新しい働き方で地域の活性化を目指す、南相馬市でクリエイター育成プログラム開始

「地元で自分を活かして働く」をサポート

写真・イラスト・動画・音楽素材のマーケットプレイス「PIXTA(ピクスタ)」( https://pixta.jp )を運営するピクスタ株式会社(東京都渋谷区 代表取締役社長:古俣 大介、東証マザーズ:3416)は、福島県南相馬市(市長:門馬 和夫)と、「写真撮影」というスキルを活かした新しい働き方を市民に提案・実践までをサポートするクリエイター育成プログラム「写真販売講座」を2019年1月19日より開始いたします。


■南相馬市を取り巻く環境と実施背景

南相馬市の人口は、2011年3月11日に発生した東日本大震災と、震災に伴う原発事故の影響により、一時は人口1万人を切る状態になりましたが、その後の復旧・復興によって市民の帰還が進み、現在約6万人にまで回復しています。

一方で、年少人口(0~14 歳)及び、生産年齢人口(15~64 歳)は緩やかに減少し続けており、南相馬市では2016年2月に「南相馬市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を打ち出し、2015年〜2019年(平成27年度~31年度)の5カ年計画に基づいて、人口回復に向けて様々な施策に取り組んできました。

その中の、重点施策である「働く場の確保」「就労の支援」「市内に潜在する労働力の掘り起こし」「未来を担う地域リーダーの育成」「地域コミュニティの再生による地域の絆の強化」などの項目において、ピクスタグループが運営する写真販売サイト「PIXTA」および「Snapmart」が市民に新たな就労の機会の提供と、地域コミュニティの形成の一助になりうるとして、この度の育成プログラムの実施に至りました。

■ピクスタグループとしての支援

ピクスタグループでは、誰でも自分が撮影した写真を、ホームページや広告、印刷物、テレビ番組などの制作時に使用できる画像素材として販売することができる「PIXTA」と、子会社が運営する、スマートフォンアプリから手軽に写真を販売できる「Snapmart」を運営しています。
どちらのサービスも、写真をサイトに投稿し、購入に至れば販売金額の一定割合が報酬として受け取れる仕組みになっており、年齢や肩書きに関わらず誰もがクリエイターとして活動することができます。

比較的報酬額の高いPIXTAでは、副業として取り組んでいた会社員クリエイターが、PIXTAの報酬が本業の収入を超えて脱サラするケースも複数あり、「企業への就職」とは異なる新しい働き方を提供することができます。Snapmartではスマートフォンではじめられる気軽さに加え、クリエイターのステップアップとして企業からの依頼によって商品の撮影を請け負える「アンバサダー」となる道も用意しています。

また、「写真撮影」という共通の目的によって、同じように写真販売に取り組む人同士が合同撮影会の実施や、撮影スキルを相談し合うコミュニティが形成されれば、さらにクリエイターの活動は活性化し、共通の目的・目標を持つ地域コミュニティを形成することも可能です。

これらの実現のために、単発の写真販売セミナーではなく、セミナーと撮影会をセットにした育成プログラムを定期的に開催し、年間を通じてクリエイターの育成及び地域コミュニティの形成に尽力いたします。
その、育成プログラムの第一弾として、2019年1月と2月に写真販売講座を開催、3月に受講者を対象にした撮影会を実施いたします。

◎クリエイター育成プログラム「写真販売講座」基本セミナー

  • 開催日:
    ① 2019年1月19日(土)13:00~16:00
    ② 2019年2月23日(土)13:00~16:00
     ※両日とも同内容
  • 会場:
    マチ・ヒト・シゴトの結び場NARU
    福島県南相馬市原町区栄町3丁目24
     URL: https://naru-minamisoma.com/facility/
  • 対象者:
    ・画像素材の作り方やネット販売に興味がある方
    ・写真を仕事に活かすことを検討している方
    ・普段から写真を撮ることが好きな方
  • 定員:①②共に各40名程度
  • 料金:無料
  • 参加申し込み方法:
    NARUホームページよりお申し込みください。
    URL: https://naru-minamisoma.com/event/251

◎クリエイター育成プログラム「写真販売講座」撮影会
  • 撮影会実施日:2019年3月23日(土)予定
  • 場所:未定(南相馬市内)
  • 定員:20名
  • 対象者:基本セミナー受講者

■南相馬市よりコメント

南相馬市は、震災と原発事故からの復興の過程にあると同時に、原発事故による生産年齢人口減少の課題に直面しています。このため、本講座を通じて、個人の才能や特徴を活かした就労の仕方を学ぶ場を提供することにより、ライフスタイルに合わせた多様な働き方の選択や、クリエイティブな人材の育成、共通の目的から発生する地域コミュニティの形成に繋げ、子育て世代が働きやすい・暮らしやすい環境づくりを目指したいと考えています。

南相馬市経済部次長兼商工労政課長
星 高光

■ピクスタ株式会社 会社概要

社 名:ピクスタ株式会社 (東証マザーズ:3416)
設 立:2005年8月25日
所在地:東京都渋谷区渋谷2−12−19 東建インターナショナルビル5F
TEL:03-5774-2692 FAX:03-5774-2695
資本金:310,036千円(2018年9月末時点)
代表取締役社長:古俣 大介
URL:https://pixta.co.jp/
事業内容:デジタル素材のオンラインマーケットプレイス「PIXTA」の運営
     出張撮影マッチングサービス「fotowa」の運営
     芸術家支援プラットフォーム「mecelo」の運営
支 店:日商匹克斯塔圖庫股份有限公司台湾分公司(英文名:PIXTA INC. TAIWAN BRANCH)
子会社:スナップマート株式会社
    Topic Images Inc.
    PIXTA ASIA PTE. LTD. 
    PIXTA (THAILAND) CO., LTD.
    PIXTA VIETNAM CO., LTD.
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ピクスタ >
  3. 新しい働き方で地域の活性化を目指す、南相馬市でクリエイター育成プログラム開始