプリ、婚活パーティ・イベントの4サービス

2016年に結婚した人の11.3%は婚活サービスで相手を見つけており、年々増加傾向。それを婚活サービス利用者に限ってみると39.4%になる。婚活サービスを使った結婚が広がりつつある。周囲に婚活サービスの利用経験者がいる人のほうが、自身の婚活サービス利用経験割合が高くなる。20代は他の年代に比べ、婚活サービスに対してポジティブなイメージを持ち、より身近なものになりつつある。
<婚活サービスの利用状況>
2016年に結婚した人の11.3%は婚活サービスで相手を見つけており、年々増加傾向。それを婚活サービス利用者に限ってみると39.4%になる。婚活サービスを使った結婚が広がりつつある
婚活サービスによって結婚した人の割合(婚姻年別)
•既婚者ベース:4.7%(2013年)→6.7%(2014年)→8.3%(2015年)→11.3%(2016年)
•婚活サービスを利用した既婚者ベース:20.8% (2013年)→23.8%(2014年)→27.6%(2015年)→39.4%(2016年)
広義の婚活実施(利用)者において、結婚に至った割合は、婚活サービスが上位となっている(「結婚相談所(2015年 17.0%→2016年 25.3%)」「恋活サイト・アプリ(同8.4%→20.5%)」「婚活パーティ・イベントに参加(同12.0%→18.7%)」「婚活サイト・アプリ(同15.1%→17.2%)」)。

<周囲の婚活サービス利用状況と自身の婚活サービス利用経験>
周囲に婚活サービスで成功した人がいる人は、いない人に比べ自身でも婚活サービスを利用したことがある割合が高い。周囲の婚活サービス利用状況と自身の利用経験は関係する

「周囲に婚活サービス利用経験者がいる人」の自身の婚活サービス利用経験割合は、「いない人」の割合の3.8倍(自身の利用経験割合:「利用経験者がいる人」 20.3%/「利用経験者がいない人」 5.3%)。
「周囲に婚活サービスで恋人ができた人がいる人」の自身の婚活サービス利用経験割合は、「いない人」の割合の4.2倍(自身の利用経験割合:「婚活サービスで恋人ができた人がいる人」 24.3%/「恋人ができた人がいない人」 5.8%)。
「周囲に婚活サービスで結婚できた人がいる人」の自身の婚活サービス利用経験割合は、「いない人」の割合の4.3倍(自身の利用経験割合:「婚活サービスで結婚できた人がいる人」 27.2%/「結婚できた人がいない人」 6.3%)。

<婚活サービスに対するイメージと考え方>
20代は他の年代より、婚活サービスに対しポジティブなイメージを持っている
「婚活サービスで見つけた恋人とは、趣味や関心事が合いそうだ」と思う割合は、
20代 37.6%、30代 25.7%、40代 29.4%。
「今後、婚活サービスを利用する人は周りで増えていきそうだ」と思う割合は、
20代 33.0%、30代 29.9%、40代 23.6%。
「婚活サービスを利用すると概ね恋人を見つけることができる」と思う割合は、
20代 26.6%、30代 14.6%、40代 18.0%。
「婚活サービスでは、自分の理想の人に出会える」と思う割合は、
20代 17.5%、30代 14.7%、40代 13.8%。
20代、30代にとって、婚活サービスはより身近なものになりつつある

「婚活サービスを利用するのは、まだ自分には早い」と思う割合は、2016年調査と比較し、20代、30代で減少している(20代 47.2%(対2016年調査:-5.4pt)、30代 15.4%(同-4.2pt)、40代 12.0% (同2.7pt))。
「婚活サービスを利用しなくても、結婚できる」と思う割合は、2016年調査と比較し、20代、30代で大きく減少している(20代 39.3%(対2016年調査:-6.8pt)、30代 23.3%(同-13.2pt)、40代 29.1%(同-4.0pt))。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ >
  3. 婚活実態調査2017(リクルートブライダル総研)を7月12日発表