宮崎県小林市の居酒屋「里の花」が「クラウド継業プラットフォーム relay(リレイ)」で店舗を引き継ぐ後継者を募集。

「星・花・水のまち小林市」というキャッチフレーズを掲げ、霧島連山をはじめとした豊かな自然が広がる宮崎県小林市。そんな小林市の中心地にある居酒屋「里の花」は、40年以上にわたり大阪で飲食店を経営していた樋ノ口靖夫さんが、7年前に小林にUターンして店舗を構えました。樋ノ口さんのご年齢や環境の変化から、里の花の設備やレシピを引き継ぎ、お店を継続して運営してくれる後継者を募集しています。
  1. 今回の後継者募集について
  2. 「クラウド継業プラットフォーム relay(リレイ)」について
  3. 会社概要 
1.今回の後継者募集について

樋ノ口さんが生まれ故郷である宮崎県小林市に里の花をオープンしたのは、今から約7年前のこと。それまでは大阪府池田市でお店を経営していました。紆余曲折を経て、ようやく営業が軌道に載ってきたのは、オープンしてから3年後のことでした。

しかし2,3年前から樋ノ口さんと奥様ともに体調が優れなくなってきたことをきっかけに後継者を探す決意を固めていたそうです。


店舗に置いてある冷蔵庫や食洗機といった、必要な備品はほとんどが引き継ぎ可能です。また屋号は自由にして構わないとのことです。

樋ノ口さん「次に来る人が裸で来てもできるくらいには、設備が整っています。特に食器はこだわりを持って集めました。備前焼の良質な食器で、岡山にまで買いに行ったものなんです」

一方でそのままの形で継いで欲しいと考えているのは、お店の形態。お店に来てくれているお客さんに、里の花の雰囲気をできるだけ楽しみ続けて欲しいという、樋ノ口さんの想いがあります。そのため、しばらくは樋ノ口さんによる料理や接客面でのサポートも受けられるとのこと。

樋ノ口さん「何事も辛抱強く続けていける方に継いでもらえると嬉しいですね。お店をやっていけば、お客さんがたくさん来る日もあれば、誰もこないもあります。そんな日々でも嫌にならず、辛抱強く続けていける人が理想です。」

樋ノ口さんの自らを磨き続ける想いのもと、料理と人柄によって人気をつけてきた里の花。自然豊かな小林の地で、お店、機材、食器、メニュー、そして樋ノ口さんの想いを引き継いで、居酒屋をやってみませんか?
※参考URL:https://relay.town/articles/satonohana/
【協業や掲載のお問い合わせ先:株式会社ライトライト】
  • TEL:0985-77-8046
  • Mail:info@relay.town
  • 担当:齋藤めぐみ
2.「クラウド継業プラットフォーム relay(リレイ)」について
「クラウド継業プラットフォーム relay(リレイ)」は、事業を譲りたい経営者と、事業を譲り受けたい候補者をマッチングさせるサービスです。従来のM&Aマッチングサイトと異なり、どんな想いで企業や店舗を運営してきたか、オーナーの横顔を含めた想いを記事化し、後継者を公募するという特徴があります。

※公式Webサイト:https://relay.town/  
3.会社概要
【株式会社ライトライト】
所在地 :宮崎県宮崎市清武町池田台7-3
代表取締役:齋藤 隆太
資本金 :13,634,000円
事業内容 :クラウド継業プラットフォーム「relay(リレイ)」開発/運営
コーポレートサイト:https://light-right.jp/
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ライトライト >
  3. 宮崎県小林市の居酒屋「里の花」が「クラウド継業プラットフォーム relay(リレイ)」で店舗を引き継ぐ後継者を募集。