Craif、東京慈恵会医科大学の間質性膀胱炎に関する共同研究成果が Translational Andrology and Urologyに掲載されました

 Craif株式会社(所在地:東京都文京区、CEO:小野瀨 隆一、以下Craif)が測定・解析支援を行った占部文彦助教授(東京慈恵会医科大学泌尿器科)の間質性膀胱炎に関するバイオマーカー探索研究の成果が、泌尿器科分野の国際学術誌Translational Andrology and Urologyに掲載されました。
 間質性膀胱炎(IC)は、骨盤内の痛み、圧迫、不快感、尿意切迫感などの症状があわられる疾患ですが、他の疾患との鑑別が難しく経験豊富な泌尿器科医でなければ診断が難しいのが特徴です。本研究では、尿マイクロRNAの網羅解析によりICに関連するバイオマーカーを見出し、尿を活用したリキッドバイオプシーがICの診断に有用である可能性を示しました。
 Craifでは今後も、全国の医療機関との連携強化を図り、さまざまな疾病の早期発見・治療最適化に向けた新しい取り組みを広く皆様に届けることで、当社のミッションである“人々が天寿を全うする社会の実現”に挑戦してまいります。


■ Craifについて
 Craifは、2018年5月創業の名古屋大学発ベンチャー企業です。日本が誇る素材力を用いて尿からマイクロRNAを網羅的に捕捉し、AI(人工知能)を組みあわせて医療に応用することで、がん領域を中心に、疾患の早期発見や個別化医療を実現するための次世代検査開発に取り組んでいます。医療・ヘルスケア領域において世界をリードする企業・組織との協業を通じて、当社のビジョンである“人々が天寿を全うする社会の実現”を推進いたします。詳細については、https://craif.com/をご覧ください。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Craif株式会社 >
  3. Craif、東京慈恵会医科大学の間質性膀胱炎に関する共同研究成果が Translational Andrology and Urologyに掲載されました