バンズシティ株式会社(東京都渋谷区 代表取締役 道祖修二)は、沖縄県での事業展開を目的として支店を開設いたしました。

バンズシティ株式会社(東京都渋谷区 代表取締役 道祖修二)は、同社の中長期的戦略拠点として、沖縄県に支店を開設いたしました。

バンズシティ株式会社(東京都渋谷区 代表取締役 道祖修二)は、同社の中長期的戦略拠点として、沖縄県に支店を開設いたしました。同県を当社の今後の重要な戦略拠点として位置づけ、不動産開発及び飲食業、宿泊業を主体とした事業展開を行なっていきます。
バンズシティ株式会社(東京都渋谷区 代表取締役 道祖修二)は、同社の中長期的戦略拠点として、沖縄県に支店を開設いたしました。
創業以来約20年に渡り、バンズ・インベスト・マネジメント株式会社(現:株式会社インヴァランス)として開発事業を展開し、バンズシティ株式会社として東京23区、千葉県北エリアを中心に不動産開発とサービス業態の開発、運営及びディレクション業務を行ってまいりました。
 

<開発事業>

LE LION シリーズ

B CITY シリーズ

ART RESIDENCE シリーズ

 

<サービス事業開発>

THE CHIKURA UMI BASE CAMP(https://chikuraumi.basecamp.style/

FOREST STAND SENGAKUJI(https://forest-stand.com/

浅草九倶楽部ホテル(https://asakusakokonoclub.com/

ART HOTELS SHIBUYA(https://arthotels.style/

E-TOWN(https://etown.style/

 

<リニューアル ディレクション>

THE RAYSUM(https://theraysum.com/

 



この度沖縄県へ進出をした理由として、都道府県別の人口増加率でも上位に位置し、他県からの転入が多い点や、アジアの中での観光拠点としてのアクセスの良さ、自然環境や文化的価値、歴史的な価値を鑑みれば、世界に誇る観光地としての地位を築いていくポテンシャルを持つ沖縄県に改めて無限の可能性を感じたことによります。同県を当社の今後の重要な戦略拠点として位置づけ、不動産開発及び飲食業、宿泊業を主体とした事業展開を行なっていきます。

 

当社における綿密な調査を経て、県内でも特に重要拠点と位置づけるエリアに複数の物件を取得し、今後は同地域の不動産開発やサービス事業創出を通じて、他地域の県民や観光客の流入増を企図し、地域住民の雇用創出、所得向上までつなげていくことを目的とした開発を行なってまいります。県内の不動産取得を引き続き行い、
不動産プロパティマネジメント、ビルマネジメント事業をメインに、沖縄県内の不動産価値を高めていきます。
 

東京都心及び近郊で、マーケットニーズを的確に捉えた不動産開発とサービス業開発・運営をおこなってきた知見を沖縄県で存分に発揮し、地方創生の一助となるよう尽力していく所存です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. バンズシティ株式会社 >
  3. バンズシティ株式会社(東京都渋谷区 代表取締役 道祖修二)は、沖縄県での事業展開を目的として支店を開設いたしました。