自閉症の男の子との出会いから生まれた、チリ発のピクトグラムつき絵本に、日本オリジナルの続編が登場!

スポーツの国際大会でも注目を集めている「ピクトグラム」がついた、ユニークな絵本『いっぽんのせんとマヌエル』。著者と日本の子どもたちとの出会いから、日本オリジナルの続編が生まれました。

株式会社偕成社(出版社 本社:東京都新宿区 代表取締役社長:今村正樹)は、『いっぽんのせんとマヌエル ピクニックのひ』を1月中旬に刊行します。

 
  • 自閉症の男の子との出会いから生まれた絵本
2017年に刊行された前作『いっぽんのせんとマヌエル』は、線が大好きな自閉症の男の子マヌエルくんと、著者マリア・ホセ・フェラーダさんの出会いから生まれた絵本です。

いっぽんの線が基調になって、短い言葉とシンプルなイラストにより、ストーリーが進行していきます。線をたどっていくと、その線が道になったり、ブランコになったり……絵本の画面で迷うことがなく、物語をたどることができるよう、工夫された構成になっています。

 

 

  • 日本語版には、ピクトグラムつき! スポーツの国際大会でも注目を集める「目でみることば」

『いっぽんのせんとマヌエル』の日本語版の大きな特徴は、原書のイラストレーター自身による「ピクトグラム」を加えて刊行したことです。

ピクトグラムピクトグラム

ピクトグラムとは、単語の意味をシンプルなわかりやすい絵で表現した、「目で見ることば」です。言葉が通じない国では、このピクトグラムが、どの国の人にもわかる世界共通の指標として、看板などの案内の理解を助けてくれます。東京でスポーツの国際大会が開催予定で、海外からの観光客が多数見込まれる今年、注目が集まっている視覚的な記号です。

マヌエルくんのような自閉症の子は、ことばの意味が絵ではっきりと表現されるこのピクトグラムがあると、より物語をわかりやすく楽しむことができるため、日本では専門家の監修を経て、オリジナルのピクトグラムをつけて刊行しました。

「線」と「ピクトグラム」この2つの特徴が、幅広い子どもたちの物語への理解を助けます。
 

  • 著者が日本の子どもたちと出会って生まれた、日本オリジナルの続編

 

 

  • 特別支援学級での教材としても
線をたどったり、ピクトグラムに触れたり、オリジナルのピクトグラムを使って自分でお話をつくったりするなど、さまざまな楽しみ方ができる『いっぽんのせんとマヌエル』は、出版後、特別支援学級での教材としてご活用いただいている事例もあります。

支援を必要とする子もそうではない子も、みんなが物語を楽しめる工夫に満ちたユニークな絵本です。ぜひ2作あわせて、貴媒体でご紹介ください。
 
  • 書籍概要
【著者紹介】

(作)マリア・ホセ・フェラーダ
1977年生まれ。チリのジャーナリスト、作家。スペインのバルセロナ大学アジア太平洋研究科修士課程を修了。子どもむけの本を多く手がけ、さまざまな国で出版されている。チリ言語アカデミー賞、スペインのオリウエラ市詩賞、イタリアのオレステ・ペラガッティ賞。メキシコのイスパノアメリカ子どものための詩賞など受賞歴多数。金子みすゞ 日西バイリンガル詩選集『El alma de las floresー花のたましいー』を、星野由美と の共編訳でスペインで刊行。

(絵)パト・メナ
1980年生まれ。チリの絵本作家、イラストレーター、漫画家。作品はさまざまな国で出版されている。米国のインターナショナルラテンアワード最優秀絵本賞、スペインの児童文学フェスティバル最優秀賞絵本ウォーター タワー賞などを受賞。児童書の国際ブックフェアでは、チリ公式代表団にも選出。現在はスペインのバルセロナで暮らし、スペインを拠点に活動している。

(訳)星野由美
1969年生まれ。主にスペイン語圏の絵本 翻訳と、紹介につとめている。訳書に『まぼろしのおはなし』(ワールドライブラリー)、『お話の種をまいて』(汐文社)、共編訳に 『ペルー日系詩人ホセ・ワタナベ詩集』(土 曜美術社出版販売)、金子みすゞ日西バイリ ンガル詩選集『El alma de las floresー 花のたましいー』(Satori Ediciones)な ど。絵本サイト「ころりん ころらど」を運営(http://colorin-colorado.info/)

 【書籍詳細】

書名:いっぽんのせんとマヌエル ピクニックのひ
作:マリア・ホセ・フェラーダ

絵:パト・メナ

訳:星野由美
定価:1,300円 + 税
対象:3歳から
サイズ:17cm×20cm
ページ数:36ページ
ISBN コード:978-4-03-202780-8
発売時期:2020年1月9日
◎偕成社HP書誌情報:
https://www.kaiseisha.co.jp/books/9784032027808
 

書名:いっぽんのせんとマヌエル
作:マリア・ホセ・フェラーダ
絵:パトリシオ・メナ
訳:星野由美
定価:1,300円 + 税
対象:3歳から
サイズ:17cm×20cm
ページ数:36ページ
ISBN コード:978-4-03-202770-9
発売時期:2017年8月

◎偕成社HP書誌情報:
https://www.kaiseisha.co.jp/books/9784032027709

*著者の希望により2巻目は、画家の表記がパトリシオ・メナ→パト・メナとなっています。1巻目も重版よりパト・メナに変更予定です。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 偕成社 >
  3. 自閉症の男の子との出会いから生まれた、チリ発のピクトグラムつき絵本に、日本オリジナルの続編が登場!