「版画の彩展2020 第45回全国大学版画展」開催

全国の美術大学・教育系大学・短期大学・専門学校で版画を専攻する学生の版画約100点を展示

町田市立国際版画美術館では、全国の美術大学・教育系大学・短期大学・専門学校の学生による版画が一堂に集まる展覧会「版画の彩展2020 第45回全国大学版画展」を、12月5日から開催します。今回は、43校から参加があり、98点の作品を展示する予定です。
また、新たな試みとして、バーチャルリアリティー技術を用いて、展覧会をWEBで公開します。

 

山口柚佳 《new apartment area》 (名古屋芸術大学) ※昨年度受賞作のため、今年は出品されません。山口柚佳 《new apartment area》 (名古屋芸術大学) ※昨年度受賞作のため、今年は出品されません。

■  会 期
  12月5日(土)~20日(日) ※月曜休館
■ 会 場
  町田市立国際版画美術館 企画展示室(原町田4-28-1)
■  開館時間
  ・平日 : 午前10時~午後5時(入場は午後4時30分まで)
  ・土日祝日 : 午前10時~午後5時30分(入場は午後5時まで)
■ 観覧料
  無料
■   関連イベント
  ①毎年好評!「観客賞」投票の方に抽選で版画をプレゼント!
  会期中、皆さんの投票により「観客賞」を選びます。投票いただいた方の中から、抽選で5名様に下記のプロの版画作家による作品をプレゼントします。
  ・池垣タダヒコ(京都精華大学)
  ・斉藤里香(女子美術大学)
  ・田中栄子(京都市立芸術大学)
  ・三田健志(個人会員)
  ・結城泰介(女子美術大学)
  ②展覧会WEB公開
  展覧会開催期間中、バーチャルリアリティー技術を使って、WEB上でも同展覧会を公開します。詳しくは国際版画美術館ホームページ(http://hanga-museum.jp/)をご覧ください。

※ 状況により、会期等を変更する場合がありますので、国際版画美術館ホームページ(http://hanga-museum.jp/)で最新情報をご確認ください。
※ 今年度は、学生作品の販売は中止します。

【全国大学版画展とは】
町田市立国際版画美術館と版画学会(※1)が、毎年共催で開催している展覧会です。全国の美術大学・教育系大学・短期大学・専門学校で版画を学ぶ学生とその指導者にとって、この展覧会は年に一度の成果を問う貴重な機会となっています。
この展覧会には、「美術館」「大学」「地域」が連携を図る場という側面も兼ね備えており、抽選による版画プレゼントは町田市民や版画ファンの間に定着してご好評をいただいています。

※1 版画学会
「日本の美術大学における版画教育の進歩発展と、版による造形表現の研究」を目的として、1974年に発足した団体です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 町田市役所 >
  3. 「版画の彩展2020 第45回全国大学版画展」開催