LGBTQに関する企業の取り組みを測る「PRIDE指標」、5年目となる2020年の結果発表。応募企業・団体は過去最多の233社。5点満点のゴールドを183社が取得。オンライン表彰式に約150社が参加。

work with Pride 2020 では、パートナーシップ制度導入5周年を迎える渋谷区長・世田谷区長と9月導入開始の京都市長が対談。経営者パネルトークや、同性婚に関する経済効果レポートの発表も。

任意団体「work with Pride」は、職場におけるLGBTQ等のセクシュアル・マイノリティ(以下、LGBTQ)の働きやすさを考えるカンファレンス『work with Pride 2020』を、オンラインにて2日間開催。初日の11月11日(水)午後、職場でのLGBTQに関する取組評価指標『PRIDE指標』の2020年の結果が、カンファレンス内にて発表されました。

本年で5回目となる「PRIDE指標 2020」には、233の企業・団体より応募がありました。これは昨年の194から約1.2倍となりました。各賞の内訳は、ゴールドが183社、シルバーが32社、ブロンズが15社、選定なしが3社となりました。カンファレンス内にて開催されたオンライン表彰式には、全国から約150社が参加しました。なお、本年度のベストプラクティスは、11月12日(木)に発表予定です。受賞企業の詳細については、「PRIDE指標 2020 企業一覧」(https://prtimes.jp/a/?f=d19571-57-pdf-0.pdf)をご覧ください。

◎オンライン表彰式の様子

「職場におけるEquality ~コロナ禍の先にある、平等で安心できる環境づくり~」というテーマのもと、初のオンライン開催となった『work with Pride 2020』の1日目には、豪華なゲストの方々が登壇されました。カンファレンスの様子は、YouTubeにて今後もアーカイブ化され、いつでも視聴可能となります。カンファレンス2日目の11月12日(木)には、スペシャルゲストとして台湾IT担当大臣のオードリー・タン氏が登壇します。

◎自治体パネル「パートナーシップとEquality」の様子
<登壇者> 京都市⻑ 門川 大作/渋谷区⻑ ⻑谷部 健/世田谷区⻑ 保坂 展人/NHK名古屋拠点放送局 報道部副部長・女性ジャーナリストネットワーク「薔薇棘」代表 山本 恵子(モデレーター)
 

◎経営者パネル「Equalityに向けて企業ができること」の様子
<登壇者> KDDI株式会社 横尾 大輔/日本航空株式会社 小田 卓也/P&Gジャパン 住友 聡子/Business Insider Japan 統括編集長・AERA 元編集長 浜田 敬子(モデレーター)
 

◎ゲスト講演①「同性婚に関する経済レポート」の様子
<登壇者> 一般社団法人Marriage for All Japan -結婚の自由をすべての人に 共同代表 寺原 真希子
 
  • 開催概要
テーマ:
「職場におけるEquality ~コロナ禍の先にある、平等で安心できる環境づくり~」

開催方法:
YouTubeでのオンライン・ライブ配信

URL:
https://www.youtube.com/c/workwithPride
(work with Pride 公式YouTubeチャンネル)

参加対象・参加費:
どなたでも、無料で、ご参加いただけます。

情報保障:
手話通訳がつきます。

主催:
work with Pride 2020 実行委員会

後援:
厚生労働省、経済産業省、東京都、一般社団法人 日本経済団体連合会(経団連)、一般社団法人 新経済連盟(新経連)、日本労働組合総連合会(連合)

事務局:
NPO法人グッド・エイジング・エールズ
 
  • スケジュール/2日目/​2020年11月12日(木)

◎14:00ー14:05 冒頭挨拶(1日目の総括)

◎14:05ー14:20 ゲスト講演②「職場におけるSOGIハラ」(仮)
<登壇者> LGBT法連合会 事務局長 神谷 悠一

◎14:20ー14:25 PRIDE指標2020 ベストプラクティス発表・オンライン表彰式
<登壇者> NPO法人グッド・エイジング・エールズ 代表・PRIDE指標事務局 松中 権

◎14:25ー14:50 PRIDE指標2020 ベストプラクティス・紹介プレゼンテーション

◎14:50ー15:30 当事者パネル「当事者が職場に求めるEquality 〜コロナ禍のその先へ〜」
<登壇者> 株式会社セールスフォース・ドットコム 岡林 薫/株式会社電通東日本 岡部 鈴/森・濱田松本法律事務所 輪千 浩平/日本アイ・ビー・エム株式会社 川田 篤(モデレーター)

◎15:30ー16:30 スペシャル・セッション「これからの組織づくりとEquality」
<登壇者> 台湾 IT担当大臣 オードリー・タン/日経ビジネス 村上 富美(聞き手役)
※日英の逐次通訳を予定しています。

◎16:30ー17:00 work with Pride 2021/PRIDE 指標 2021 について
 
  • 「work with Pride 2020」実行委員会参画企業
本年度の「work with Pride 2020」実行委員会に参画している企業は以下の通りです。下記企業より選出されたメンバーとNPO 法人グッド・エイジング・エールズにて、カンファレンスおよび関連イベント、セミナーの企画、運営を行なっています。

◎参画企業一覧(五十音順)
EY Japan、N T Tグループ、MSD株式会社、株式会社オリエントコーポーレーション、KDDI株式会社、株式会社 JVC ケンウッド、シスコシステムズ合同会社、清水建設株式会社、第一生命保険株式会社、大日本住友製薬株式会社、日本アイ・ビー・エム株式会社、日本オラクル株式会社、日本航空株式会社、野村ホールディングス株式会社、パナソニック株式会社、 東日本旅客鉄道株式会社、株式会社 丸井グループ、ライフネット生命保険株式会社、株式会社リクルート

なお、『PRIDE指標 2020』の募集・選考・評価 には、『work with Pride 2020』実行委員会は関わりません。PRIDE指標事務局である、NPO 法人グッド・エイジング・エールズが独立して行います。
 
  • work with Pride について
work with Pride とは、企業、および団体において、LGBTQなどのセクシュアル・マイノリティに関するダイバ ーシティ・マネジメントの促進と定着を支援する任意団体です。 work with Prideでは、2012年より企業の人事・ 人権・ダイバーシティ担当者を主な対象に、LGBTQに関するセミナーを開催しています。

ウェブサイト:
https://www.workwithpride.jp

Facebookページ:
https://www.facebook.com/workwithprideinjapan

公式YouTubeチャンネル:
https://www.youtube.com/c/workwithPride

問い合わせ:
contact@workwithpride.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NPO法人グッド・エイジング・エールズ >
  3. LGBTQに関する企業の取り組みを測る「PRIDE指標」、5年目となる2020年の結果発表。応募企業・団体は過去最多の233社。5点満点のゴールドを183社が取得。オンライン表彰式に約150社が参加。