カンヌライオンズ2019で、ADKマーケティング・ソリューションズとCHERRYが携わった株式会社ヘカテの「What happened?」がフィルムクラフト部門ブロンズを受賞

ADKグループは、2019年6月17日から21日までフランス カンヌ市で開催された第66回カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバルにおきまして、クリエイティブ・ブティックCHERRYとADKマーケティング・ソリューションズが携わりました株式会社ヘカテの「What happened?」がフィルムクラフト部門でブロンズを受賞いたしましたので、お知らせいたします。
受賞作に関する詳細は下記の通りです。
                                                                           記

<ブロンズ> フィルムクラフト部門
広告主:株式会社ヘカテ
タイトル:What happened?
エージェンシー: CHERRY /ADKマーケティング・ソリューションズ

 

「What happened?」は、シラフなのにアガる!ノンアルコール・パーティードリンク「HECATE(ヘカテ)」のコンセプトとブランドの世界観を視聴体験することができる動画コンテンツです。とある家族が暮らすマンションの一室で巻き起こったカオスな出来事。その原因とはいったい何か…。「どうしたらこうなる?」と、早押しクイズ番組に参加しているような気分で見ていただける作品です。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ADKホールディングス >
  3. カンヌライオンズ2019で、ADKマーケティング・ソリューションズとCHERRYが携わった株式会社ヘカテの「What happened?」がフィルムクラフト部門ブロンズを受賞