2020年新作フルハイトドア®を展示 神谷コーポレーション香川ショールーム 新作発表会3月6日(金)開催

天井高さの室内ドア「フルハイトドア®」専門メーカー神谷コーポレーション湘南株式会社(本社:神奈川県伊勢原市、代表取締役社長:神谷忠重 以下KAMIYA)は、新作フルハイトドア®の発表会を香川県三豊市にあるKAMIYA香川ショールームで3月6日(金)に開催します。

 

KAMIYA香川ショールームKAMIYA香川ショールーム

ルチェンテシリーズ新色ルチェンテシリーズ新色

 

極細スリットドアG-0型極細スリットドアG-0型

3月6日に香川県三豊市にあるKAMIYA香川ショールームにて、2020年1月発表の新作フルハイトドア®の新作発表会を開催します。
KAMIYAは毎年8月と1月に複数枚の新作フルハイトドア®を発表し、カタログを刷新しています。これは、2~3年に1度程度新商品をリリースするのが一般的な建材業界において、通常の数倍の開発スピードです。

今回の香川ショールームでの新作発表会では2020年の新作として、鏡面調フルハイトドア®「ルチェンテシリーズ」にグレージュカラー2色の新色追加や、これまでになかった、幅わずか5mmの極細スリットで光をデザインした新しいコンセプトのガラスドアなどを展示します。

<新作発表会概要>
開催日:3月6日(金)9:00~17:00
開催場所:神谷コーポレーション香川ショールーム
〒769-101 香川県三豊市詫間町詫間890-1(株)喜田建材 DEMI1/2
 

 

<参考資料>「フルハイトドア®」


室内ドア専門メーカーであるKAMIYAの商品の特徴は、住空間に開放感を与えるなど住む人の生活をどうやってドアで豊かにするかを常に考えて造られていること、そして高いデザイン性と国内最高レベルの品質です。木製のドアは、高さを上げれば上げるほど反りやすくなってしまうのがネックであるため、フルハイトドアができる以前は背の高いドアを作るのは困難な状況でした。KAMIYAは反りを抑制する構造を自社で開発することでデザインの幅を拡大。他社にはできなかった反りが少なく、高さが天井まであるというドアを開発しました。更に枠が完全に見えない独自の納まりを実現して、部屋に開放感を与えるドアとしてリリースされたのがフルハイトドア®です。また、毎年数件の海外の展示会を回りドアのトレンドや最新の技術などを研究し、KAMIYAにしか作れないデザイン性の高い製品や、これまでにない技術を組み込んだ製品を開発し続けています。また独自の開発方法により、他社であれば2~3年ほどかけて1枚の新作ドア発表するところ、年に数枚ずつ発表し充実したラインナップを常に揃えています。

<会社概要>
社名:神谷コーポレーション湘南株式会社
代表取締役:神谷忠重
所在地:神奈川県伊勢原市鈴川50 番地
電話番号:0463-94-6203
創業:1942 年
資本金:9,980 万円
従業員数:160 名
URL:https://www.fullheight-door.com/
事業内容:天井までの高さがあり、枠が全く見えない国内唯一の室内ドア『フルハイトドア®』の製造販売

<神谷コーポレーション香川ショールーム>
所在地:〒769-101 香川県三豊市詫間町詫間890-1(株)喜田建材 DEMI1/2 内
TEL: 090-4504-8630  FAX: 0875-23-7230 
営業時間:9:30 ~ 18:30(予約制)※ご予約は前日まで。お願い致します。

URL:https://www.fullheight-door.com/showroom/showroom.php?sn=kagawa&post=%E9%A6%99%E5%B7%9D&fb=218306201681939

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 神谷コーポレーション >
  3. 2020年新作フルハイトドア®を展示 神谷コーポレーション香川ショールーム 新作発表会3月6日(金)開催