「平成30年北海道胆振東部地震」輪番休業の実施と節電の取り組みについて

2018年9月6日に発生した「平成30年北海道胆振東部地震」により、お亡くなりになられた方々に心よりお悔やみを申し上げます。また、全ての被災者の皆様にお見舞いを申し上げるとともに、一日も早い復興を心より祈念いたします。
株式会社マルハン(京都・東京 代表取締役社長 韓 裕)は、2018年9月12日(水)から北海道の全33店舗で輪番休業を実施いたします。

 

平日ピークタイムにおける北海道電力管内の供給電力が需要電力に対して不足するという予想から、経済産業省による平常時の20%電力削減が要請されております。当社では地震後から節電を実施しており、9月10日の実績値では、2018年7月比33%減を達成しております。しかし、当社はこれに輪番休業を加え更なる節電に貢献したいと考えております。輪番休業は、北海道の全33店舗それぞれが2週間ごとに平日1日を休業いたします。各店の休業予定日は、事前に店舗ホームページや店内ポスター等でお知らせいたします。

実施中はお客様に大変ご不便をお掛けしますが、何卒ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。当社は、引き続き被災地域の復旧・復興に向けた積極的な取り組みを行っていく所存です。

 

 

当社店舗では、デマンド監視装置を設置し、電力消費量・ピーク電力量を計測しております。
※参考 2018年9月10日ピーク電力平均 143.5kWh(2018年7月対比33%削減)

 

※店舗の設備によっては実施できない取り組みもございます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社マルハン >
  3. 「平成30年北海道胆振東部地震」輪番休業の実施と節電の取り組みについて