[新型] 接客用オフライン翻訳機「ili PRO」(イリー プロ)の販売受付開始!インバウド事業者向け多言語支援サービスの「ili インバウンド」も7月31日より受付スタート!

最新のオフライン翻訳エンジンの精度はオンライン並に!

株式会社ログバー(本社:東京都渋谷区、代表取締役 CEO:吉田 卓郎、以下、ログバー)は新型の接客専用オフライン翻訳機「ili PRO(イリー プロ)」を2018年7月31日(火)より販売受付を開始し、訪日外国人旅行者へのインバウド対策を行っている事業者向けの多言語支援サービス「 ili インバウンド)」の受付も開始しました。販売記念として200社限定で10日間無料体験の申込み受付中!

接客専用の新型オフライン翻訳機「ili PRO(イリー プロ)」を含むインバウド事業者向け多言語支援サービス「ili(イリー)インバウンド」の提供を2018年7月31日(火)より開始いたします。

詳細URL :  https://iamili.com/ja/inbound/

訪日外国人旅行者の増加により、インバウンド事業者から ”接客用で使える翻訳機はないか?"というお問い合わせを多数いただいており、1年前より本格的に接客に特化した事業者向けの翻訳機の開発を進めていました。

「完全オフライン」「最速0.2秒の翻訳」という機能を残しながら、接客向けに翻訳精度を大幅に向上させ、接客で使用する「オリジナル辞書」、エリアの固有名詞に特化した「エリア辞書」、お客様よりニーズが多かった「ショートカット機能」を搭載し、接客の現場で使える翻訳機を完成させました。

個人向けの旅行者用翻訳機「ili(イリー)」は、約7か月で10万人の方が海外旅行時に利用していただいております。全世界で400店舗以上 (アメリカ、台湾、韓国、イギリス、アムステルダム、日本など)でiliの体験/購入が可能になっています。

ili PROとは?

【 説明動画(2分)】

 


ili PROは接客に特化したオフライン翻訳機です。個人向けに販売をしているiliは海外旅行に行く旅行者用として販売をしており、今回発表するili PROは外国人旅行者を受け入れる接客事業者向けに提供していきます。
第二世代オフライン翻訳エンジン「STREAM 2」を搭載したことにより、特定分野に縛られない一般会話全体の翻訳カバー率がオンライン翻訳並に進化。さらに接客分野の精度と翻訳範囲を強化。ili クラウドが使用した接客の現場に合わせた3つのカスタマイズ機能を追加することも可能に(iliショートカット機能、単語カスタマイズ機能、エリア別辞書選択)。

■特徴1

第二世代 オフライン翻訳エンジン STREAM 2を搭載。オンライン並の翻訳精度に!

個人向け旅行用のイリーでは、旅行会話にフォーカスしチューニングすることで特定の分野(旅行)での翻訳精度向上を実現してきました。「STREAM 2」では、接客向けのあらゆるシチュエーションに対応するために、特定分野に絞らず一般会話までカバー範囲を広げ、オフラインという条件を変えずに、オンライン並みの精度を実現しています。さらに接客分野の精度と翻訳範囲を強化しており、宿泊施設、販売店、交通機関、飲食店、病院など接客業務を行う事業者に使いやすくなっています。


※第二世代オフライン翻訳エンジン「STREAM 2」の翻訳エンジン部分は国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)と共同開発し、ニューラル機械翻訳(NMT)の実装をオフライン環境下で実現させました。

■特徴2
ili クラウドにより追加できる3つのカスタマイズ機能!

「ili クラウド」は、「ili PRO」をカスタマイズするためのWEBサービスです。「ili クラウド」を立ち上げ「ili PRO」を接続することで、3つのオリジナルカスタマイズが可能になります。


[機能1: ili 単語カスタマイズ ]
ご契約いただいた「ili PRO」に、単語を追加することが可能です。基本的な固有名詞は入っておりますが、商品名、店名、観光名所、名物、駅名など、必要に応じて追加することができます。これにより、ご契約いただいたお客様のオリジナルの翻訳辞書を作ることが可能になりました。

[機能2: ili ローカライズ ]
ご契約いただいたお客様の導入エリアに合わせて、エリアに特化した辞書(地名、特産物など)を追加することができます。

[機能3: ili ショートカット]
ショートカットキーワードと翻訳文を登録することで、必要なフレーズをすぐに呼び出すことができます。いつも繰り返し使うようなフレーズを登録しておくことで、接客時間の短縮が期待できます。

 

例えば「シーサーの説明」というワードを設定し、シーサーの説明を中国語で登録します。そうすることで「シーサーの説明」とイリーに話しかけるだけで、その翻訳を出すことが可能です。

◇ショートカットキーワード:シーサーの説明
翻訳:琉球狮子被视为冲绳县等地传说中的神兽,它具有驱逐邪灵的护身符的含义。(シーサーは、沖縄県などでみられる伝説の獣の像で、悪霊を追い払う魔除けの意味を持ちます。)

■特徴3
多言語モデルとの切り替えが可能に!

「ili PRO」は、訪日外国人旅行者の約91%を占める言語「英語・中国語(北京語)・韓国語」の3つの言語を1台でカバー。日本語から3言語に翻訳が可能です。

また、海外からのお客様への貸出用に多言語モデルへの切り替えが可能です。入力言語を英語、中国語、韓国語から選択し、出力言語を日本語にして、外国人のお客様に使っていただくことが可能です。
 

※多言語モデルへの切り替えはパソコンにili PROを接続して切り替える必要があります。
 


 

サービス概要
ili PRO、ili クラウド、電話通訳サービスをセットにしインバウド事業者向け多言語支援サービス「ili(イリー)インバウンド」としてサービスを提供します。

 

■電話通訳とは?

電話通訳では、外国語を話す方が対面にいらっしゃる際にお電話をいただき、受話器ごしにプロの通訳者が通訳を行うサービスです

 


24時間365日対応し、15言語(英語・北京語・韓国語・タイ語・ベトナム語・インドネシア語・ネパール語・タガログ語・マレー語・ポルトガル語・スペイン語・ドイツ語・フランス語・イタリア語・ロシア語)の電話通訳が標準で使えるので、多種多様なトラブルに対応可能です。

通訳者を通じてお話しすることができますので、クレーム対応はもちろん現状を理解したうえで専門のスタッフが通訳します。

日々の接客はili PROで行い、本格的なトラブルやクレーム時の対応やili PROでは対応できない言語の場合は電話通訳を使うことで、トータルで安心できる言語サービスになります。

 

 

販売開始記念!200社限定無料体験受付中!


申込み開始日 : 2018年7月31日~
詳細・申込みURL : https://iamili.com/ja/inbound/


------------------------------------------------
株式会社ログバー(Logbar)とは
------------------------------------------------ 


2013年2月設立。新たなコミュニケーションを生むためのキッカケをテクノロジーを通して創り出す企業です。認識技術と超小型化設計技術を駆使しウェアラブル翻訳デバイス ili を開発。iliを海外渡航者・インバウンド(訪日外国人旅行)市場に向け、言語によるコミュニケーション不全を解消し、世界中の人たちが言語の壁を感じることなくコミュニケーションできる世界を実現させていきます

 


商号: 株式会社ログバー
代表者: 代表取締役CEO 吉田 卓郎(よしだ たくろう)
本社所在地: 東京都渋谷区恵比寿4-7-6 Urban Ebis Studio 1A
設立年月日: 平成23年2月25日
資本金: 90,000千円
Webサイト: http://www.logbar.jp/
事業内容: ウェアラブルデバイス開発・企画・製造・販売

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ログバー >
  3. [新型] 接客用オフライン翻訳機「ili PRO」(イリー プロ)の販売受付開始!インバウド事業者向け多言語支援サービスの「ili インバウンド」も7月31日より受付スタート!