プロeスポーツチームを運営する株式会社REJECTに出資

Z Venture Capital株式会社(以下、ZVC)は、eスポーツチーム『REJECT』を運営する株式会社REJECT(本社:東京都港区、代表取締役:甲山翔也、以下「REJECT」)による第三者割当増資の引受を行いましたので、お知らせいたします。



【REJECTのご紹介】
当社はeスポーツチームの運営を中心とする日本発ゲーミングブランド「REJECT」を展開しています。「REJECT」は2018年にプロeスポーツチームとして発足し、世界的に人気なシューティングゲームを中心に9タイトルに渡り部門を保有しています。特にモバイルシューティングゲームの領域において日本トップの実績を誇り、PUBG MOBILE部門は同タイトル最多となる6度の世界大会に出場しています。

【出資の背景と目的】
eスポーツは、グローバルでは4,400万人もの同時視聴者数を記録した大会も存在し、新興スポーツとしては破格のファン層を既に獲得しており、今後も更なる拡大が見込まれます。
REJECTは急成長するeスポーツ領域において、国内トップの大会実績があり、この実績を活かして更に教育事業やライフスタイルブランド事業へ進出していきます。
日本初で世界を代表するプロeスポーツチームとなり、新たに参入するeスポーツ人材育成事業においても業界をけん引していく存在となると確信し、今回の出資に至りました。

【関係者からのコメント】
・甲山 翔也(REJECT 代表取締役社長)
日本のeスポーツやゲームに対するマイナスなイメージを払拭するという強い意味を込めた『REJECT』の世界観に共感いただけたこと、Z Venture Capital代表の堀さんから熱烈にオファーを頂きご出資いただけたことを非常に光栄に思います。これまで強さにこだわり選手育成を徹底して参りましたが、これからはeスポーツの魅力の発信に力を入れていくフェーズです。Zホールディングスさんとシナジーを生みながら次世代のエンターテインメントとしてのeスポーツを牽引していけるよう努めて参ります。

・堀 新一郎(ZVC 代表取締役社長)
今回、Z Venture CapitaよりREJECTへ投資を行った理由は3つあります。
一つ目はこれからeSports市場は今後も成長を続け、巨大市場となると考えており、弊社としても非常に注目している点です。
二つ目は、甲山社長率いるREJECTは所属選手の皆さんも含めてチームが非常に優秀で、世界と戦って実績を残せている点です。日本からグローバルに活躍する企業を、Zホールディングスのアセットを活かして支援していきます。
そして三つ目は僕と担当の山下さんがゲーム大好きというところです。世界大会で優勝できる日を目指して、全力で応援していきます。

・山下 純平(ZVC アソシエイト)
Z Venture Capitalでは、前身であるYJキャピタルの1号ファンドの頃より、リアル産業のデジタル化(DX)を推進する企業を支援してきました。甲山社長の率いるREJECTはスポーツ領域のデジタル化を所属選手の皆さんと一緒に実現していっています。
今回のラウンドからサポートさせていただけることに、一人のゲーム好きとしてもとてもワクワクしています。Zホールディングスのアセットを活用して、ご支援に尽力してまいります。

【会社概要】
・Z Venture Capitalについて
Z Venture Capitalの前身である、YJキャピタルは2012年8月に設立、2021年4月にLINE Venturesと合弁し、Z Venture Capital に商号変更しました。Zホールディングス株式会社のCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)として、将来性のあるスタートアップの支援をグローバルで行っています。
代表: 堀 新一郎
本社: 東京都千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー
URL: http://zvc.vc/

・REJECTについて
商号:株式会社REJECT
所在地:東京都港区六本木四丁目2番45号 高會堂ビル2階
設立:2018年12月3日
代表者:甲山 翔也
  1. プレスリリース >
  2. Z Venture Capital株式会社 >
  3. プロeスポーツチームを運営する株式会社REJECTに出資